CIMG4163S.jpg
 今日はハテの浜へ行く。
 小型のボートに30人くらい詰め込んでトコトコと進んでいく。澄んだエメラルド色の水面から、サンゴの影が見え隠れする。空は快晴、まさに久米島のクライマックスにふさわしいコンディションである。
 そのような中、筆者の全身ヤケドは ・・・つづき

CIMG4106S.jpg
 開店前の沖縄そば屋に押し入り、ハイオク(※)満タン現金払いで燃料補給後、泊港へ向かう。台風一過の晴天全開の那覇市内を、汗だくで闊歩する。硬派はタクシーなど利用しないのである。
(※レギュラー=普通の沖縄そば、ハイオク=ソーキ(角煮)そば)
 久米島行きのフェリーは、通常であれば8時半出航なのだが、台風の名残でまだ若干波風が高いため11時にダイヤ変更されている。
つづき・・・

CIMG4083S.jpg
 友人のアサノ(仮名:29歳)と久米島を蹂躙する旅に出た。何でも、商社勤めのアサノがこの秋にシンガポールに島流しにされるというので、最後にハメを外しておこう、という算段である。
 無論、筆者は向ヶ丘遊園でも屈指のハードボイルド派で知られている男なので、ハメを外すといってもたかが知れているが、とにかく美味い泡盛と美しい海があれば後はなんとでも楽しめるだろうということで、後先を考えず海を越えてみることにした。
 参考までに、久米島行きが決まった経緯をメールの抜粋で記しておくと、以下の通りである。
  筆者:「沖縄いいなあ」 (元ちとせがTVで歌っているのを聴きながら)
  アサノ:「うむ。いいなあ。行くか」
  筆者:「おう。行こう」
 以上である。いかにもハードボイルドな、硬派にそぐわしい旅の始まり方と言える。
・・・つづき