瀬戸内旅日報2008 Vol.19 -祖谷渓(いやけい)-

P2044851.jpg
#1:大歩危小歩危の船下りの船頭のオッサン

P2044867.jpg
#2:大歩危の渓谷。深い緑と、切り立った崖

P2044913.jpg
#3:大歩危の清流

P2044934.jpg
#4:小便小僧と共に祖谷渓を望む。かつてここを通った旅人は、ここで立小便をして肝っ玉の座り具合を競ったという

 大歩危小歩危と、祖谷渓です。鳴門からレンタカーで3時間くらいでした。
 実は、こういう当たり前に美しい風景を当たり前に美しく撮るのが苦手なんです。もう、壮大すぎて何が何だか分からず、何をどう撮っていいのか分かりません。言い換えると、目で見て感じた素晴らしさをそのまま写真にすることができないというか・・・。くだらないモノや変なモノを撮るのは好きなのですが。センスというものがないのでしょうね。
 まあ、あまり写真にこだわりすぎても旅に笑われるので、今日はこのくらいで勘弁してください(なんのこっちゃ・・・)。
 次回から、大鳴門橋です。こちらは量だけはたくさん撮ったので、選ぶのが大変です^^ゞ
にほんブログ村 写真ブログへ