クリスマス的イルミネーション@おうち

2020年5月21日

071225Tree01.jpg
#1
なんとも切ない見出しでお伝えしております超人日報紙でございます。まるで街のイルミネーションを見に行きそびれて、負け犬の遠吠えのような・・・。
でも安心してください。切なくもなんともありません。全然ありませんよーだ。。
わざわざ自宅でこんなことをしている理由は、報道機関としての使命感です。
というのも、季節柄キレイなイルミネーションの写真を楽しませてくれるサイトさんがたくさん居られる昨今、時代の先を行くはずの本紙がそれらしい絵を載せないとあっては、世田谷区を代表する報道機関としての面目が立たないわけです。
というわけで、何年か前に東急ハンズで買ったチビクリスマスツリーで遊んでみました。久しぶりに、露光間ズームという地味な小技を駆使してみたのが上の写真です。
さらに、「ライトが点滅する」という特徴を利用して、「多重露光」的な効果も加えました。つまり、露光時間を5秒程度と長く取り、その間にゆっくりズーミングします。ライトが光った瞬間だけ輪郭がはっきり写るため、このように何重にも重なって見えます。「分身の術」みたいなものです。
こんな難しいことが気軽に出来るのも、何度でも撮り直せるデジカメならではだなあと、思います。
そして下の写真が、何もしないで普通に撮ったツリーです。
071225Tree02.jpg
#2
結局普通に撮ったツリーの方がほっこりとして落ち着くような気もします。
さて読者諸兄の皆様、遅れ馳せながら、メリークリスマス。

#1,#2:OLYMPUS E-410+Zuiko Digital ED14-42mm F3.5-5.6

にほんブログ村 写真ブログへ