Driving IZU Pleasure Part 2/2 シャイな富士山とgoogleマップタイムライン

伊豆スカイライン 富士山 玄岳ICOLYMPUS E-M1MarkII, LEICA DG VARIO-ELMARIT 12-60mm / F2.8-4.0 ASPH. / POWER O.I.S. (46mm, f/8, 1/400 sec, ISO200)

伊豆人間ドック二日目です。一日目はこちら↓

Driving IZU Pleasure Part 1/2 雲の彼方に・・・orz

二日目のメニュー(検査の話ですよ)は11時頃に終了しまして、そこからがこの日の本番メニューです。

まずは昨日と同じく函南町から富士見パークウェイというそこそこ九十九折りの峠道を経て伊豆スカイライン韮山峠ICから伊豆スカイラインに入ります。

猫バスくんのエンジン、普段はチラ見せ程度にしか味わえない、気持ちのいい中高回転域を思う存分楽しみます。今シーズン履き替えたピレリのスタッドレスタイヤもいい調子です。

午前中の方がやはり光が良く、氷ケ池付近から玄岳IC、富士山方面までの丘陵地帯が順光で鮮やか見渡せます。

伊豆スカイライン 富士山 玄岳IC 氷ヶ池OLYMPUS E-M1MarkII, LEICA DG VARIO-ELMARIT 12-60mm / F2.8-4.0 ASPH. / POWER O.I.S. (12mm, f/8, 1/800 sec, ISO200)

富士山のあたりも昨日より雲が少なそう。今日は見られるかな?

こちらは同じく氷ケ池の近くから相模湾方面。右のほうに遠く房総半島も見渡せます。

伊豆スカイライン 富士山 玄岳ICOLYMPUS E-M1MarkII, LEICA DG VARIO-ELMARIT 12-60mm / F2.8-4.0 ASPH. / POWER O.I.S. (12mm, f/8, 1/640 sec, ISO200)

そしてついに富士山お目見え!

伊豆スカイライン 富士山 玄岳ICOLYMPUS E-M1MarkII, LEICA DG VARIO-ELMARIT 12-60mm / F2.8-4.0 ASPH. / POWER O.I.S. (28mm, f/8, 1/800 sec, ISO200)

 

伊豆スカイライン 富士山 玄岳ICOLYMPUS E-M1MarkII, LEICA DG VARIO-ELMARIT 12-60mm / F2.8-4.0 ASPH. / POWER O.I.S. (60mm, f/8, 1/800 sec, ISO200)

 

昨日と同じ展望スポットへ移動。

伊豆スカイライン 富士山 玄岳ICOLYMPUS E-M1MarkII, LEICA DG VARIO-ELMARIT 12-60mm / F2.8-4.0 ASPH. / POWER O.I.S. (60mm, f/8, 1/1000 sec, ISO200)

駿河湾とのコラボも。

伊豆スカイライン 富士山 玄岳IC 駿河湾OLYMPUS E-M1MarkII, LEICA DG VARIO-ELMARIT 12-60mm / F2.8-4.0 ASPH. / POWER O.I.S. (12mm, f/8, 1/1000 sec, ISO200)

 

伊豆スカイライン 富士山 玄岳IC プジョー308SWOLYMPUS E-M1MarkII, LEICA DG VARIO-ELMARIT 12-60mm / F2.8-4.0 ASPH. / POWER O.I.S. (50mm, f/5.6, 1/1000 sec, ISO200)

 

続いて、急ぎ芦ノ湖へ向かいます。しかし・・・

 

 

着いた時には富士山は再び雲の中・・・(;ω;)

芦ノ湖 富士山OLYMPUS E-M1MarkII, LEICA DG VARIO-ELMARIT 12-60mm / F2.8-4.0 ASPH. / POWER O.I.S. (29mm, f/8, 1/640 sec, ISO200)

結局富士山はほんの一時間足らずの間顔を見せただけでまた雲の中に隠れてしまいました。どんだけ恥ずかしがり屋なのでしょうか(笑)

いやはや、これは是非ともリベンジせねば・・・

 

しかし富士山こそ雲に覆われた時間が多かったものの、限られた時間の中で伊豆らしい雄大な景色の中での爽快なドライブと海の幸を堪能することが出来ました。

 

googleマップ タイムライン機能で旅が二度美味しい

そうそう、昨年リリースされたっぽい、googleマップの「タイムライン」という機能、今回の旅程で試してみました。

試すと言ってもgoogleマップの位置情報機能をオンにしておくだけなのですが、これで移動の履歴を(大雑把ではありますが)後から振り返ることができます。

大雑把と言うのは、恐らくカーナビのように常に位置測定をしていてはリソースを食いまくるので、スマホ起動時等の適度なタイミングと頻度で記録しているのでしょう。

さらに、今回初めて気づいたのですが、googleフォトと連携しているらしく、訪問した場所に該当する時刻に撮られた写真も表示してくれます。

また、特的のポイントを削除・編集する機能もあるようなので、プライバシーを気にする必要がある場合も安心です。

これは旅の振り返りが一層楽しくなる機能ですね(^^)

 

 

にほんブログ村 写真ブログへ

“Driving IZU Pleasure Part 2/2 シャイな富士山とgoogleマップタイムライン” への2件のコメント

  1. どこかで見たような風景 ? と思ったら、
    中伊豆ですね !
    函南は私の実家があるところです。
    最近は、伊豆スカイラインは全く走っていませんが、
    神奈川に住んでいた頃は、よく走り回りました。
    神奈川がら辿り着くのが(渋滞で)大変でしたが。。。

    1. フォトンさん、こんにちは。
      はい、中伊豆です!
      函南がご実家なのですね。
      伊豆スカだけでなく、気持ち良いドライブが出来そうな場所が沢山ありますよね。
      でもたしかに外から中伊豆に行こうとするとそこまでの渋滞が結界のように行く手を阻みますよね^^;
      いやしかし良い土地でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください