超人日報社北京支店より、以下の情報が寄せられている。

鼻から飲んだ牛乳を目から噴き出させる青年を発見
 輝県市の18歳の青年は鼻を使って牛乳を飲むだけでなく、飲んだ牛乳を目から噴き出させることができる。
 同青年は牛乳を満々と注いだコップを鼻の下に置き、口を閉じた状態で鼻を使って100ミリリットル余りの牛乳を飲んだ。その後、指で鼻をしっかりとつまみ、目から牛乳を噴き出させた。
 耳鼻咽喉科の専門家によると、同青年の鼻の構造は正常な人間のそれと異なる可能性が高いという。また、普通の人は気軽に真似をしてはいけないと警告した。
060209MilkBoy.jpg
提供:ChinaWave

 恐るべき身体能力、ならびに気合である。これを超人と言わずして何をか超人と言わんや。
 そして何よりも特筆すべきは、その斬新な発想である。
 我が国で一般的に行われている牛乳の摂取方法と言えば、口から飲用した牛乳を鼻から流出させるという方法であろう。「摂取」という表現が正しいかどうかは分からないが、牛乳とはこのような飲み方をするものであると昔から決まっているのだから仕方が無い。
 しかし、この青年の発想はどうであろう。「口から鼻」という旧来の常識を一気に打ち破り、「鼻から目」という完全にワンランク上のスキームを編み出してしまったのである。食文化における革新と言っても過言ではあるまい。一体、彼はどのようなバックグラウンドからこのような挑戦を敢行しようなどと思いついたのであろうか。
 しかも、「耳鼻咽喉科の専門家」によるコメントがまた、大変奥ゆかしいではないか。
 「同青年の鼻の構造は正常な人間のそれと異なる可能性が高い」とは、何と専門的な分析であることか。敬服の極みである。
 そしてそもそも、このような事態に「耳鼻咽喉科の専門家」のコメントを求めること自体に、スケールの大きさを感じざるを得ない。
 読者諸兄におかれても、新たな牛乳摂取方法の創造に取り組んでみてはいかがであろうか。

2 Thoughts on “鼻から飲んだ牛乳を目から噴き出させる青年を発見

  1. ひろみ on 2007年6月3日 at 8:00 PM said:

    「牛乳はあまり好きじゃなくて飲まない」
    と言ったら、中1のコに
    「体にいいから飲んだ方がいい」
    って言われたよ。
    「豆乳じゃダメ?」って聞いたら
    「うーん、一文字違いだから大丈夫」
    許可いただきました。

  2. てんまん(主) on 2007年6月3日 at 8:03 PM said:

    豆乳をなめてはいかんぜよ。
    ちなみに我が家ではダイエットのために
    牛乳の代わりに豆乳を愛飲しております。
    効果のほどは???

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

Post Navigation