武蔵野の森公園にセミファットなMTB現る – Cannondale CUJO3購入 Part 1/2

Cannondale CUJO3

 

9歳児:「あ、お父さん、自転車ならべてるよ〜!どうせきっと写真とるんだよ、わははは!」

7歳児:「ねえねえおとうさん、もうじてんしゃのってもいい?」

Cannondale CUJO3

小学生にネタにされながら新しいマウンテンバイク(MTB)を愛でる筆者ですこんにちはw

スキーとMTB以外のスポーツに興味を持たない怪獣たち(特に長男)に乗せられて、ついに筆者もMTBを買ってしまいました。ロードバイクも持っているので、二号機です。

いや〜決して欲しかったわけじゃ無くてですね〜子供に「お父さんもマウンテンバイク乗りなよ〜買いなよ〜」とせがまれましてね、これはもう、一緒に楽しんであげないわけにはいかないですからね、いやでも実はちょっとは自分も楽しみたいかもなんて思ったり・・・いやいやそうじゃなくて、もう、仕方なくですね、親の務めと言いますか、自らの責任感の強さに驚きましたね、はい(`・ω・´)キリッwww

 

と言うわけで購入したのは、CannondaleのCUJO3という、27.5+規格のハードテイル(サスペンションがフロントしか付いてない)バイクです。

27.5+は上の写真の通りタイヤがやや太いセミファットで、走破性とトラクションと軽快さ、スピードをいい感じに兼ね備えた最近注目の規格です。

 

という事で調布飛行場のそばにある武蔵野の森公園にやって来ました。

武蔵野の森公園

この辺りは公園の中でも穴場エリアです。人が殆どいません。

こんな風にちょっとした窪地や丘がたくさんあって、変化に富んだ地形を楽しめます♪

武蔵野の森公園

怪獣たちも

「うわぁーおう!!」

「ジェットコースターみたい!!」

「うひぇ〜〜ちょ〜こわい!!」

などと言いながら楽しんでました。

武蔵野の森公園

武蔵野の森公園

斜面だけでなく木の根っこや瓦礫もあったりで、なかなか楽しめます。

27.5+は実質29インチと同じ大きさなので、30センチくらいの石垣や障害物程度ならウイリーすれば軽々と越えていけます。

 

ところでこの辺りを縦横無尽に走ってると、割とすぐに息が切れました。それが病み上がりでまだ本調子でないせいなのか、本来こういう悪路を走り回るというのは抵抗が大きくて消耗するものなのかは分かりません。元々ちゃんとMTBで平坦地や上り坂を走ったことがないので・・・(ダウンヒルは去年体験しましたが)

 

いやしかし、MTB、楽しい!

狭山湖の林道やふじてんの常設コース、長瀞や伊豆なんかのトレイルツアーなど、行きたいところが目白押しです♪

 

次回改めて新チャリをもう少しちゃんとご紹介したいと思います(^^)

プジョー308SW MTB Cannodale CUJO3
帰宅!一台は車内に。これで4人+チャリ3台。めっちゃ車からチャリがはみ出してるように見えますが、遠近効果のせいでそう見えるだけで実は殆どはみ出てません。

 

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへにほんブログ村 自転車ブログへ

“武蔵野の森公園にセミファットなMTB現る – Cannondale CUJO3購入 Part 1/2” への3件の返信

  1. きゃ、、、キャリアがすごいことに!ってこれだけの自転車積めちゃうものなんですね。素晴らしいです

    それにしても楽しそう。いいお子さんたちがいて良かったですね( ^)o(^ )
     <こんな自転車を買う都合をつけてくれる息子さんたち中々いませんよ!
    と、そんな冗談はさておき、キャノンデールいいなー。調子にのってジャックナイフに気を付けてくださいね。頭から落ちるとヤバいっす(^^;

    1. のぶっちさん、こんにちは。
      子供をダシにして買っちまいました(笑)
      まあ、お小遣いからの出費なんで懐は寒くなりましたが・・・
      キャリア、すごいことになってるように見えますが、実は車幅から出てないので運転にはさほど気を使いません。
      駐車場に停めるときは気を付けないとですが・・・
      いろんなところに行って少しずつ乗り方をマスターして行きたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。