マツダCX-8の実車と対面@東京ミッドタウン ラゲッジルーム実寸/その他サンルーフ設定などややマニアック情報

マツダ CX-8
展示車はLパッケージのマシーングレープレミアムメタリック。光の関係で少しブラウン/グリーンぽく写っている

恒例の、買う予定もないのに無駄に詳細な新車レビューです。10月22日まで東京ミッドタウンで行われているマツダの6-7人乗りミッドサイズSUV、CX-8(9月14日に発表、12月14日発売予定)の実車展示会を小雨の中訪れたので、少しばかりご報告を。次期愛車(買い替えは妄想Only)の最右翼候補です(^^)

基本的な情報はネット上に溢れているので、ラゲッジや座席の広さなどの感想やその他マツダの担当者さんから伺ったややマニアックな情報などを中心にご紹介します。

エクステリア

まずは上の写真の続きでエクステリアを何枚か撮ってきました。弟分のCX-5はどちらかというと「塊感」という感じですが、CX-8のより伸びやかなプロポーションは筆者の好みです。SUVとステーションワゴンのいいとこ取りといったところでしょうか。プレスラインにも高い質感を感じます。

マツダ CX-8

フロントマスクはシャープで精悍です。こちらはグリルが水平のフィンになった以外はCX-5とほぼ共通。

マツダ CX-8

ラゲッジルーム

さて、筆者が一番気になっていた荷室です。キャンプ道具などを山ほど積みたい筆者、買い替えるならば今よりも荷室が大きい車がよいなと思っているのですが、このCX-8、3列目を倒した状態で、サブトランク込みで572L(VDA)。一方現愛車(プジョー308SW(2012年式))は573Lなので、微妙・・・この荷室が少なくとも今よりも使い勝手が悪くならないことが最低条件なのです。なお、筆者が勝手に対抗馬だと思っているプジョーの7人乗りSUV、新型5008のラゲッジは5人乗者で780L!

まず、これがCX-8の3列目を倒した状態です。

マツダ CX-8 荷室 ラゲッジルーム

次に対抗馬のプジョー5008(同じく3列目を倒した状態)

プジョー 5008 ラゲッジルーム

最後に我が家の308SW(こちらは3列目取外し済)

308SW ラゲッジルーム

というわけで、牛乳箱を敷き詰めるVDA方式では分からない実寸を測って比較してみました。(巻き尺での実寸なので多少誤差はあります)

(単位:cm) 奥行き 天井までの高さ VDA容量(3列目収納時)
CX-8 120〜130超 タイヤハウス間:100

タイヤハウス上:135

最大:146

74 572L

(3列目格納、サブトランク込)

プジョー5008 110〜 111 82〜90 780L

(3列目取外し)

プジョー308SW

(MC前)

98〜 タイヤハウス間:102

最大:135

88 573L

(3列目取外し)

VDAの容量だけ見ると、5008が圧倒的に大きく、サブトランク込で572LのCX-8が最も狭く見えますが、実寸してみて実際は単純にそうは言えないのでは?と感じました。

まず、CX-8、奥行きは深いです!「〜」となっているのは二列目のスライド次第という事ですが、CX-8は5008など競合車に比べて全長もホイールベースも長いので二列目のスライド量も余裕があります。二列目を子供専用とすれば、ラゲッジの奥行きは130cm以上取れます。

一方、容量のネックとなっているのはやはり高さですね。CX-8は3列目シートが余裕のある設計になっている上に取り外しが出来ないので、その分底上げとなります。高さの差は我が家の308SW比で14cm低いので、この分を奥行きでカバーできるかどうかです。ただ、実際には二列目シートの上限辺りまでしか積まないとすると、CX-8はシート上端から天井までの高さが狭いので、実質あまり変わらないかもしれません。(CX-8のシート上端までの高さを測り忘れた・・・)

CX-8の懸念点がもう一つ。CX-8の572Lという容量は、下の写真のサブトランク(65L:BOSE無し。写真はBOSEあり)を含みます。このサブトランクはキャンプ道具という意味ではあまり入れられるものが少なそうというのと、ここにはスペアタイヤを収納したいんですよね(スペアタイヤについては後ほど)。

マツダ CX-8 荷室 ラゲッジルーム サブトランク

最終的にはディーラーにキャンプ道具を持っていって積んでみないと何とも言えないかな〜と思ってます。

あとは、3列目を取り外せないかなどという大それたことも妄想したりしてます。308SWや5008は元々簡単に取り外せる機構になっているのが魅力なんですよね(車検時だけ付ける)。CX-8の3列目の底部を見た感じ、車体の鉄板がむき出しになるので、一筋縄では行かなそうな印象ではありました・・・って誰もそんなこと考えないか(笑)

ちなみにこのサブトランクのカバー、こうやって立てて仕切りに出来るんです!、と会場の担当者さんが教えてくれました。どういう時に役に立つんだろう?(笑)

マツダ CX-8 荷室 ラゲッジルーム サブトランク

参考までに、以前まとめた車種別ラゲッジ容量一覧はこちら↓

車種別ラゲッジ容量一覧とキャンプ道具積載方法メモ

運転席・前席

この辺は他でも沢山出ているのでサラッと写真だけ。ステアリングはかなり柔軟に位置を調整できるので運転しやすいポジションが取りやすいですし、レザーやステッチの質感もしっとりしていてとても高いです。

マツダ CX-8 運転席 コックピット

全体的な質感もかなり高いですね。インパネやセンターコンソール周りのソフトな素材とステッチなど、とにかくセンスの良さを感じます。元RX-8乗りとしては「これマツダ車でしたっけ?」と言う感じです(笑)また、マツダコネクトのダイヤル&ボタン方式の操作は5008の新i-Cockpitのタッチパネル方式と比べるとやはり操作し易いです。マツコネも以前は悪い噂もよく聞きましたが、CX-8ではGPS精度などがアップグレードされたようですし。

マツダ CX-8 運転席

2列目シート

こんな高級ミニバンのようなキャプテンシート仕様が選べます。これは積極的に二列目に座りたくなる感じですね・・・

CX-8
撮り忘れたのでマツダ公式HPより拝借

ちなみに上の写真は一番豪華なLパッケージですが、筆者の本命は中間グレード(プロアクティブ)で選べる、センターコンソールのないウォークスルータイプです↓ 荷物がより多く積めるので。

CX-8
こちらもマツダ公式HPより拝借

2列目シートからの光景

マツダ CX-8 二列目

一番後ろまでスライドした状態だと、足元はかなりゆったりです(筆者:身長177cm)。

マツダ CX-8 二列目
パンツに雨水の染みが・・・

2列目のサンシェード、後述しますが、ショップOPで単品で付けられるそう(ベースグレードのXDのみ)。

マツダ CX-8 二列目 サンシェード

3列目

うちは3列目はほぼ使わないので(荷室容量優先)こちらもサラッと。身長170cmを想定しているようなので、177cmの筆者では足元はゆったりというわけには行きませんでしたが、頭が天井に付くということはありませんでした。また、二列目シートのセンターコンソールのないウォークスルータイプなら足元も楽でしょうね。

マツダ CX-8 三列目
3列目シートからの眺め

また、シートの立ち上げや格納もとても簡単でした。男性なら片手でも問題ないでしょう。これについて会場の担当者の方と話していて、

筆者:「でもプジョー5008もかなり楽に立ち上げられましたよ」

担当者:「あれも割りと簡単ですよね。でも格納する時はこうやってレールにはめるように(中略)なので、こちらの方が簡単だと思いますよ!」

お、おお、完全に研究しとる・・・(笑)やっぱり5008を競合と見ているのはマツダも同じなのですね。

その他1:サンルーフオプションは今後も出ない可能性大?

会場に居た担当の方(かなり詳しかったので本社の方でしょうか)にサンルーフ設定について聞いてみました。

筆者:「CX-5やアテンザみたいに後からサンルーフのオプション設定が出る可能性はあるんですか?」

担当者:「え〜とですね・・・実はそうも行かないかもしれないんです。付けたくても付けられなかったと言いますか・・・」

筆者:「テクニカルな理由ですか?」

担当者:「いえ、そうではなく、CX-5やアテンザは海外モデルの部材を持ってくる事が出来たんですけど、CX-8は国内専用モデルなのでそういう事が出来なくて。二種類の天井を作るというのは余程数が出ないとかなりコスト高になっちゃうんですよね」

筆者:「ああ・・・国内だと殆どサンルーフの需要って無いですもんね」

担当者:「そうなんですよ」

これはかなり説得力のある説明でした。国内専用モデルってマツダの中でもかなり特殊ですからね。

これはむしろいい情報でもありました。何故なら、「後からサンルーフ設定が追加されるかもしれない」という理由で迷う必要が無くなったからです。それなら本当に付けたくなれば後付けサンルーフに手を出せば良いのですから。

※と言っても「やはりサンルーフが欲しいという声が多いので設定追加しました」なんて2年後くらいに発表する可能性も無くはないのですが・・・というか、当分買いませんけど・・・

その他2:CX-8にもスペアタイヤアタッチメント取付け可能

上でも書きましたが、サブトランクにスペアタイヤを積めることも確認できました。 これも嬉しい情報です。旅先でバーストした経験を持つ筆者としてはこれがないと不安なのです。

CX-8は標準ではパンク修理キットですが、純正のスペアタイヤアタッチメントをサブトランクに装着可能とのこと(テンパータイヤを別途購入要)。詳しくは→こちら

その他3:2列めサンシェードは単品で選択可能(XDのみ)

事前情報では、サンシェードはルーフレールと電動リアハッチとの3点セットで11万円くらいのオプションを選ばないと付けられないと認識していましたが、ショップOPで単品で付けられるようです。あれは長時間移動時の子供への負担を考えると意外と重宝するんですよね。ただし、帰宅してカタログをよく見てみたら、ベースグレードのXDのみ単品OPで、筆者の本命の中間グレード、プロアクティブではやはりセットオプションと書いてありました・・・

 

ということで、いろいろ得るものの多い展示会でした。

そして、先程の担当者の方、若い方でしたが、商品知識の豊富さに驚きました。荷室の寸法も、巻き尺で図る前にほぼ頭に入っていましたし、先程の3列目シートの出し入れの件を始め、筆者が勝手に競合と思っていたプジョー5008の知識も一通り押さえていましたから^^;おそらく本社から派遣されていた方なのだと思いますが、さすがよく勉強しています。

う〜ん、一言で言うと、実車を見てさらに惚れました。308SWでエンジン故障を経験しているというのもあり、心情的にはCX-8の方にやや傾きつつあります。

各ディーラーに実車がやってくるのは12月14日の発売以降。試乗が待ち遠しいものです(^^)

P.S.何度も言いますが、買い換える予定は全然ありません(爆)

マツダ CX-8 東京ミッドタウン
東京ミッドタウンのCX-8特別展示は10月22日までとのこと

 

※CX-8に関する以前の記事

マツダCX-8外観公表、そしてCX-5試乗でSKYACTIV-D(ディーゼル)のブリッピングに感動(マニア向け)

 

にほんブログ村 車ブログへ

“マツダCX-8の実車と対面@東京ミッドタウン ラゲッジルーム実寸/その他サンルーフ設定などややマニアック情報” への6件の返信

  1. 自分も検討してたんだけどすごい大きいくせに今のワゴンよりも荷室が狭くなるというのを知って実物を見にいく気も失せてました。モーターショーでみればいいかなという感じ。次はステップワゴンかな?

    1. えとさん、コメントありがとうございます。
      CX-9が3列目格納時で810Lなので私も相当期待していましたが、発表されて572Lと知った時は同じく幻滅しました。
      SUVのくせに立派な3列目シートが余分なんですよね〜。
      しかし対抗馬のプジョー5008が予想以上の高価格で、しかもCX-8の実物を見ると、VDAで測るよりも意外と荷室も使えそうで、何よりかっこいいので再度興味が湧いてきました。
      3列目を外す野望もまだ捨てていません(笑)
      ステップワゴンですか。荷室優先ならミニバン一択なんですけどね^^;
      私は新型プラドに少し興味ありです。前の顔は嫌いでしたがフェイスリフトでかっこよくなったと思ってて。
      モーターショー、チケットをもらったので行く予定です!
      しかしCX-8の展示会場は会社帰りで見れてしまったし、5008の試乗も思ったより早く実現してしまったので、行く理由を若干無くしてる感じです。

      1. もう5008みたの?はやいね。今文章読んだけどサイズは1840の幅が気にならなければいい感じだね。価格は高いね。400越えると手がでないです。将来中古が流通すればいいかも。
        モーターショーは仕事がら見ておくかなというくらいです。部品メーカーに面白い展示があるといいな!

        1. えとさん
          はい、5008の試乗はもう少し先立ったようですが、思わぬ事情で試乗できました。
          展示車のサードシートが壊れてしまったようで・・・
          自分も400超えると辛いんですよね。
          1,2年後に中古狙いは結構ありえます。
          モーターショーは子供たちが行きたがっているので行かざるをえないかなと^^;
          部品メーカーは見たことがなかったので見てみます!

  2. WebCGよりも詳しく三本さんの不躾棒もいらないくらいのレポート、参考になりました。
    カッコいい四駆、魅力的ですね!
    実物を見たら欲しくなってしまいそうなので危険です。レガシィは5年目の車検を通したしスタッドレスはまだまだ使えるので、あと2年間は乗ることにしました。
    2年後にアウトバックが新しいプラットフォームでモデルチェンジしたら買い換えかなぁ。

    1. Nさん、おはようございます。
      まさに実物を見て欲しくなってしまっています(笑)
      うちも、次の車検は通すのかなあ、なんて漠然と思っています。
      Nさんとこのレガシィなんて全然まだまだ新しいじゃないですか!と思ったらそんなに年式変わらないんでしたね^^;
      しばらく楽しい悩みを楽しむとします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。