#1

 

#2

 

マジックアワーと呼ばれる宇宙ショーには二種類あります。

日が沈んでいくときのそれと、日が昇って来る時のもの。

何か違うのでしょうか?

いいえ、違いなんて意味はありません(笑)

が、あえて個人的に申し上げると、

前者≒心が落ち着いていく

後者≒心が昂ぶっていく

という感じかなあ。

なんてくだらないことを考えていると、次第に世の中がピンク色に染まっていきます。

もう少しで日が昇る・・・

・・・・・・・・・

・・・・・・・・・

あれれ??

 

もう日の出の時刻なのに、太陽さん、見えないよ・・・

どうも東の地平線がもやもやしているようです。

はてさて、ミカン畑の中をデミオで爆走してきたプチ撮影行、この後どうなることやら^^ゞ

 

P1027796.jpg
 個人的に最近最も気になっているニュースといえば、
 スティーブ・ジョブズ氏の再療養です。
 昨年5月に導入したMacbook Proですが、購入に際しては細君に対して、
 こんな魅力を訴えたり
 こんな安心材料をまわりくどく説明することで
 なんとかMacをメインPCに据えたのですが、
 実はMacに替えた本当の理由は全然別のところにあったのです。
 これを言うと細君に怒られそうですが・・・。
 つまり
 「アップル健在のうちにアップルワールドを堪能しておきたかった」
 ということです(笑)
 かつて健康不安説を押しのけてiPhoneで一気にブレイクしたジョブズとアップル。
 今が絶頂期であることは間違いない一方で、それがジョブズという一本の細ーーーい糸に支えられた
 実に脆弱な絶頂期であると感じている人は少なくないと思うんです。
 ほら、よく言われますよね。
 ジョブズのアップルだけでなく、孫さんのソフトバンク、柳井さんのファーストリテイリングなど
 経営者がカリスマであるが故に、経営者自身がその企業にとっての最大のリスクである、という話。
 
 アップルについても、一部の記事(ジョブズはアップルに戻らない:newsweek)において、
 ジョブズスピリッツは十分にアップル社内に受け継がれている、とする向きもあるようですが、
 かなり楽観的な見方でしょう。
 で、こんなに早く再療養のニュースが流れるなんて予想できませんでしたが、
 いずれにしろジョブズが健在でアップルが輝いているうちに、アップルの世界観を
 一度でいいので堪能しておきたいと思ったわけです。
 ICT関連の仕事に携わる上で、これだけ一世を風靡したアップル、そしてMacの世界に
 一度でも浸ったことがあるのと無いのとでは、大きく違うかなあ・・・って思いませんか?
 あれ?別に思いませんか?
 ・・・今日書いていることがMacに替えた本当の理由、なんていいながら
 こちらの方が偉大なる建前、になりつつある気が・・・(爆)
 写真は三ヶ日の畑のニョッキリとした大根です^^

#1
20110110YumenoKakehashi01.jpg
#2
20110110YumenoKakehashi02.jpg
 綺麗な星空と凍てつく夜は表裏一体・・・
 そんな覚悟のもと、三ヶ日の実家から天竜川を上ること約1時間。
 船明ダムの「夢のかけ橋」へとでかけました。
 1月2日の夜のことです^^;
 夢のかけ橋は、実は以前にも星空を狙って出かけ、雲に覆われて惨敗に終わった
 曰くつきのロケーション。
 もっとも、前回は雲の流れがそれらしく写って、それはそれで面白かったのですが・・・
 <前回の戦果
 ということで、今回は激寒の中、満点の星空に出会うことができました。
 なんだか最近、三浦からの富士山といい、リベンジものが多いですね(笑)
 ただ残念というか、誤算だったのは川の水量。
 前回は水量が豊富で、川面のツルツルした質感が良かったのですが、
 今回はかなり干上がっており、手前の川面は殆ど入れることができませんでした。
 それもそのはず、前回は10月ですからね。
 いやいや、写真って、奥が深いですなあ。

20100807フンボルトペンギン.jpg
 「フンボルトペンギン」というペンギンです。
 前回同様、3月の帰省時に行った浜松市動物園にて撮影。
 ・・・・・・ペンギンさん、結構目付き悪いですね。
 「何こっち見てんだよゴルァ(ー’`ー;)」的な。


20100803鳥 007.jpg
 事後で申し訳ないですが、グアム関連は前回で終了でございますm(_ _)m
 で、今回の写真は・・・
 3月に三ケ日に帰省した時の一枚(´Д`;)
 ええ。3月に三ケ日で動物園に行きましてね。
 今思い出したわけです。
 「在庫があったな」って。
 え?「もっと正確に表現しろ」って??
 はい・・・。
 「俺、3月から在庫を溜め込んだままブログ更新してなかったな」
 それはさておき、最近筆者の関心を一手に集めているのが下記の分野でございます。
 「6〜7人乗りでスポーティな走りができる車は・・・??」
 いやいや、筆者的には
 「車ってのは5人以上乗るもんじゃないんだ!」
 と言いたいところですが、実は細君がただいま臨月でして。
まもなく4人家族になるわけです。
 そうするとどうしても帰省時などに6人乗りなどの需要が出てくるわけでして。
 そんな中筆者が関心を持っているのが下記の二車種。
 プジョー 308SW
 シトロエン C4Picasso
 う〜ん、悪くないんだけど、
 どうしても中途半端な乗り味にならざるを得ない様で。
 そもそも7人乗りなんていうスタイル自体が特殊なのですかね。
 やっぱり5人乗りなのかな〜なんて思い返してみたり。
 悩ましいなあ。
 

091008lake.jpg
 竜maxを連れて、浜名湖東岸から湖西連峰を望みます。
 大気と水面の微妙な屈折率と反射率が作用し、様々な色の変化を見せてくれます。
 ただしその変化に心を奪われ過ぎて時の経過を忘れると大変なことになります。
 帰ってから細君に小言を言われます(◎´・ω・)
 もとい、何度もこの場所へ通いたくなります。
 むむ、そうすると余計・・・
 いやいや、竜maxのDNAに美しい景色を焼き付けるための大事な工程なのです(爆)
 いつも勝手な言い草に付き合ってくれる細君に感謝です…^^ゞ

091005YuiSea.jpg
 帰省の途中で立ち寄った、東名高速の由比パーキングエリア(下り線)から望む海です。
 このPA、昔からお気に入りで、東名を使う際にはほぼ毎回ここで休憩します。というと何やら実に便利で快適な施設のようですが、本当に小さなPAで、実はトイレと自販機しかありません(笑)
 でも魅力は何といっても海の近さ。テトラポットが積まれた本当にすぐそばに車を止める感じです。ボーっと海を眺めて、「さ、もうひと頑張り走るか」っていうシンプルなリフレッシュの仕方が、人ごみ嫌いでズボラな筆者にピッタリなんです^^
 そういえば遠い記憶で、筆者の親も、神奈川の親戚の家に遊びに行った時には由比PAをよく使っていたような気が・・・