マラッカ日報2019(1)シンガポール〜マレーシア長距離バス越境のススメ

だいぶ前になりますがシンガポールとクアラルンプールへの出張の際に、両国の移動にマラッカ経由の長距離バスを利用しました。

シンガポールからクアラルンプールへの移動に飛行機を使うと、エアアジアなどのLCCを使っても2〜3万円ほどかかりますが、マラッカ経由でバスで移動すれば2千円も掛からないんですよ社長!!

・・・と言うのは会社向けの名目で、何より「陸続きなら陸路で国境越えをしたい!」と言う元バックパッカーなら誰もが抱くマニア心が動いたというのが本音です( ´∀`)

これぞWIN-WINと言うやつですね。

※ちなみにこの話を上司にしたら、上司も興味を持ったらしく同じルートをバスで移動してました・・・が、彼は筆者のような変態元パッカーとかではないのでやはり疲れたらしく、微妙だな〜、と言ってました^^;

 

シンガポール〜マラッカ〜クアラルンプール陸路移動の所用時間と値段

さて、シンガポールとマラッカ 、クアラルンプールの位置関係はこんな感じです。

シンガポール マラッカ クアラルンプール 陸路

真ん中ちょい上に「ムラカ」とあるのが所謂マラッカですね。(この町、いろんな呼称があるんですよね。アルファベットでもMalaccaと書いたりMelakaと綴ったりします。)

今回は週末を絡めてマラッカに一泊(無論自腹)という旅程なので、①シンガポール→マラッカと、②マラッカ→クアラルンプールの二区間に分けてチケットを購入しました。

チケットはインターネットで予め予約・購入しておくのが安心です。Web予約時に座席指定も出来ますし、安価で快適な人気のバスは当日だと席が埋まってしまっている事がありそうです。たぶん一番有名な予約サイトはこちら↓

筆者が購入したチケットの価格と所要時間は凡そ以下の通りでした。

所用時間 チケット価格
①SIN-MLK 約5時間

(昼食含む)

SGD20

(約1600円)

②MLK-KL 約2時間 MYR12

(約300円)

上の地図を見ると距離的にはシンガポール-マラッカ間がマラッカ-KL間に対して倍以上あるようには見えませんが、①の所要時間がずいぶん長くなっています。これは、シンガポール内で何故かぐるぐる回っていたのと、ハイウェイのSAで30分ほどランチ休憩を取った事が原因です。

あと価格も、シンガポール-マラッカ間の方がやたら高いですが、これはシンガポール相場が影響(シンガポールに出入りする客なんだから金あるんだろ的なw)してるんだと思います。それにしてもマレーシアのバス代やっす!って感じですね。

 

Golden Mile Towerバスターミナルから出発

シンガポールの長距離バスターミナルはいくつかありますが、今回はここです。ホテルなどからの移動はどのみちGrabでしょうから、どこを選んでも大差はないと思います。

シンガポール ゴールデンマイルタワー バスターミナル Golden mile towerApple iPhone XS, (4.25mm, f/1.8, 1/121 sec, ISO40)

建物の入り口を入ってすぐ右手に今回利用するバス会社であるStarmartExpressの店舗(下の赤い店舗)があったので、ここで予約完了メールの情報を伝えるとすぐに紙のチケットを発行してくれました。クレジットカードで決済済なのでここでの支払いはありません。

Golden Mile Tower ゴールデンマイルタワー バスターミナルApple iPhone XS, (4.25mm, f/1.8, 1/50 sec, ISO125)

バスの出発時間は朝8:30の予定でしたが、普通に9時頃までバスは来ず、出発は9:15分頃でした^^;

それにしても中々立派なバスです^^

シンガポール マラッカ マレーシア 長距離バスApple iPhone XS, (4.25mm, f/1.8, 1/121 sec, ISO64)

車内もかなり快適です。右側二列、左側一列なので広々です。もちろんWeb予約で左側の席を確保済み♪

シンガポール マレーシア マラッカ 長距離バスApple iPhone XS, (4.25mm, f/1.8, 1/60 sec, ISO400)

 

フットレストがある!(快適でした)

シンガポール マレーシア マラッカ 長距離バス

 

USB充電のクチがある!(でも充電出来ませんでしたw)

シンガポール マレーシア マラッカ 長距離バス

 

マ、マ、マッサージ機能まで!?!?(やっぱり動きませんでしたwww)

シンガポール マレーシア マラッカ 長距離バス

 

出国と入国、そして意外なところで国境越えを実感!

シンガポール側のイミグレーションの建物です。一度バスを降りて、出国手続きをしてバスに戻ります。

シンガポール マレーシア マラッカ 長距離バスApple iPhone XS, (4.25mm, f/1.8, 1/87 sec, ISO100)

同じようなバスが沢山あるので間違って別のバスに乗らないように注意して下さい(筆者の時は実際同じデザインのバスが並んでて自信が無くなって人に訊きました)。

シンガポールからマレーシアへの陸路は下図のように2本の橋がありますが、左の方の橋を渡るようです。右側の橋を渡ったところにある「ジョホール」はマレーシア側の大都市なので混雑を避けるためでしょう。

シンガポール マレーシア マラッカ 長距離バス

国境を超える橋の上です。なんだかすごい雲・・・

シンガポール マレーシア マラッカ 長距離バスApple iPhone XS, (4.25mm, f/1.8, 1/808 sec, ISO25)

 

こちらはマレーシア側のイミグレ。シンガポールに比べると大分質素ですw

シンガポール マレーシア マラッカ 長距離バスApple iPhone XS, (4.25mm, f/1.8, 1/64 sec, ISO100)

シンガポール マレーシア マラッカ 長距離バスApple iPhone XS, (4.25mm, f/1.8, 1/121 sec, ISO32)

 

そうそう、マレーシアに入ってすぐにスマホにこんなメッセージが届きました。

シンガポール マレーシア マラッカ 長距離バス

ローミング先の携帯キャリアがシンガポールからマレーシアに切り替わったのですね。飛行機だとあまり実感が湧きませんが、陸路だと越境と同時にリアルに携帯キャリアが切り替わる瞬間を体感できます。

そしてこう実感する訳です。

「そうか、今まさに国境を越えたんだな!」

と。これが陸路移動の醍醐味、バックパッカー冥利というやつですね^^

・・・って今はバックパッカーじゃないし( ;∀;)

 

ちゃんとサービスエリアがあった。

マレーシアに入ってからはひたすらジャングルの景色が窓の外を流れていきます。学生の頃、初めてのバックパック旅でシンガポールから同じようにマレーシアへバスで入った時のことを思い出します。

シンガポール マレーシア マラッカ 長距離バスApple iPhone XS, (4.25mm, f/1.8, 1/1513 sec, ISO25)

・・・そして爆睡です。さすがにずっとこの景色では飽きますw

ちなみにハイウェイはとても綺麗に整備されていて快適です。マレーシアは、基本的に東南アジアの中ではかなり綺麗な国です。

 

と、昼頃になり、ハイウェイを走っていたバスが減速しました。

ちゃんとサービスエリアがあるんですね。

シンガポール マレーシア マラッカ 長距離バス サービスエリアApple iPhone XS, (4.25mm, f/1.8, 1/1176 sec, ISO25)

シンガポール マレーシア マラッカ 長距離バス サービスエリアApple iPhone XS, (4.25mm, f/1.8, 1/1916 sec, ISO25)

ここで30分ほど休憩です。筆者はミーゴレンを調達♪

シンガポール マレーシア マラッカ 長距離バスApple iPhone XS, (4.25mm, f/1.8, 1/919 sec, ISO25)

 

マラッカに到着(到着場所にも気を付けて!)

そこから1時間半ほどでマラッカに到着です。ただし、バスによっては郊外の(マラッカ中心部からGrabで15分くらいかかる)バスターミナルで降ろされる場合もありますので、予約の時にちゃんとマラッカのダウンタウンで降ろしてくれるバスを選びましょう。

と言っても「中心部のどこか」というだけで、こんな良く分からない道端に突然降ろされました(笑)

シンガポール マレーシア マラッカ 長距離バスApple iPhone XS, (4.25mm, f/1.8, 1/2611 sec, ISO25)

もうね、Google Mapさまさまですよ。しかも突然何だよこの変な船みたいな魚みたいな乗り物(笑)観光客向けのバスかな。

 

ということで、シンガポールから長距離バスでのマレーシア入り、いかがでしょう。圧倒的にコスパが高く、意外にも快適なバスの旅は、陸路での国境越えというロマンというオマケも含めて中々魅力的だと思います。

移動時間に余裕がある場合はおススメです♪

※マラッカからクアラルンプールへのバスについても、基本的には上でご紹介したWebサイトで予約すればあまり迷うことはないと思いますが、時間があれば後日ご紹介します。下車場所がKLの郊外のバスターミナルなのでそこからGrabもしくは鉄道で中心部まで移動する必要があります。が、英語が通じる国なのでさほど迷うことはないと思います。

 

次回はマラッカの模様を少しご紹介したいと思います^^

 

にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村 旅行ブログ マレーシア旅行へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください