筆者、郷里にて味噌煮込うどんを食す

 家庭の事情にて助手兼妻のKとともに郷里の岡崎へ下った。帰郷の楽しみの一つが、岡崎地方独特の八丁味噌を使った味噌煮込うどんの賞味である。
 名店「みづこし」にて極上の味噌煮込うどんを食する。
070403Mizukoshi01.jpg
 これにて満腹。いざお勘定の前に用足しへと向かうわけであるが・・・
070403Mizukoshi02.jpg
 このセンセーショナルな配置、一体どうせいっちゅうの。

“筆者、郷里にて味噌煮込うどんを食す” への2件の返信

  1. うどん美味しそうですね!
    この配置は… おそらく明確に使い分けて欲しいんじゃないでしょうか。明確に。きっちりと。

  2. ほんとうに美味いぞよ?。
    うむ。男なら男らしく立位で小用をしろと。
    そういうことか。
    俺はむしろ、三河の田舎人情で
    「仲良くどうぞ」
    という意味かと思ったものだが。

コメントは受け付けていません。