#03 MTB/ロードバイク

ふじてんでMTBダウンヒルをやってみた!

ふじてん, MTB, 富士山

夏のふじてんデビューしてきました!!

ふじてんスノーリゾートは、スノーシーズンが終わるとMTBやグラススキーなどが楽しめる場所に変身します。

昨秋、上の怪獣と一緒にMTBダウンヒルデビューした筆者、夏(春〜秋)のふじてんはぜひ訪れてみたいコースの一つでした。

 

ふじてんは河口湖ICから30分ほど。猫バス君にチャリ2台載せて高速で遠出するのは初めてでした。2台の間はダンボールでガード。

プジョー, 308SW, MTB

いざ出発。ちなみにレンタバイクも完備されてるのでMTB持ってなかったり車に積めない場合も問題ないです。

プジョー, 308SW, MTB, CUJO3

チャリンコを押してリフトに並びます。なんとも不思議な光景。

ふじてん, MTB

クワッドリフトの後ろにMTBを積めるラックが設けられています。2人組の場合は、1台のリフトに人が2人とMTB1台、後続のリフトにMTBだけを載せます。

ふじてん, MTB, CUJO3

カッコウなどの野鳥の声を聴きながらリフトに乗るのはスキーの時と違って何とも高原チックで気持ちがいいです。

ふじてん, MTB, 富士山

上手な人たちが飛んでます。

ふじてん, MTB

まずはスキーシーズン用のゲレンデで体を慣らします。雪と違って結構凹凸が激しく、意外と疲れます。特に振動を吸収しながらブレーキをコントロールしなければならない腕〜手が疲れます。

ふじてん, MTB

下りに慣れてきたら、今度はスキーでは滑らない森の中のコースにチャレンジ。ここからが本番!

こんな感じのシングルトラックが5〜6本あって、筆者や竜のような初心者でもすぐに下れるコースから上級者向けのコースまで、幅広く楽しめます。

ふじてん, MTB

ひゃっほーう!

 

初級者コースでも、バームからのジャンプ台的なバラエティに富んだ内容になっていますが、最初はブレーキでスピードをコントロールすれば難なくクリアできます。左右だけでなく上下に揺さぶられるのがめちゃくちゃ気持ちいいです。

ふじてん, MTB

ひゃっほほーーう!!

 

バームの連続。最初は怖くてうまくラインどりできませんが、慣れてくるとスピードに乗って横Gを感じながらジェットコースターのような爽快さが味わえ・・・るはずなのですが、なかなかその域には達しません^^;

でも回数を重ねるごとに感覚が掴めてきて着実にクリアするスピードが上がってくるのが気持ちいい♪

ふじてん, MTB

竜も後半はだいぶスピードに乗れてきました。ふじてんは全体的に斜度が緩めなので(なのでスノーシーズンには物足りないため来たことが無いのですが)MTBで下るにはちょうどいい感じです。

ふじてん, MTB

ひゃーーーーっほう!!!

 

ジャンプの練習ができるスキルパークもあります。上級者は人の頭くらいの高さで飛んでトリックを決めたりしています(;O;)

ふじてん, MTB

レストランでランチ。窓から他の人のバイクを眺めているだけでも楽しいです♪

ふじてん, MTB

でも楽しいだけでなく、油断すると怪我とも隣り合わせです。軽トラで運ばれている人を見ました・・・これは上級者ですね。

ふじてん, MTB

竜も一度ゲレンデで油断して地面の凹凸にホイールを取られてコケてました。長袖長ズボンの上に膝と肘のプロテクターをしていたため擦り傷で済みましたが・・・。あと、縦に揺さぶられてペダルを踏み外しそうになることも結構あったので、スネも守ったほうがいいなと思いました。

 

とまあ、気をつけるべきところは気をつけた上で、ふじてんのMTB、めちゃくちゃ楽しかったです(*´∀`)

今年中にもう一回来たいなあ。

そして来年は下の宗に竜のMTBを引き継ぐので、そしたら3人で来たいな〜。

ふじてん, MTB

と、実に素晴らしい一日だったのですが、最後にびっくり。

サドルバッグが裂けて、さらに中の工具やワイヤーロックがごっそり無くなってました(´;ω;`)

木の枝か何かに引っかかったのかなあ。これは無いと困るので後日調達です。痛い・・・

 

翌日は、汚れたバイクを洗車してルーブを差して、メンテナンスです。

竜も、部屋の片付けとかは怒鳴られないと全然やらないのに、こういう時だけは朝7時くらいから、

「おとうさん!自転車の洗車まだやらないの?はやくやろうよ!」

などと言ってきます(笑)これぞ小学生男子w

 

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村 自転車ブログへ

ふじてんでMTBダウンヒルをやってみた!” への2件のフィードバック

  1. こんにちは。
    なるほど、今はこんなところがあるんですねえ。全然知りませんでした。
    アウトドアも本当に色々な楽しみ方ができる時代になったんですね。
    リフトの後ろにMTBを積めるラックがあるんですか、なるほどです。
    でも2人組の場合どうして前に2人乗るんでしょう?
    お写真拝見しているとダウンヒルけっこう怖そうですね。
    私などコースアウトして林に突っ込んじゃうこと請け合い。まあさすがにこの歳ではチャレンジしないと思いますが(笑)。

    1. naoggioさん、こんばんは。
      はい、私も最近知りました。
      スキー場の夏といえばグラススキーくらいしか思いつきませんでしたが、いろいろ思いつくものですね。
      リフト、二人組の場合でも、一人になりたい時はもちろん1台に一人ずつでも大丈夫ですよ。
      ダウンヒルも、初級者コースならブレーキをちゃんと使えば決して怖くはありません。
      少し上級コースになると瓦礫や木の根っこなどの段差が大きかったりカーブが急だったりと難易度が上がります。
      問題は、昇りがリフトだと体脂肪の燃焼にはあまり貢献しないことでしょうか(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください