04L.jpg
  リクシャーを漕ぐ彼らの体は、実に細い。針金のような、という表現は彼らのためにあるのではないかと思うくらいに。
 ・・・続き&他の写真
※リンク先にて、04L.jpgの表示のある町名をクリックしてください。

2 Thoughts on “インド・カンボジア日報2000 Vol.01 デリー

  1. 面白く読ませて頂きました^^
    実際に行ってみて分かることがカルチャーショックとなって旅人に返って来るんですね。
    インドって奥が深そうです。また行きたくなると言う話しを聞きますが、分かったような気がします。
    朝チャリ、気持ち良さそうです^^

  2. >nasbonさん、こんにちは
    そうですね。今ではまた訪れたくてしようが無い感じです。
    でも、滞在中は一刻も早く抜け出したかった、というのも事実です・・・^^;

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

Post Navigation