071125Tamagawa00.jpg
#1 鏡のように穏やかな川面
 今日は趣向を変えて、朝から多摩川を走りました。日曜にも関わらず、目的があるわけでもなくただチャリンコに乗るだけのために8時起床。まるで仙人の境地です。
071125Tamagawa01.jpg
#2
 多摩川には太鼓を叩く人々が実に多いです。筆者は彼らのことを「太鼓族」と呼んでいますが、青空の下、ポコポコと地味に響き渡る太鼓の音色にすがすがしい気持ちになるのは何故でしょう。
 ちなみに筆者は学生のころやはり多摩川で、一人「ハーモニカ族」を試してみましたが、「北の国から」しかレパートリーがないことに気づき、「北の国から」を微妙にテンポを変えながら四回ほど繰り返しただけでハーモニカをカバンにしまいこんだという貴重な経験をしています。
071125Tamagawa02.jpg
#3 野球日和
 今日の折り返し地点は新丸子。三人の野球少年がランニングをしているのは、トンネルでもした罰でしょうか。
 [本日の走行距離:37.0km/走行時間:1時間38分]

#1:OLYMPUS E-410+Zuiko Digital ED14-42mm F3.5-5.6
  F11 1/400秒 ISO100
#2OLYMPUS E-410+Zuiko Digital ED14-42mm F3.5-5.6
  F9 1/200秒 ISO100
#3:OLYMPUS E-410+Zuiko Digital ED14-42mm F3.5-5.6
  F10 1/250秒 ISO100

3 Thoughts on “今日の多摩川 071125

  1. 空が広いと気持ちがいいですね。都会では川が一番でしょうか。
    最近は太鼓が流行りですか?何かきっかけがあったんでしょうね。太鼓って楽器の原点みたいで体でリズムが取り易いですよね。

  2. >Nasbonさん
    こんにちは。
    太鼓は多摩川ではかなり前からメジャーな存在です。
    私が知る限りでは10年位前からいたように思います。
    おっしゃるように楽器の原点のような感じがするからこそ、自然の中で叩きたくなるのかもしれないですね。

  3. ◆◆il circoro di BIANCHISTA◆◆

    ◆◆il circoro di BIANCHISTA◆◆
    Bianchi road bike proud of the Week

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

Post Navigation