かずさオートキャンプ場で冬キャンプ事始め Part 3/3

かずさオートキャンプ場

前回↓の続きです。ついに初の冬キャンプ、最も冷え込む朝を迎えました。

かずさオートキャンプ場で冬キャンプ事始め Part 2/3

 

・・・筆者、とりあえず生きてました(笑)

 

テントから這い出ると全てが氷に覆われていた

朝7時頃、テントから這い出てみると、見たことのない光景が広がっていました。

何もかもが白い氷に覆われています。

車も・・・

プジョー308SW 冬キャンプ

プジョー308SW 冬キャンプ

プジョー308SW 冬キャンプ

テントも・・・

地面も草も落ち葉も・・・

テーブルに置いてあった食器たちも・・・

イワタニマーベラス

 

そして昨晩飲み残した焼酎も(笑)

 

それもそのはずです。気温はなんと・・・

冬キャンプ 零下

零下3℃!

これは7時時点なので、最低気温はもっと低かったはず(((( ;゚Д゚)))ブルブル

早速焚き火を熾します。

冬キャンプ 朝 焚き火

しかし怪獣たちには寒さを感じる器官が備わっていないらしく、構わず遊び回っています(笑)

子供は寒さに負けず元気で結構結構!

と微笑ましく見ていたのですが、ふと車を見たら・・・

 

 

 

 

プジョー308SW 冬キャンプ

 

 

おお〜、今日のはいつもと違って朝露じゃなくて硬くて冷たい氷なのに、よく根気よく描いたな〜。

 

って感心してる場合じゃないwww

 

さて、サイトにも陽が差して少しづつ暖かくなってきました。

少しずつ地面やモノたちを覆っていた氷が解けていきます。

 

大人たちは朝食の準備に取り掛かります。寒くても腹は減るものですね。

ホットサンド

ホットサンド

やはり寒い朝には汁物が欠かせません。

 

怪獣たちも満腹になり、休むことなく遊び回ります。休まなくていいからもうちょい片付け手伝ってくれw

かずさオートキャンプ場

この坂だけで2時間くらい遊び続けます。

やがてダンボールとか関係なく転がり始めます。

かずさオートキャンプ場

川にボールを落としてしまったようです。

かずさオートキャンプ場 川

濡れたら風邪引くから諦めなさいと何度も言ったのに、いつの間にか救出してきやがりました(笑)

 

寒さ対策の効果は?

さて、そういえば昨日、いろいろと寒さ対策を施しましたが、その効果の程はどうだったのでしょうか。

  • 自作テントスカート
  • 底冷え対策のダンボール敷き詰め作戦
  • マルカの湯たんぽ

 

では早速テントの中の気温を見てみます。

ちょうど0℃。同じ時刻に外が零下3℃だったので、3℃程温かいということです。

これが今回施した寒さ対策が功を奏したたためなのかどうかは、対策を施してない状況と比較出来た訳ではないので厳密には分かりませんが、元々通気性の高いノースイーグルのFour Leafクローバードームで、3m四方の大きなテントに大人一人しか寝ていなかった状況からすると、少なくとも何も対策が無ければほぼ外気温と同程度になりそうな気がするので、3℃も温かいというのは何かしらの効果があったような気がします。

そして忘れてはならないのがこちら。

マルカ 湯たんぽ Aエース 2.5L 冬キャンプ

めっちゃあったかいです(^o^)

熱湯とまではいかないまでも、直に長く触れていると熱いほどポカポカです。

うちの長男怪獣が、自分のペットボトルが凍ってしまったのでそれを解かすのに使ったほどです。

マルカ 湯たんぽ Aエース 2.5L 冬キャンプ

自宅の屋内で試した際には朝まで熱々だったものの、さすがに0℃の低温下でここまで保温されるとは期待以上でした。

シュラフの中に入れていたのですが、テント内の気温が外より高かったことにはこいつが貢献しているのかも知れません。

ということで、電源無しでも、さほど投資をせずともちょっとした対策をしてちゃんと着込めば(パタゴニアR2フリースとユニクロウルトラライトダウン)、外気温零下数℃程度であれば朝まで一応眠れることが分かりました。

 

結局電源なし(かつストーブ無し)の真冬キャンプはどうなのか?

ただあれですね、もう一回このやり方で冬キャンプをしたいかと言うと、手放しにそうは言えないです。

やはり夜中にトイレで目が覚めたりした時には寒さを感じましたし、

 

なんなら若干修行っぽい感もありましたし、

 

ぶっちゃけ自分もホットカーペットのテントに居候したかったです(笑)

 

 

ということで、冬キャンプはやはり電源ありサイトで楽しむのが吉だと思いました。あ、薪ストーブとか石油ストーブとかを駆使できる方はもちろんこの限りではないですね。うちは多分大きなストーブは積めないし、一酸化炭素中毒などの対策を確実に行えるかといった不安もあるので電源かなあ、と。

 

ただ総合的に見て、寝る時の快適ささえ確保すれば冬キャンプ自体はとてもいいものだなと思いました。

日中は意外にも快適で、日が射していて丁度良いくらいなのでタープが不要だったり、テントの設営も汗をかかずに出来ます。

そして夕食が最高!寒空の下での鍋や熱燗は夏には味わえない美味さです。寒さも意外にも苦になる程ではありませんでした。

(ただ、それは今回風があまりなかったためかも。ふもとっぱらとかで冬キャンしてる人達も多いけどどうなのかな?)

 

これからしばらくはスキー優先になるので、次のキャンプは4月頃かな?

ということで今季のキャンプはこれでオフに入ります。

来季もたくさん行きたいな〜♪

 

 

(2018/12/16)

にほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ

“かずさオートキャンプ場で冬キャンプ事始め Part 3/3” への6件のコメント

  1. 写真を見ているだけで、ブルブルです(笑)
    私が借りている農園の辺りも、
    朝は同じような光景が広がります。
    寒いことは寒いですが、
    空気が違うのですよね !
    クール・ビューティーというか・・・

    1. フォトンさん、こんばんは。
      土が凍ってしまうすぐそばで寝るって、考えただけで恐ろしいですよね(笑)
      たしかにキャンプ場まで行かなくても農園の朝もこんな景色になりそうですね。
      近くに田畑が無いので思い至りませんでした。
      東京に住んでるといろいろ当たり前のことを忘れてしまいそうです^^;
      都会をたまに脱出してクール・ビューティをもっと見に行きたいです。

  2. 氷点下の野外で、夜を明かすって、、
    とてもとても想像すらつきません><
    私だったら、唇紫色になって
    ガタガタ震えて、、
    とても眠るどころじゃないだろうなあ・・・
    今、我が家の室温は20℃。
    この状況で、フリース着てるくらいですから^^;
    真冬のキャンプ。温かい飲み物、食べ物のありがたさ
    何より感じ取れたことでしょうね!!
    湯たんぽもなかなか優れものなのですね。
    災害時用に常備しておいても良いかなあ、なんて
    思ってしまいました!
    P☆

    1. Sippo☆さん、こんにちは。
      僕もこんな真冬にキャンプは行く予定は無かったのですが、友人達に誘われて興味が湧きました^^;
      でもいってみると、眠る時は対策しないと寒いですが、鍋や熱燗など、冬ならではの楽しみがたくさんある事が分かって良かったです♪
      たしかに湯たんぽは、お湯さえあれば暖まれるのはとても便利なものですよね〜。
      昔の人の知恵はすごい!

  3. こんばんは
    朝の写真 見るだけで寒い!!
    テントの中も0度とは・・・恐ろしい~~。
    ホットカーペット テントでも使えるんですか~。
    ゆたんぽもいいけど やはり欲しいですね。
    朝食 あったかい汁物もすぐに冷えちゃいそうですね。
    しかし 子供はやはり元気ですね~。
    車へのいたずら書き 子供らしいですね(笑)

    1. はぴさん、こんにちは。
      もう起きた瞬間、世界中ぜんぶ凍ってる感じですからね〜。
      電源が使えるサイトがあるので、そこならホットカーペットも使えるんです♪
      寒い朝の豚汁は最高でした。
      夏だとありがたみが分かりませんね^^;
      子供はなんであんなに元気なんでしょうか。。。
      自分も昔はあんなだったとは信じられません^^;

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください