P2014496.jpg
#1

P2014507.jpg
#2

P2014481.jpg
#3

 オレンジ色に染まる水の道と、幾重にも重なる島々の影。
 そこを行き交う船で、港から港へ渡る人々は、このオレンジ色と島影のおりなす光彩を、どのような想いで見つめながら、日々、暮らしているのだろうか。
にほんブログ村 写真ブログへ

12 Thoughts on “瀬戸内旅日報2008 Vol.9 -尾道水道夕景 その2-

  1. この景色を見るためには
    坂をずいぶん登らなくてはいけないんですね^^;
    そうして目の前に開けた景色がこれだと・・・息も飲みます。
    言葉も要りませんね(´▽`)

  2. 何度見ても、素晴らしい眺めですよね…。思わず、はっとなります。
    >どのような想いで見つめながら~
    私も尾道で、同じような感想を抱きました。
    ですので、~地元の人が羨ましい、こんな素敵な場所で毎日を過ごせたら、どんなに素晴らしいか云々を連れに話したところ、住んでると慣れてくるんじゃない?と一蹴されてしまいました…。 女性は現実的ですね…(苦笑

  3. >青さん
    こんにちは。
    そうです。一種の試練です。この苦難を乗り越えた者だけが、美酒に酔えるのです。
    でも、地元の方は車で登るみたいですね(爆)
    やっぱり地元がうらやましい・・・

  4. >kadokichiさん
    こんにちは。
    ああ、男ならそういう浪漫を抱きますよね(笑)
    今の地位を捨て、素晴らしい自然と人情の中で生きる・・・
    そして常に相方というのはその妄想を一笑に付すのですwww

  5. 綺麗な夕景ですよね
    島々がほんと素敵です。

  6. こんにちは!
    渡船の行き交う光景が上手く撮れましたね。
    あの狭い尾道水道で道路や道しるべも無いのに
    上手く航行できるもんですね。暗黙の決まりごとでもあるのかな
    なんて思います。

  7. 絵になる所ですね^^
    逆光でいい雰囲気です。

  8. >たっくさん
    こんにちは。
    同じ夕景でも、島や海が一味も二味も味を出してくれます。
    なんだか、写真が上手くなったような錯覚に捉われます^^;

  9. >タカさん
    こんにちは。
    行く前から、渡船が行き交う様子を撮りたいなと思っていたのですが、
    予想以上に渡船が頻繁に出航していたので、助かりました(笑)
    ほんとに、よくぶつからないなあ、という感じですね。

  10. >Nasbonさん
    こんにちは。
    そういえば、海や橋を撮ることが多かったこの旅では、
    むやみやたらと逆光を追い求めていた気がします(笑)
    瀬戸内の景色があまりに絵になりすぎて、東京に戻ってから撮影意欲がそがれています(汗)

  11. こんばんは。どの写真を見ても、何度見ても・・・いいですねえ。
    船の引き波がキレイに出ている写真、いいなあ。
    いつか絶対、行こう!と、密かに決心しました(笑)

  12. >teddy-miu-miuさん
    こんにちは。
    国内でもいろいろなところへ行きましたが、
    なんだろう、こんなに後からジワジワ味を思い出す場所は
    他にはそうそう無かったように思います。
    機会があったら、ぜひ行って見てくださいね!
    teddy-miu-miuさんの撮った瀬戸内写真も期待しています^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

Post Navigation