瀬戸内旅日報2008 Vol.21 -大鳴門橋の夜明け その2-

P2055069.jpg
#1

P2055039.jpg
#2

 夕陽のようですが、朝日です。
 さて、早朝の大鳴門橋の撮影についてちょいとウラ話。
 実は昨日の日の出の写真よりもっと早い時間に、結構たくさん写真を撮っていたんです。下のような長時間露光の写真です。
P2054980.jpg
 ところが、なんとことごとくボツになりました・・・。このくらいのサイズでは分かりづらいのですが、実はブレブレなんです。低周波のマッサージ器具みたいに、小刻みに「プルプルプルプル」って震えてる感じです。車のライトの軌跡なんて、それはもう大そうゲジゲジです。もちろん、ちゃんと三脚は使ってたんですよ。
 犯人は、風。
 もう、すごいのなんの。それはもう、「俺、室戸岬の台風のレポーターなんじゃないか」的な悲壮な強風だったんです。三脚も、旅行用とかではなくて結構ちゃんとした三脚でしたし、カメラに風が当たらないように体を張ってカバーしていたつもりだったのですが、帰って来てPCの画面で見てみたら、ちゃんとブレてました・・・。デジカメのモニターで見てたときは綺麗に撮れてると思っただけに、余計にショックでした・・・(涙)
 こういう風の強いときは、どうするんですかね。まあ、風の強いときに敢えて長時間露光なんてするなと、そうお天道様が言ってるってことですか・・・^^ゞ
にほんブログ村 写真ブログへ