#01 写真・カメラ#02 キャンプ・アウトドア

今度こそ富士山ガッツリの朝霧ジャンボリー 2/3 そしてGENTOS LEDランタンSOL-013Cレビュー

朝霧ジャンボリーオートキャンプ場, プジョー308SW, 富士山

 

日も傾き、富士山もほんのり色づいてきました。

前回記事はこちら↓

今度こそ富士山ガッツリの朝霧ジャンボリー 1/3

富士山をバックに猫バスくん。

朝霧ジャンボリーオートキャンプ場, プジョー308SW, 富士山

いや〜いい眺めです(笑)

さて、炭火をおこしはじめます。なんと100円ショップで買った着火剤が湿気ていて火が着かず、着火剤をバーナーで炙って火をつけるという本末転倒ぶりw

怪獣たちは門限知らず。写真よりも実際はもっと暗いです。

朝霧ジャンボリーオートキャンプ場, ブランコ

まずはお手軽な焼き鳥あたりを。

キャプテンスタッグ 焚火台 BBQグリル

さらに肉や餃子なんかをジャンジャン食べつつ、怪獣たちはその合間にもブランコやベイブレードで遊んだりと、休むという事を知りません(笑)

と、突然宗が、

「おとうさーん、歯がぬけたー!」

危うく大自然の中にロストするところでした^^; 乳歯は一応全部保管してあるんです。ZIPLOCで持ち帰ります。

やがて22時をまわりようやく怪獣たちが寝静まり、大人タイム到来です♪

 

GENTOS EX-777XPと後継(?)モデルSOL-013Cの比較

ところで、今までメインランタンにしていたGENTOSのLEDランタン、エクスプローラーEX-777XPの逆さ吊り用のフックが以前のキャンプで折れてしまいました。

GENTOSジェントス, エクスプローラー, EX-777XP

これ、ホヤを取り外して逆さ吊りする事で真下に影が出来ずとても明るくすることができるので非常に重要なパーツなんです(下の写真のように)。

GENTOSジェントス, エクスプローラー, SOL-013C

という事で、もっと明るいランタンが欲しかったこともあり新ランタンを導入しました。同じGENTOSのエクスプローラーシリーズのSOL-013Cです。

GENTOSジェントス, エクスプローラー, EX-777XP, SOL-013C
左が今回購入したSOL-013C、右が元々持っていたEX-777XP

EX-777XPはGENTOSのLEDランタンの中でも特に定評のあるロングセラーモデルですが、SOL-013Cはその後継とも言えるモデルです。サイズは上の写真の通りほぼ同等です。以下に両モデルの差分を簡単に整理します。

GENTOS SOL-013C(新モデル) GENTOS EX-777XP(現行)
最大照度 530ルーメン 280ルーメン
光源色 白色・昼白色・暖色選択可能 暖色
照度調整 無断階調光 High/Lowの2段階
連続点灯時間 白色:20時間(照度100%)〜330時間(照度10%)

暖色:40時間(照度100%)〜350時間(照度10%)

照度High:72時間

照度Low:144時間

逆さ吊り使用 可能 同左
防滴 ○(IPX4準拠) 同左
重量(電池含) 830g 817g
使用電池 単一アルカリ電池×3本 同左

 

最大の違いはやはり最大照度です。

キャンプサイトのメインランタンとして、1~2家族であればEX-777XPでも十分ですが、最近3~4家族といったグループでのキャンプが増えてきたため物足りなさを感じていました。

以下、実際に写真で明るさを比較しています。全てカメラの露出は固定、電池も交換したてです。

まずはEX-777XP↓

GENTOSジェントス, LEDランタン, EX-777XP

次にSOL-013Cの「白色」(昼白色LEDと暖色LEDをフル使用した本製品のMAXモード)での最大照度↓

GENTOSジェントス, LEDランタン, SOL-013C, 白色

左右のドアや背後の壁を見るとEX-777XPより明らかに煌々としていますね。当たり前といえば当たり前です^^;

次に、「昼白色」(白色LEDのみを使用)の最大照度(青白い感じなので筆者はあまり使わなそう)↓

GENTOSジェントス, LEDランタン, SOL-013C

最後に、暖色(暖色LEDのみ使用)の最大照度。EX-777XPと同じ暖色ですが、照度はこちらのほうが明るい気がします。

GENTOSジェントス, LEDランタン, SOL-013C, 暖色

 

ということで明るさについては当然ながら期待通りのパフォーマンスですが、一方で電池の持ちはどうでしょう。

Amazonなんかで見ると、EX-777XPは「連続点灯72時間」、それに対してSOL-013Cは「連続点灯20時間」なんて単純に書いてあるので勘違いしそうですが、最大照度がこれだけ違うのだから最大照度時の電池の持ちだけを比べればSOL-013Cが短くなるのは当たり前。上の比較表の通り、SOL-013Cの連続点灯時間は白色モードで「20時間(照度100%)〜330時間(照度10%)」で無断階調光できるのだから、電池の持ちを優先したければEX-777XPと同等の照度に落として使えば良いだけの話です。

※なお、筆者は未確認ですが、EX-777XPは電池が消耗していくに従って徐々に暗くなっていくため実用的な使用可能時間は仕様表記よりもだいぶ短く、SOLシリーズは最大のパフォーマンスがより長く続くように改善されている、というレビュー記事もありました。

 

ということで、大変簡易な結論としては、サイズもほぼ同じで明るさは格段に明るく、白色・暖色切替えや無断階調光可能でバッテリーの持ちも問題ないとなれば、現時点では両者の比較では新モデルであるSOL-013Cを選ばない積極的な理由は見当たらないように思います。(ただし価格は本記事執筆時点(2018年6月2日)ではSOL-013Cの方が千円ちょっと高いです^^;)

 

 

以下オマケです。朝霧ジャンボリーで明るさの比較をしようと思って撮ったのですがこれだと差が分かりにくいので比較レビュー用としてはボツにした写真です^^;

ジェントス LED ランタン, SOL-013C, EX-777XP

と、撮影していると、その様子を見つけて怪しげな人影が・・・w

ジェントス LED ランタン, SOL-013C, EX-777XP

いやいや何なんだお前たちw

何の撮影会でしょうか(笑)

 

そんなこんなでこの日の夜は結局深夜2時くらいまでワイン片手に大人タイムを嗜んでしまいました。

子供や学校の話、仕事の話、健康の話などなど話題は尽きません(*´∀`)

翌朝につづきます。

 

にほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ

今度こそ富士山ガッツリの朝霧ジャンボリー 2/3 そしてGENTOS LEDランタンSOL-013Cレビュー” への4件のフィードバック

  1. こんばんは
    お天気に恵まれ 富士山も見えてキャンプ日和でしたね^^
    ブランコの近くに場所を取れたのも良かったですね~。
    数家族と一緒に行くと 場所取り 買い出しと役割分担できるのもいいですね。
    息子君たちもキャンプの数を重ねて 設営など戦力になりますね~。
    焼き鳥 美味しそうで食べたい~!
    着火剤をバーナーで(笑) 
    牛乳パックは燃えやすいので いくつかにカットして
    火起こしにするといいって先日TVでやっていました。
    キャンプをやらなくなった我が家では、ランタンが非常用で
    確保しています。
    今は調光や色も変えられて進化していますね~。
    缶ビールの写真 CMに使えそうです(笑)

    1. はぴさん、こんばんは。
      はい、天気にも場所にも恵まれて素晴らしい二日間でした^^
      怪獣たちもこういう時だけはやる気を見せるので助かっています(笑)
      牛乳パックは使えそうですね。
      今度牛乳を買ってやってみようかな。
      震災でランタンが結構売れたみたいですね。
      あると安心でしょうね。
      缶ビール、買いたくなりましたか?
      僕は一切お金はもらえませんが(笑)

  2. それにしても着火材を燃やすのに苦労しましたね~!
    日報の表紙(?)の写真を変えたのですね。珍しくビシッと張れたウチのテント(小川のアイレ)がちらっと写っててちょっと嬉しいです。

    1. Nさん、こんにちは。
      着火剤を燃やすのに苦労するってありえない状況ですよね(笑)
      バーナー助かりました!
      はい、表紙とか全体的にデザインを変えてみました。
      素晴らしい景色作りに一役買ってくださってありがとうございます^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.