#1

#2

「アートフィルター?なんですかそれ」
といわんばかりのファンタジックフォーカスっぷりを見せつけるNew Nikkor 50mm F1.4S。
M4/3-4/3アダプターと4/3-Fマウントアダプタを合体させてねじ込んでみました。

さて、先週は節電ということで全社あげての強制夏休みでした。
というわけで特に休みたくて休んだわけでもないので、ずっとおうちにおりました。
ところがまあそれはそれは波乱万丈。

◆日曜: 宗maxの卒乳作戦第一日(授乳を寝る前の一回のみに)。

◆月曜: 宗maxの卒乳成功。細君と宴会。

◆火曜: 竜maxと電車で新宿のマップカメラへE-P3を買いに。

◆水曜: 竜maxとクルマでよみうりランドのプールへ。

◆木曜: 竜maxとクルマで幕張のトミカ博へ。

◆金曜: 夏風邪でダウン。

◆土曜: 夏風邪でダウン。

◆日曜: 夏風邪でダウン。

こんな山あり谷ありの一週間でありました(笑)

#1

#2

#3

 

伊豆紀行、ようやく完結です^^;

西伊豆は土肥町の宿のそばからの夕景です。

この頃も暑かったことを覚えていますが、

絶対今みたいにジメジメ不快な暑さじゃなかった・・・

爽やかな暑さの伊豆が懐かしい・・・

 

#1

#2

 

西伊豆旅行の続きです。

本当に今回は好天に恵まれました。

 

海岸沿いを土肥町に向かって北上していると、不意に海の向こうに山の影がぽっかりと・・・

こんな光景が見えてしまったら、道端に車を止めて眺めるしかありません^^

 

二枚目は富士山は写っていませんが、伊豆スカイライン(のどこか)から

伊豆長岡、沼津方面の絵です。

 

あと一回、伊豆紀行にお付き合い下さいまし。

 

#1:バナナのジャングル
#2:大きなお口を開けているのにおはなししないワニ
#3:レッサーパンダ
#4:ゾウガメ
#5:大島の三原山がくっきりと見える

 

先週、短い夏休みで西伊豆旅行へ出かけました。

いやはや暑いの何の。

でも、その暑さも、東京の真ん中では許せませんが、伊豆でなら許せるというものです^^

 

今回はその前半、熱川のバナナワニ園の写真です。

ワニやらカメやらレッサーパンダやら、我が家の怪獣たちが喜びそうなものが大勢出迎えてくれましたよ。

 

そんな中、竜max(3)は、

「ワニさんは、あんなに大きなおくちをあけているのに、どうしておはなししないのかなあ」

・・・

確かにワニの鳴き声って聞いたこと無い・・・

どなたかワニの鳴き声を聞いたことありますか?

 

 

さぁ〜皆さん逃げて〜!!怪獣が・・・!!

まあ、怪獣一家はいつもこんな感じですよ(笑)

もうね、すべての物を豪快に破壊しながら進んでいくわけです。

しかも、たまに上の竜max(3)と下の宗max(11ヶ月)が結託するときがありまして、

もうそれはひどいもんです。

「ジェットストリームアタックかぁっ!!!」

と言いたくなります。

 

あ、そうそう、新しい職場では、タイ英語やベトナム英語にまみれてます。

ヘルプミー!!

高山市から北アルプス山脈を越え、途中白骨温泉に立ち寄って帰京します。
北アルプスを越えると言っても、今では安房トンネルという長大なる有料トンネルが山脈を貫いているため、さほど厳しいものではありません。
とはいえ、高山市郊外から見え隠れする北アルプスは峻険そのものであり、「むむ、あれを越えるのか」と緊張を覚えずにはおられません。
070526Takayama_back01.jpg
#1 高山市郊外から雄大な北アルプス山系を望む。方角的に乗鞍岳あたりかと
070526Takayama_back02.jpg
#2 白骨温泉の公共野天風呂(500円)
白骨温泉は、かつて「入浴剤騒動」で一世を風靡した温泉郷であります。もちろん今ではそのようなチープなものは使用していないもよう。
山林と清流に抱かれて浸かる野天風呂はワイルドそのものであり、野生の本能をかきたてることこのうえありません。この時ばかりは、一部の人が満月風のものを見るとオオカミになる気持ちが理解できるというものです。
070526Takayama_back03.jpg
#3 中央道のサービスエリアの軒下にて。ツバメに熱い視線を送る筆者に、周囲から視線が集まる(助手兼妻談)
070526Takayama_back04.jpg
#4 高山で購入した地酒「山車(サンシャ)」。俵の中にはガラスのビンが仕込まれており、非常時には補給も可能
070526Takayama_back05.jpg
#5 「山車」という強力助っ人が加わり、さらに層の厚みを見せる超人日報本社食堂
E-410を伴った初めての旅行でしたが、その機動力に大いに助けられました。特に最終日の白骨温泉で裸で風呂場を撮影した際など、通常風呂場に一眼レフを持ち込むなど考えられないのですが、E-410ではまるで気負いの無い自然なスタイルで撮影することができました。
もっとも、ワイルドな自然に囲まれて、身も心も野趣一色に染まりきっていたことも要因かもしれません。
いやはや、優秀な相棒です。

#1:OLYMPUS E-410+Zuiko Digital ED40-150mm F4-5.6
F13 1/200秒 ISO100 露出補正:0EV
#2:OLYMPUS E-410+Zuiko Digital ED14-42mm F3.5-5.6
F8 1/200秒 ISO100 露出補正:0EV
#3:OLYMPUS E-410+Zuiko Digital ED40-150mm F4-5.6
F5.6 1/125秒 ISO400 露出補正:0EV
#4:OLYMPUS E-410+Ai Nikkor 35mm F2
F4 1/13秒 ISO400 露出補正:+0.7EV
#5:OLYMPUS E-410+Zuiko Digital ED14-42mm F3.5-5.6
F3.5 1/15秒 ISO800 露出補正:0EV
※画像はPhotoShopにて圧縮済(サイズ以外の画質補正無し)。詳細はExif情報参照