沖縄・渡嘉敷日報2019 (9) 最終日・玉泉洞と琉球村

夏の沖縄・渡嘉敷島旅行記もついに最終日です。

前日に渡嘉敷島から本島に戻り、最終日のこの日は那覇から南方に車で1時間弱のところにある「琉球村」というテーマパークを訪れました。

テーマパークと言われると途端にテンションが下がる筆者ですが(昨日の記事参照w)、本当のメインは「玉泉洞」という国内最大級の鍾乳洞との事で、テンションV字回復です。天然記念物に指定されているそうです。

沖縄 琉球村 玉泉洞 鍾乳洞OLYMPUS E-M1MarkII, LEICA DG VARIO-ELMARIT 12-60mm / F2.8-4.0 ASPH. / POWER O.I.S. (12mm, f/2.8, 1/25 sec, ISO6400)

 

沖縄 琉球村 玉泉洞 鍾乳洞OLYMPUS E-M1MarkII, LEICA DG VARIO-ELMARIT 12-60mm / F2.8-4.0 ASPH. / POWER O.I.S. (12mm, f/2.8, 1/8 sec, ISO6400)

 

ご覧の通りものすごい鍾乳石の数!100万本以上もあり国外最多なのだとか。

見ていると頭にブスブス刺さって来そうな異次元感覚が味わえます。

 

沖縄 琉球村 玉泉洞 鍾乳洞OLYMPUS E-M1MarkII, LEICA DG VARIO-ELMARIT 12-60mm / F2.8-4.0 ASPH. / POWER O.I.S. (40mm, f/3.9, 1/15 sec, ISO6400)

 

沖縄 琉球村 玉泉洞 鍾乳洞OLYMPUS E-M1MarkII, LEICA DG VARIO-ELMARIT 12-60mm / F2.8-4.0 ASPH. / POWER O.I.S. (12mm, f/2.8, 1/25 sec, ISO6400)

 

沖縄 琉球村 玉泉洞 鍾乳洞OLYMPUS E-M1MarkII, LEICA DG VARIO-ELMARIT 12-60mm / F2.8-4.0 ASPH. / POWER O.I.S. (60mm, f/4, 1/25 sec, ISO6400)

 

沖縄 琉球村 玉泉洞 鍾乳洞OLYMPUS E-M1MarkII, LEICA DG VARIO-ELMARIT 12-60mm / F2.8-4.0 ASPH. / POWER O.I.S. (60mm, f/4, 1/30 sec, ISO6400)

30万年という途方も無い時間をかけてこの5000mもの鍾乳洞は形作られて来たわけですが、こうして滴る水滴を見つめていると、今この瞬間も目に見えないほどの速さで、しかし着実に成長し続けているという事を実感できます。

 

テーマパーク内ではいろいろな体験が可能です。

こちらは琉球ガラスのグラスを作っているところ(見ただけ)。

沖縄 琉球村 琉球ガラスOLYMPUS E-M1MarkII, LEICA DG VARIO-ELMARIT 12-60mm / F2.8-4.0 ASPH. / POWER O.I.S. (60mm, f/4, 1/2000 sec, ISO6400)

 

沖縄 琉球村 琉球ガラスOLYMPUS E-M1MarkII, LEICA DG VARIO-ELMARIT 12-60mm / F2.8-4.0 ASPH. / POWER O.I.S. (60mm, f/4, 1/800 sec, ISO6400)

 

我が家の怪獣たちはシーサーの焼き物に釉(うわぐすり)で色付けをして好みのデザインに仕立てる体験をしました。沖縄 琉球村 シーサーOLYMPUS E-M1MarkII, LEICA DG VARIO-ELMARIT 12-60mm / F2.8-4.0 ASPH. / POWER O.I.S. (44mm, f/3.9, 1/1250 sec, ISO6400)

薄いピンク色っぽく見えるのが青、濃いえんじ色っぽいのが黒、薄い緑っぽいのが緑です。塗った時は全然そう見えませんが、焼きあがるとちゃんとその色になると言うから不思議です。

沖縄 琉球村 シーサーOLYMPUS E-M1MarkII, LEICA DG VARIO-ELMARIT 12-60mm / F2.8-4.0 ASPH. / POWER O.I.S. (24mm, f/5.6, 1/800 sec, ISO6400)

出来上がりは三ヶ月後。自宅まで宅配してくれます。

 

で、こちらが焼きあがって届いたもの。ちゃんと上で書いた色になっています!

沖縄 琉球村 シーサー やちむんOLYMPUS E-M1MarkII, LEICA DG VARIO-ELMARIT 12-60mm / F2.8-4.0 ASPH. / POWER O.I.S. (40mm, f/3.9, 1/80 sec, ISO5000)

 

時は再び琉球村に戻りまして、下は土産物店にて。これ、どうなんだろ?特に「神風」とか。訪日観光客向けかな。

沖縄 琉球村OLYMPUS E-M1MarkII, LEICA DG VARIO-ELMARIT 12-60mm / F2.8-4.0 ASPH. / POWER O.I.S. (13mm, f/5.6, 1/800 sec, ISO6400)

 

さて、これにて全日程を終え、帰京しました。

 

帰宅してから、去年の石垣島旅行で土産に買ったハブ酒を思い出し、ケラマブルーの写真を肴に晩酌しました^^

沖縄 ハブ酒 原酒OLYMPUS E-M1MarkII, LEICA DG VARIO-ELMARIT 12-60mm / F2.8-4.0 ASPH. / POWER O.I.S. (27mm, f/3.6, 1/500 sec, ISO6400)

 

ずっとピーカンだった昨年の石垣島とは正反対に今回は台風に悩まされましたが、臨機応変にプランを組み立た事で逆にそうでも無ければ行くことは無かったかも知れない場所をたくさん訪れることが出来ましたし、台風も夏の沖縄の象徴の一つなので、これはこれで良かったなかなと思います。

あと、渡嘉敷島には結局二泊三日滞在しましたが、それでちょうど良かったかな、という感じです。正直なところ元々予定していた四泊五日だと少し長すぎたかも・・・。まあ、ダイビングを趣味にしていたらそんな事はないんでしょうけどね。

 

という事で、沖縄・渡嘉敷島日報にお付き合いありがとうございました。何とか年内に終わることが出来ました^^;

 

(2019年8月14日の記録)

にほんブログ村 旅行ブログ 沖縄旅行へにほんブログ村 写真ブログへ

“沖縄・渡嘉敷日報2019 (9) 最終日・玉泉洞と琉球村” への2件のコメント

  1. 凄い鍾乳洞ですね!!
    その歴史を想うと、気が遠くなりそう・・・
    自然を前に人間のちっぽけさを再認識・・・
    マイ・シーサー作りも、素敵な体験でしたね!
    塗る時の色と仕上がりの色が、こんなにも違うなんて。
    塗る時から想像力ビシバシですね^^

    おみやげは、まさに外人観光客向けのアイテムですね。
    私の職場も観光地にあるので、同じようなの置いてます。^^

    ハブ酒の晩酌 感慨深かったことでしょう(*´∇`*)

    我が家は猫がいるのでなかなか旅行も叶いませんが
    一泊くらいなら、たまには出かけたい~♪

    P☆

    1. Sippo☆さん、こんばんは。
      30万年以上の時をかけて、そして今も成長し続けているって、ものすごいことですよね。
      その頃にすでに人類が地球上に居たというのも想像を絶してますが・・・
      シーサーは出来上がりを見てびっくりしました!
      これはこれで長年の職人たちの経験と知恵の積み重ねですね。
      そっか、猫ちゃんがいると旅行は難しそうですね。
      連れて行っちゃえ〜\(^o^)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください