冬の樹

2020年5月21日

080106Tree01.jpg
#1
080106Leaf.jpg
#2
080106Tree02.jpg
#3
世田谷城址公園へ冬の樹の模様を取材に行ってまいりました。
樹という生き物は我々人間や動物にとってとてもありがたい仕組みになっていて、暑い夏の日には日差しをさえぎってくれ、寒い冬の日には暖かい陽光を届けてくれます。
しかし樹を観察すればするほど、樹という生き物は決して人間や動物へのボランティアをしている余裕があるわけでなく、やはり自分が生きるために一生懸命活動しているのだろうな、と感じます。
役目を終えた葉をこうして散らせた今、次の春が来るまで、密かにその体内に樹液を循環させながら体力を温存し、じっと寒さに耐えているのでしょう。樹の肌を見つめていると、樹液の流れる音が聞こえてきそうです(聴診器を当てると本当に聞こえるそうですね。筆者はやったことないですが・・・^^)。

#1:OLYMPUS E-410+Zuiko Digital ED14-42mm F3.5-5.6
#2,3:OLYMPUS E-410+Zuiko Digital ED40-150mm F4-5.6

にほんブログ村 写真ブログへ