100917Flower.jpg
 なんて花かって質問はもうしません。
 ええ、しませんとも(笑)
 —
 さて、副題の方のカメラの話題です。
 先日新宿のペンタックスフォーラム(スクエア?)へ立ち寄った際に
 10/7発売のエントリーモデル「K-r」の実機を存分にいじることができたので、
 一番気になっていたSAFOX IXによるAF性能の進化に特に注目して簡単にご報告〜^^
 ちなみに同じく展示品のK-7、そして筆者の相棒、E-620とも比較をしております。
 はじめに申し上げておきます。
 K-r、神です。
 「ペンタックスはAFが弱点だ」
 って誰が言いましたか?今や、前言撤回の時です。
 ではひとつずつ見ていきます。
 ※ちなみにこれらのインプレは全て筆者の主観によるもので、
  正確な測定を行ったものではありませんので、ご了承下さい。
 ◆AF-S
  K-7との比較では、K-7でいうところの
  「じー、じじっ」の最後の「じじっ」の部分がなくなり、
  感覚的にもかなり高速になっています。
  E-620との比較では、高照度・高コントラストではさほどかわりません。
  ところが、低照度・低コントラストになった途端に圧倒的な差が出ます。
  E-620ではうんともすんとも言わないような被写体にもK-rはすっと合わせてくる!
  この低照度・低コントラストな被写体に対するAFについては、実はもっと悲しい事実があります。
  実は隣においてあった現行エントリー機のK-x(SAFOX VIII)に比べても、
  E-620は大きく劣っていました。
  「AFが弱点」と言われるペンタックスですが、実はK-xだったとしても、
  室内での怪獣息子達の撮影において、より多くのシャッターチャンスを
  捉えられていたであろうと思われます。
 ◆AF-C
  はっきりいって驚きました。
  グイグイ噛み付いて来る感じで、それが6コマ/秒の連写と組み合わさると、
  「D300じゃないの!?」といった錯覚を覚えます!
  「ピピっ、カシャカシャ、ピピっ、カシャカシャカシャ」
  という軽快かつメカニカルなリズムは快感すら覚えます。
  そもそも室内でなかなか合焦しないE-620とは比較にならず、
  K-7と比べてもサクサク感が全然違います。
  ちなみにAF-C連写のテストは、室内で身体を回しながら、
  遠近の被写体をランダムに捉えていくというやり方で試写しました。
 ◆ライブビューでのコントラストAF
  ここはE-620の面目躍如、と行きたいところですが、E-620とK-rはほぼ同等レベル!
  と言うとあっさりしてますが、これはめちゃくちゃ高速です!
  「じー、ぴぴっ」という軽快な感じは、K-7が遠近を行ったり来たりして
  「じー、じー、じっ」と合焦するのに比べると雲泥の差。
  確実にコンデジ感覚で使えます!
 というわけで、K-rの実機レポート、
 一番気になっていたSAFOX IXによるAFの進化を中心に見てきたわけですが、
 想像以上の進化に驚きましたよ〜。
 AFに関してはニコンと互角に戦えるレベルに仕上げてきましたね。
 高感度画質では現行K-xにてニコンやキヤノンを超えてきたとの定評があるので、
 それはK-rやK-5でも問題ないでしょう。
 D7000との間で揺れていましたが、今はかなりペンタ陣に傾いています。
 あとはK-rとK-5のどちらか・・・
 K-rは6コマ/秒、ISO25600、など、スペックは中上級機並と言えども、
 ケーブルレリーズ端子が無いなど、細かいところではやはり制約が多いのです。
 それらを我慢できればK-rで決まりなんですけどね。
 あと気になるのはペンタックスの事業継続性。
 オリンパスの二の舞にはなりたくないのです。
 ただHOYAになってからのペンタックスのアグレッシブさは、
 却って財務基盤の後ろ楯ができてるからって気もしますね。
 

12 Thoughts on “Raise your hands together. -ペンタックス K-r なんちゃって実機レポ-

  1. はじめまして、、
    K-7,K-xからK-5,K-rへと乗り換えの者です。
    情報が少ない中、記事を読んで安心しました^^、
    ありがとうございました。
    ウチにも獣が2、甥っ子が2、姪っ子が1おります、
    私は外部ストロボを使用し天井バウンスで撮影しています。
    バウンスで撮ると今までがなんだったんだ!?って位キレイに撮れます。
    ご予算があれば外部ストロボも購入された方がいいかもしれませんね。
    あと拡大アイカップはオススメアイテムです^^。

  2. こんばんは!
    この特徴的なしべ、もしかしてハナスベリヒユでしょうか。
    (別名、ポーチュラカ)
    ふわふわ、の中にお星さまひとつ。素敵なお写真ですね♪
    それにしても、カメラのことお詳しいですね・・・
    うまくコメントできなくて、すみません(*_ _)

  3. ここでニコン・キヤノンに行かないあたり
    マイノリティー好きですね^^

  4. 花の柔らかい感じがいいですね。
    色合いも清楚ですね。
    10maxさんが夢中でいじり倒しているお姿を想像しました。
    さて、どのような結論になるのでしょうか^^

  5. こんばんは。
    お花の写真を拝見してそのキレの良さからZD50macroだと
    思いましたが35でしたか!ZDのマクロのキレの良さは
    やっぱり凄いなと思います。
    さてカメラですが、PENTAXはHOYAへの吸収合併で一時は
    どうなることかと思いましたが、その危機感をプラスの
    エネルギーに変えて、でも焦らずコツコツと改善していく
    企業姿勢には頭が下がります。
    私は、D700のサブとしてD7000がどうしても気になりますが
    カメラとしての魅力はk-r、k-5の方が上だと思います。

  6. >kickyさん
    こんばんは。
    ご訪問ありがとうございます^^
    バウンスですか!
    あれは効果的だと、よく聞きます。
    それにK-rのような強力な暗所AFと高感度が加われば、
    弱点はなくなりそうですね!

  7. >Sippo☆さん
    こんばんは。
    あ!たぶんそうです!
    googleで検索して画像を見ましたが、
    おそらくこれだと思います!
    いつもありがとうございます^^
    機材の話は、流していただければ幸いです(汗)

  8. >不思議な世界旅行さん
    こんばんは。
    というか、もともとニコンにしようと思っていたのに、
    ペンタックスがより魅力的なカメラを出してきた、という
    純粋にそれだけですね。

  9. >Nasbonさん
    こんばんは。
    ありがとうございます^^
    小さいですが、清楚でしとやかな花でした。
    いやいや、機材が写真に直結するわけではないのですが、
    ついつい気になってしまいます^^;

  10. >tomohiroさん
    こんばんは。
    3535マクロはとても素晴らしいレンズです。
    それゆえに5020に手が出せずにいます^^;
    ペンタックス、本当にがんばってますよね。
    弱点を着実にカバーして、部分的には
    二強を凌ぐ部分さえ持っていたりします。
    ニコンユーザならD7000で間違いないでしょうが
    現時点でフリーなので無駄に迷ってしまいます^^;

  11. いや、これは私にとって嬉しい知らせですよ!
    なかには畜生って思っている方も居ると思いますが、正当進化を続けてきた結果ですから正直に喜べます。
    あとは装着するレンズに依存しないかが心配ですねぇ。
    コンパクトなレンズ群とのコラボはK-rにしろK-5にしろとっても魅力的に思えます。

  12. 本命はペン太君でしたか^^
    好みの色を出す、好きなメーカーです。
    正直キヤノンかと思っていました。
    ペンタックスは魅力的なレンズを持つメーカーですが
    バリエーションはやはりキヤノンに劣りますし
    なによりキヤノンはフランジバックが短かく大きい口径のマウントを
    持つ故に、いろんなメーカーのレンズがアダプターを介して使用できます。
    古いレンズとか10maxさん好きそうだなと思ってたんで・・・
    (・・と悩ませるようなことを言ってみる・・・εε= κ( ` ▽´)κ )

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

Post Navigation