紺碧と赤土のコントラスト – トンレサップ湖 | Life on the water

カンボジア トンレサップ湖

シェムリアップの町からバイクタクシーでトンレサップ湖へ向かう。片道15kmほど、1時間弱の道のり。運転するのはもちろん自称20歳の青年キム。

カンボジア トンレサップ湖

高床式の民家。暑さを避けるためだろう、庭にはこのようなテントとハンモックのセットがよく見られる。ここに洗濯物も干す。

カンボジア トンレサップ湖

シェムリアップ川沿いには高床式の水上家屋。この時は乾季だったが、増水するとどういう景色になるのだろうか。台風が来たら吹き飛んでしまわないのだろうか。

カンボジア トンレサップ湖

トンレサップ湖へやってきた。湖の周りにも所狭しと水上家屋がならぶ。漁業を営む人々、あるいは水運を利用して商売をする人々だろう。

カンボジア トンレサップ湖

水上で野菜や雑貨を売る女性。船の舳先にしゃがんで櫓を操っている。そのバランス感覚たるや超人の域に達していると言っても過言ではないであろう。筆者は心の中で彼女に「舳先超人」の称号を贈った。

カンボジア トンレサップ湖

この人は漁業をしていたようだ。

カンボジア トンレサップ湖

筆者にとって盲点だったが、考えてみればガソリンスタンドがなければ困るのである。

カンボジア トンレサップ湖

少年達。

カンボジア トンレサップ湖

少年達は船でどこへ行くのだろう。学校である可能性は、残念ながら低いのだろうか。

カンボジア トンレサップ湖

家事を手伝う少女。見えづらいが、母親は小さな赤子を抱いている。

カンボジア トンレサップ湖

鳥たちも虎視眈々と獲物を狙う。

カンボジア トンレサップ湖

子供たちがこちらに気づいてくれた。そろそろトンレサップ湖を後にする。キムが待っている。

本日のお宿

インドからの胃痛腹痛持ち越しのため記録なし・・・

本日の出費

インドからの胃痛腹痛持ち越しのため記録なし・・・

[2000年12月6日]

 

※本連載は西暦2000年のインド〜カンボジアバックパック旅の手記を本ブログ向けに起こしたものです。記載内容は当時の手記そのものであるため情報は当時のものであると共に、筆者が学生だった頃の稚拙な文章であることを差し引いてご笑覧頂ければ幸いです。

 

紺碧と赤土のコントラスト – アンコール・ワット 記事一覧

'00 カンボジア
「'00 カンボジア」の記事一覧です。

インド二千年の旅

この旅の前半、インド編はこちらから御覧ください。

インド二千年の旅 プロローグ
あれは学生時代最後の冬のことでした。 生まれて初めて一人でバックパックを背負い、ビーチサンダルで冬の東京を飛び立ち、混沌と熱気のアジアへ向かったのです。 それは2000年の冬、インド(およびカンボジア)への3週間...

旅行記TOP

TRAVEL | TOP
「TRAVEL | TOP」の記事一覧です。

 

にほんブログ村 写真ブログへ

"にほんブログ</p

コメント

タイトルとURLをコピーしました