Leitz Canada Tele-Elmarit 90mm F2.8 on E-M1 Mark II 絞り開放  烏山川緑道にて

New Nikkor 50mm F1.4S on E-M1 Mark II 絞り開放 (ピントがどこに合ってるのか分からない・・・多分サドルの後ろの辺りかな^^;)

緑道というのはある意味止まり木(もしくはBar、バル)のようなものだなと思うのです。

公園などとは少々趣が異なり、それを目的にやってくるというよりは

「云々へ行く途中に何となく緑道を通ってから行こうかね」だとか

「さほどの用事もないし散歩がてら緑道でもぶらぶらしようかね」だとか

そんなささやかな「ついで」の癒やしを求めた人々が奇遇にも寄り集まって様々な日常的な人間模様を醸し出す、そんな場所なんじゃないかと思うのです。

筆者はそんな緑道が学生の時分から殊のほか気に入っていて、緑道を目的として散策をする甚だ珍妙な生き物なのであります。

ちなみに筆者、バーなるものへは数えるほどしか行ったことがありません(内緒)。一方、居酒屋になると今度は数え切れません(これは違う意味で内緒w)。

 

さて、ここからが暖かいまなざしのお話です(^^)

Read More →

E-M1 Mark II + Zoom-NIKKOR Auto 43-86mm F3.5

先日、大先輩から素晴らしく渋いレンズを頂きました。

Zoom-NIKKOR Auto 43-86mm F3.5

1963年に発売された「国産初の標準ズームレンズ」、通称「ヨンサンハチロク」です。

オールドレンズと来れば居てもたっても居られません。とるものもとりあえず・・・

 

  ドーーーーン!!!

Read More →

今日は朝からそわそわでした。

昼間、クロネコさんのサイトで確認するのが面倒だったので細君にLINEで訊いても、

筆者「届いた?」

細君「ニヤリ」

筆者「届いた?」

細君「フフフ」

筆者「届いた?」

細君「焦らない焦らない」

こんな感じではぐらかして来るのでクロネコさんに確認したらとっくに着いてましたとさw

 

それからの業務時間の長い事長い事・・・しかも繁忙期につき遅くまで残業・・・何百年か経ったんじゃないかって思うくらい・・・家に帰ってオリンパスの箱を開けたらケムリが出てきておじいさんになっちゃうんじゃないかって思うくらい・・・

 

そしてやっと帰路に就きながら、こんな事を悩みました。

「帰ったらもう遅いしやるべき事を絞らないとな・・・箱を開けたら、Mark II「の」写真を撮ることをメインにしようか、それともMark II「で」写真を撮る方に集中しようか・・・」

日本は平和ですね。そして筆者の脳内はお花畑ですね(笑)

ま、結局両方やらずには寝られないから考えても無駄なんですが(・∀・`)

と言うわけで前置きが長くなりました。行きますよ・・・

 

ドーーーーン!!!

 

いきなりオールドNikkorレンズで失礼しますw

Read More →

wmpb202613

wmpb202621

wmpb202629

wmpb202627

wmpb202654

まねき猫で有名な、世田谷区は豪徳寺の紅葉が見頃でした。

写真は全てMFのタムロンSP90mm F2.5をマウントアダプターを介してPEN E-P3に付けて撮っています。MFでじっくりピントを合わせてキレイな絵が撮れた時は本当に気持ちが良いです^^

が、腕がプルプルするので手ぶれ補正が大活躍!(笑)

にほんブログ村 写真ブログへ

image1

先日、細君と入籍して10年の記念日を迎えました。

この写真の猫さんたちは、元々は別々のところに居たのですが、結婚を機に一緒に暮らすようになった、もう一つのカップルです。

白い大きな猫さんは、筆者が独身時代に下北沢のアジアン雑貨屋で見つけたもの。

黒い小さな猫さんは、義父が元々持っていて、細君の嫁入り道具(笑?)に何故か入っていたもの。

運命なんていうベタなことを考えてしまう不思議なお話です^^;

Read More →

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

#1:久々にE-P3にTAMRON SP90mm/F2.5を挿し込んでみた。開放。

 

いや〜なんで日本人は年末に大掃除なんていうだいそれたことをするんでしょうね〜。やれ窓だの網戸だの土間だの・・・もう全世界でも屈指のO型たる筆者には信じられません。まあブツクサ言いながら、今年もやりましたよ、大掃除。ええまあ、そりゃあ、O型なりに・・・。

 

ちなみに筆者は、ゴミやホコリを掃除するのは大嫌いですが、モノを整理して並べたりするのは好きです。こんな風に、今年からお世話になり始めたプジョーのライオンくんをいい感じに並べたりする仕事なら、もう喜んで引き受けるんですけどね^^;

 

さて、大掃除も一段落して、チャリンコで気になっていた、シフトが上手く決まらない時があるという現象に対処してみました。真っ先に思いついたのはシフトワイヤーの「初期伸び」。というわけで、リアディレイラーのワイヤー調整ツマミをクルクル回して具合を見てみました。ここですね↓

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

#2

 

だいぶ良くなりましたが、それでも100%とはいきません。これはもうちょっと時間をかけて調整ですね。

 

・・・なんてことをやっているうちに、チャリンコも大掃除をしたくなって、チェーン、スプロケ周りをガッツリ大掃除し始めちゃいました^^; 普段はチェーンクリーナーでガシャガシャやって終わりなのですが、今日は先日買った100円ショップのキッチンペーパーももちろん総動員でスプロケから細かいプーリーまで汚れを落として(そこはやはりO型なのでスプロケ分解したりはしてませんが^^;)、新品っぽい輝きを取り戻してみました。いや〜気持ちいいっすね(爆)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

#3

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

#4

 

ところで一つ気になっていたことを。タイヤの空気圧。何もしてないのにどんどん上がってるんですよ、奥さん。

いえね、このさむ〜い季節、下がるなら理解できます。冬に下がるならセオリー通りですよね。でもね、1〜2週間毎に空気圧チェックすると、上がってるんですよ。これって、タイヤの材質とか何か、関係あるんですかね。う〜ん。まあ、定期的に空気圧チェックしてるので破裂することも無いでしょうから、別に大きな問題ではないのですが、好奇心的に興味あります。なんで〜???

 

ではでは〜。