Days Malaysia Feb. 2019  -6- 遠いKLタワー、そして中国人のいないチャイナ・タウン

前回の記事でモノレールの中で撮った写真を載せ忘れていたので載っけときます。

マレーシアでもヒマな時にみんなスマホをいじる光景は変わりません。

クアラルンプール KLモノレールOLYMPUS E-M1MarkII, LEICA DG VARIO-ELMARIT 12-60mm / F2.8-4.0 ASPH. / POWER O.I.S. (18mm, f/3.2, 1/125 sec, ISO200)

素敵な笑顔のマレー人女学生。

クアラルンプール KLモノレールOLYMPUS E-M1MarkII, LEICA DG VARIO-ELMARIT 12-60mm / F2.8-4.0 ASPH. / POWER O.I.S. (52mm, f/4, 1/100 sec, ISO500)

 

さて、日曜日の夕方になりました。仕事も一段落し、昨日に引き続きKLタワーへ登ろうかと思ったら、またもやスコールに見舞われます。

でもこの日は何とか日没前に雨が止んだので、急いでKLタワーに駆けつけました。

ところが何と、悪天候のため展望台は開放されておらず・・・チ───(´-ω-`)───ン

仕方がないので麓の近くの展望台(そもそもKLタワー自体丘の上に建っているので眺めは良いんです。)からペトロナスツインタワーと月をパシャリ。

KLCC クアラルンプール ツインタワーOLYMPUS E-M1MarkII, LEICA DG VARIO-ELMARIT 12-60mm / F2.8-4.0 ASPH. / POWER O.I.S. (50mm, f/8, 1/100 sec, ISO1600)

丘を下りながら、KLタワーと月をパシャリ。

KLタワー クアラルンプールOLYMPUS E-M1MarkII, LEICA DG VARIO-ELMARIT 12-60mm / F2.8-4.0 ASPH. / POWER O.I.S. (22mm, f/5.6, 1/40 sec, ISO3200)

 

さて、今夜の目的地はチャイナタウンです。有名なレストランは夕方頃に閉店してしまうと言う情報はありましたが、有名店でなくても雰囲気を味わいに足を運んでみたいと思っていました。

メインストリートであるペタリン通りの入口付近です。来てみて初めて知りましたが、このメイン通りは食べ物ではなくパチモン街なのですね。

クアラルンプール チャイナタウンOLYMPUS E-M1MarkII, LEICA DG VARIO-ELMARIT 12-60mm / F2.8-4.0 ASPH. / POWER O.I.S. (42mm, f/3.9, 1/60 sec, ISO3200)

そしてもう一つ、来てみて感じたこと・・・それは・・・

クアラルンプール チャイナタウンOLYMPUS E-M1MarkII, LEICA DG VARIO-ELMARIT 12-60mm / F2.8-4.0 ASPH. / POWER O.I.S. (17mm, f/3.1, 1/60 sec, ISO400)

 

クアラルンプール チャイナタウンOLYMPUS E-M1MarkII, LEICA DG VARIO-ELMARIT 12-60mm / F2.8-4.0 ASPH. / POWER O.I.S. (60mm, f/4, 1/125 sec, ISO2500)

 

 

中国人、いなくない・・・??

 

 

売り子さん、インド系のようなマレー系のような方々ばかり・・・

さらにペタリン通りの一本西側の通りへ行ってみます。

クアラルンプール チャイナタウンOLYMPUS E-M1MarkII, LEICA DG VARIO-ELMARIT 12-60mm / F2.8-4.0 ASPH. / POWER O.I.S. (22mm, f/3.3, 1/60 sec, ISO2000)

街並みから肌を通して伝わってくるヒンドゥーな雰囲気・・・

それもそのはず、こんなものがありました。

クアラルンプール チャイナタウン ヒンドゥー寺院OLYMPUS E-M1MarkII, LEICA DG VARIO-ELMARIT 12-60mm / F2.8-4.0 ASPH. / POWER O.I.S. (14mm, f/2.9, 1/60 sec, ISO2000)

それはもう立派なヒンドゥー寺院です(笑)

一応その近くには中華系のスポットである関帝廟がありました。

クアラルンプール チャイナタウン 関帝廟OLYMPUS E-M1MarkII, LEICA DG VARIO-ELMARIT 12-60mm / F2.8-4.0 ASPH. / POWER O.I.S. (12mm, f/2.8, 1/60 sec, ISO2000)

しかしこんな風に↓すぐそばにビルが迫っていて、というか半ば一体化していて、かなり浮いてます(笑)

クアラルンプール チャイナタウン 関帝廟OLYMPUS E-M1MarkII, LEICA DG VARIO-ELMARIT 12-60mm / F2.8-4.0 ASPH. / POWER O.I.S. (12mm, f/2.8, 1/50 sec, ISO3200)

という事で、チャイナタウンに来たはずなのにやたらとインド系の空気漂う上、食べ歩きではなくパチモン街の色濃いペタリン通りでした。うーん。

 

そこから逆にペタリン通りの東の方へ少し歩くと、一本、如何にも美味しいものにありつけそうな通りがありました!

クアラルンプール チャイナタウンOLYMPUS E-M1MarkII, LEICA DG VARIO-ELMARIT 12-60mm / F2.8-4.0 ASPH. / POWER O.I.S. (52mm, f/4, 1/100 sec, ISO3200)

オープンエアのバクテー(肉骨茶)屋さんに腰を落ち着けます。

クアラルンプール チャイナタウン バクテーOLYMPUS E-M1MarkII, LEICA DG VARIO-ELMARIT 12-60mm / F2.8-4.0 ASPH. / POWER O.I.S. (12mm, f/2.8, 1/60 sec, ISO400)

こちらはニンニクの芽とポークの炒め物。

OLYMPUS E-M1MarkII, LEICA DG VARIO-ELMARIT 12-60mm / F2.8-4.0 ASPH. / POWER O.I.S. (28mm, f/5, 1/60 sec, ISO2000)

 

クアラルンプール チャイナタウンOLYMPUS E-M1MarkII, LEICA DG VARIO-ELMARIT 12-60mm / F2.8-4.0 ASPH. / POWER O.I.S. (54mm, f/4, 1/100 sec, ISO1250)

 

クアラルンプール チャイナタウンOLYMPUS E-M1MarkII, LEICA DG VARIO-ELMARIT 12-60mm / F2.8-4.0 ASPH. / POWER O.I.S. (12mm, f/4, 1/60 sec, ISO1000)

(写真は全て2月17日撮影)

 

チャイナタウンは微妙でしたが、最後に素晴らしい雰囲気と味に出逢えたので、今夜も最高の夜でした(^^)

 

さて、Days Malaysiaも六本目の記事になりましたが、実はなんと、この六本は全て滞在を始めて最初の週末の二日間の模様なのです。

この調子では一体いつ終わるやら・・・

しかしご安心下さい。残るは次の週末の夜だけなのです。何しろ本記事の後さらに仕事は佳境を迎え、次の週末は夕食以外ほぼずっとホテルにいましたので(°д°)

 

ではでは〜。

 

にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村 旅行ブログ マレーシア旅行へ

 

“Days Malaysia Feb. 2019  -6- 遠いKLタワー、そして中国人のいないチャイナ・タウン” への2件のコメント

  1. おはようございます。
    南国でスコールが多いんですね~。
    KLタワー クローズで残念でしたねw
    美しいタワーで月とのコラボも素敵です。
    展望台からの景色を楽しめて良かったですね。
    チャイナタウン 賑わっていますね~。
    お土産屋さん?の小さなチャイナドレスグッズが
    可愛くて目にとまりました(笑)
    中国人はいないみたいですね~。
    一本通りを隔てただけでガラッと雰囲気が
    変わるのも面白いですね。
    ニンニクの芽と豚肉 おいしそうです。
    日本人の口に合いそうですね^^

    1. はぴさん、こんにちは。
      はい、南国も南国、赤道のちょっと上ですからね〜。
      KLタワーは結局登れずじまいでした^^;
      チャイナタウンは名ばかりで、最近はバングラの人たちがどんどん増えているようです。
      時間があればおもしろグッズを探してみても良かったんですけどね。
      中華系の料理はどれも日本人好みでハズレが無いですね^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください