080504Sekigahara.jpg
 ここに衝撃的な話があります。
 上の二冊の本は、近所の図書館で借りてきたものです。いま、司馬遼太郎さんの「関ヶ原」を読んでいます。
 「関ヶ原」の文庫版は上・中・下の三巻から成るため、ひとまずは「上」と「中」の二巻を借りたつもりでした。
 数日後、「上」を読み終わったため、満を持して「中」へ読み進もうとしたその瞬間、驚くべき事実が明らかになりました。皆さん、上の写真でお気づきになりましたか・・・?



 なんと筆者は、うかつにも「上」を「二冊」借りてきていたのです(爆)
 勢い込んで続きに突入しようとしていたところでこの大惨事です。しかし時刻は深夜1時。もう、文字通り地団太を踏みました。もっとも「地団太」の語源は「地だたら(2枚の板の間に革を張った吹子(ふいご))」らしいので、筆者は空しくフローリングの床を踏んでいたのですが。
 しかし大体、そんなに大人気の本でもないのに(失礼、司馬先生は敬愛してます)、同じ図書館に「上」が二冊置いてあること自体が変じゃないですか?ああ、別に変じゃないですかね・・・やっぱりそうですよね・・・orz
にほんブログ村 写真ブログへ

16 Thoughts on “天下分け目の大失策

  1. 借りる時に受付の人も気がつかなかったのですね。
    勘違いは良くありますね。
    東横線で待っててくれた電車に飛び乗ったら急行で、降りたい駅を悲しい思いで通過したことがあります。
    単にそそっかしいだけ?

  2. こんにちは
    上が2冊、それも気付かれたのが深夜
    その気持ちよく分かりますね・・。
    その後はどうされたのでしょうか・・少々興味あり

  3. 鳴くまで待・・・、

  4. あ・・・やっちゃいましたね(笑)
    真夜中気付いて地団駄・・・気持ちわかりますよ・・・。
    どこにもあたる場所がない・・・行き場のない・・・この気持ち!
    しかし・・・図書館の方、教えてくれたらよかったのに。

  5. こんにちは。
    あー、これはイタタですねぇwww

  6. 痛いですが、買ってないだけマシかも^^;
    それより読み進めない方が痛いのか・・・

  7. こんばんは。
    あらら・・うっかりですね(^^ゞ
    気合が入っていただけに残念ですね。

  8. コミックとかたまーにダブって買う時があります(^^;
    しかし借りる時に一言言ってくれれば良いのになって思います。

  9. >Nasbonさん
    こんにちは。
    あ~電車の乗り間違いはありますね~!
    最近我が小田急線でも、従来の急行よりもさらに多くの駅を通過する
    「快速急行」なるものが登場して、間違えて乗ってしまい、とんでもない
    郊外まで(失礼)一気に運ばれてしまった悲しい思い出があります。

  10. >タカさん
    こんにちは。
    すぐ翌日借りに行きましたよ~。
    他の人に借りられてなくてよかったです。
    まったくおっちょこちょいなもんです^^ゞ

  11. >不思議な世界旅行さん
    こんにちは。
    ほんとそうですよね。鳴くまで待つしかないのです。
    しかも、誰が悪いって、自分の早とちりですから・・・^^ゞ

  12. >teddy-miu-miuさん
    こんにちは。
    そうなんです。あたる場所がないんですよ。
    でも一番災難だったのは言われもなく踏みつけられた
    床の方かも知れません(笑)

  13. >snicさん
    こんにちは。
    いや~ほんとに痛かったです。
    とばっちりで踏まれた床もきっと痛かったと思います^^ゞ

  14. >masaharuさん
    こんにちは。
    本当に、図書館でよかったです。
    その夜は以前読んだ本を再度読み直して鬱憤を晴らしました(笑)

  15. >o2ka7070さん
    こんにちは。
    本当にうっかりでした。
    次がないと分かっていたらもっとゆっくり読んでいたのですが、
    逆にそうとう勢いづいてました・・・^^ゞ

  16. >こーちゃんさん
    こんにちは。
    あ~コミックとかって確かに、「今どこまで持ってたっけ?」って
    不安になることありますよね。
    私もたまに本屋で新刊っぽいものを見つけて、不安になって
    家にいる細君に電話して確かめる時があります^^ゞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


↑画像の中の文字を入力して下さいm(_ _)m

Post Navigation