取材専用ゲルググ(マスターグレード)完成

2020年5月21日

071027Gelgoog01.jpg
義兄よりMG(マスターグレード:1/100スケール)のゲルググをいただいたので、取材専用機として早速ドック入りさせ、構築を行った。
これでいつ連邦の白いやつが出てきても迎え討つことができるであろう。
071027Gelgoog02.jpg
さすがはMG、HG(ハイグレード)のモビルスーツと並べると、親子ほどの差がある。
071027Gelgoog03.jpg
こちらは職場の先輩から結婚祝いにいただいた、組立て不要のMSと並べたところ。MGゲルググの大きさもさることながら、一個小隊としての迫力は圧巻である。
071027Gelgoog04.jpg
MGはその精密さも特筆モノである。指も、親指、人差指、その他の指が個別に可動となる。
071027Gelgoog06.jpg
肩間接にはラバー素材の緩衝材があしらわれ、胸や肩にはジオン軍紋章や型式名などのデカールを貼り付けることができる。
071027Gelgoog05.jpg
足と腰のスカート内にはバーニアが。
071027Gelgoog07.jpg
足のスカートの中。メッシュパイプなどがリアルに表現できる。
構築作業は、筆者が切り取りと組立て、助手兼妻のKがやすりによるバリ取り、という具合に役割分担をして当たったのだが、それでも4時間近くかかっていたことに後から気付き、その工程の多さに驚くとともに、このような作業に一日の大半を費やす夫婦というのもそうそう居るまいと自ら驚嘆したものである。