不摂生であることを誇りに思っていた学生時代?

無鉄砲に朝まで飲み歩いては悪友の部屋に転がり込んでいた新入り社会人時代?

あるいはアジアで骨を埋めようか本気で悩んでいたR25の放浪時代?

とにかく「太陽は僕の敵」って思ってたあの頃。

そんな時代に下北沢の雑貨屋で買ったお香立てとお香です。

 

あの頃から

変わりゆく自分と

変わらないものとの接点は

五感のどこかで心地よい不協和音を奏でます。

 

そんな香りのスパイスを舌の上で転がしながら

変わりゆくなんて思ってもみなかったあの頃から

変わらずにそばにいてくれる人と杯を傾けながら

おバカなテレビを見ながら笑ってる今もやっぱり良いものだと思うのです。

にほんブログ村 写真ブログへ

4 Thoughts on “midnight perfume – THE SUN IS (still) MY ENEMY

  1. なかなかの詩人ですねぇ(笑)

    変わらずにそばにいてくれる人がいれば良いのですが。。。
    いつのまにか、すれ違いの人生を歩んでいたりします(汗)
    そばにいてくれるだけでも幸せかな ?!

    • フォトンさん、おはようございます。
      ほろ酔いで気持ちよくなるとたまにこういう
      駄文をダラダラ書くことがあります。
      朝読み返して後悔します(爆)
      まあ、空気のような存在といえばそうなのですが
      たまにありがたみを感じますね。
      まさに、そばにいてくれるだけでも
      幸せというやつですね(笑)

  2. 10maxさんはなかなかのロマンティストですね。
    「変わらないものとの接点は五感のどこかで心地よい不協和音を奏でる」
    確かにそうですね。微かな心地よい違和感が伝わってきました。
    また変わらない(はずの)ものが変わってしまった時の残酷な音色にまで想いを馳せてしまいました。
    THE SUN IS MY ENEMY・・・映画「アイ・アム・レジェンド」に登場したダーク・シーカーを思い出しますね。
    ところでこのお香立てはいいですねえ。アフリカ産でしょうか?

    • naoggioさん、こんにちは。
      アイアムレジェンド、観ましたよ。
      壮絶な作品でしたね。
      私は典型的な夜型なのでダークシーカーと
      気が合うかもしれません(笑)
      非人間的な身体能力は発揮しませんが(^^;
      お香立てはアジア雑貨屋で買ったので、
      インドネシアとかその辺じゃないかと思ってます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

Post Navigation