071111Gouda.jpg
 ポルトガルへ行った帰りにアムステルダムのスキポール空港で購入したワッフルです。
 買った当初は何も思わなかったのですが、よくパッケージを見ると、そこには
 「Gouda’s Gilde」
 と書いてあります。オランダの有名な菓子銘柄らしいのですが、筆者の頭に何かがひっかかり、回転を始めます。
 「ゴーダ’s ギルド」?
 「ゴーダ 商工組合」?
 「ゴーダ 商店」?
   ・
   ・
   ・
   ・
   ・
 「剛田商店」!?
071111Gouda02.jpg

P7192139.jpg
 朝から胸のすくような青空。待ちに待ったロカ岬リベンジの日にこんな好天に恵まれるとは・・・!
 まずは現在地ポルトからリスボンまで移動し、リスボンからローカル線に乗り継ぐことになる。
 ポルトガル国鉄が誇るAlfa Pendularは最高時速220km超、ポルトーリスボン間を2時間45分で結ぶ。新幹線的な位置付けだと思うのだが、線路的には普通の在来線と同じ線路を使っている。これで時速220kmも出して大丈夫なのだろうか。カーブで異常に揺れるのだけは勘弁していただきたい。
 ・・・他の写真&続き

P7182017.jpg
 今日は日帰りでドウロ川ポートワイン巡りの日。久々に、朝から最高の青空である。
 ドウロ川上流地域はブドウ畑地帯となっており、そこでとれたブドウ、もしくはそこのワイナリーで作られたポートワインがドウロ川を船でポルトまで運ばれてくる(今は主に鉄道が使われているらしい)。ちなみにこの地域の景観、ならびにポートワインの製法が、世界遺産に登録されている。
 そのドウロ川を車窓に眺めながの1時間半ほどの列車の道程は飽きることが無い。緑色の川面とそれに沿った斜面に張り付くように並ぶブドウ畑と赤い屋根の家々。真っ青な晴天に恵まれたおかげで、コントラストが非常に美しい。
 ・・・他の写真&続き

P7171726.jpg
 今日はナザレへ向かう。昨日に引き続き朝から曇りがちである。
 ローカル列車を乗り継ぐこと3時間、無人の小さな駅にたどり着く。ナザレの最寄駅は、Valadoという駅である。駅前には一軒のカフェがある以外は人通りもない。ナザレの市街地まではバスで10分とのことだったので、地元のおばちゃんと一緒に30分程バスを待つ。
 ・・・他の写真&続き

 ※しばらくご無沙汰しておりましたポルトガル日報。これまでの分はこちらからご覧下さい。
———-
P7151413.jpg
 朝から天気がよろしくない。
 エントレカンポスの駅から国鉄でシントラに向かい、そこからロカ岬までローカルバスにゆられる。が、途中から霧雨が窓を打つようになった。ロカ岬に到着した頃には完全な雨。いかに憂愁のポルトガルの、大陸の尽き果てる場所とはいえ、この雨は悲しすぎる。何しろ7月といえばポルトガルでは殆ど降水量の無い時期なのだ。 ・・・他の写真&続き