#1
090818Sky01.jpg
#2
090818Sky02.jpg
#3
090818Sky04.jpg
#4
090818Sky03.jpg
 先週土曜からこの火曜まで、急遽思い立って静岡は三ケ日の実家へ帰省して参りました。9月にも帰るのですが、竜maxのトコトコ歩きの姿を一日でも早く両親に見せてあげたいと思い・・・^^ゞ
 で、三ケ日は涼しい涼しいと感心していたら、東京も明日はぐっと涼しくなるようで。これはもしや、もしや、『秋の気配』ってやつでござんすか??夏はもう終わりでござんすか、旦那!
 というわけで悪あがきのごとく夏空のストックをアップします。写真は全て今年7月に訪れた石垣島の宿から見上げた空です。
 1枚目、なんだか中から天空の城が出てきそうな気がしませんか^^

090731Hibiscus.jpg
 ハイビスカスの芳香に
 あなたはどう立ち向かうか
 立ち向かえない素直なあなたは 夏の思い出にポチっとな↓
 http://ishigaki-mwt.com/
 石垣島2009シリーズ、これにて完結です。みなさまありがとうございましたm(_ _)m

090725Tshirt01.jpg
 南の海に面した窓は常に人を誘惑します。
 昼は青い空と青い海が視覚を通して心を昂ぶらせ
 夜は波の音が聴覚を通して泡盛のグラスを傾けさせます。
 南の窓は罪深い。

090723Michi01.jpg
 島にはこういう道がたくさんあり、どこからでも海へ駆けおりていくことができます。
 さとうきびがサワサワと、風に揺れています。

#1
090720Yaeyamasoba01.jpg
#2
090720Yaeyamasoba02.jpg
#3
090720Yaeyamasoba03.jpg
 石垣島の来夏世(くなつゆ)という名前の八重山そば屋さんです。
 どえりゃあうみゃあです!エビフリャアよりうみゃあです!
 すみません、興奮しすぎてついつい郷里の言葉が・・・。しかも比較の対象に微妙な違和感が・・・。
 1枚目の奥の小鉢はしまらっきょうの漬物。こいつをつまむと泡盛が欲しくなりますが、運転中、運転中、と自分に必死に言い聞かせます(笑)
 今週は四日間、初日からラストスパートの気分で一気に駆け抜けたいものです。

#1
090718Jungle01.jpg
#2
090718Jungle02.jpg
#3
090718Jungle03.jpg
 ヤエヤマヤシの原生林です。
 常に強い陽射しとの闘いだった石垣島にあって、ここには冷たくしっとりとした空気が漂っていました。ひと時のオアシスです。
 入り口にはマンゴーやドラゴンフルーツ、グァバなどの獲れたての南国フルーツを無添加生絞りジュースにして提供する小さな店があり、筆者はパッションフルーツの甘酸っぱいジュースで癒されたのでした。
 ところでどーでもいいですが、
 「ヤエヤマヤシ」
 って、一文字おきに「ヤ」が出てくるので、実に読み間違えを誘う文言だと思いませんか。
 「ヤマヤマヤシ」
 「ヤエヤエヤマ」
 「ヤマモトヤマ」
 などなど・・・。

#1
090715MorningBeach01.jpg
#2
090715MorningBeach02.jpg
#3
090715MorningBeach03.jpg
 いきなりですが、1枚目の巻き髪の女性は知らない人です・・・ごめんなさい(笑)
 昼のビーチは陽射しが強すぎて、かつ初めて飛行機に乗った竜max氏の体調が万全ではなかったこともあっていわゆる海水浴は自粛したのですが、宿の前がビーチだったので、朝食の後などにこうして朝の人気の無いビーチを散策して楽しみました。
 本格的に海に入るのは、数年後に記者としても一人前になった竜maxが、改めて海水浴についても取材できるまでのお楽しみです^^