Show you my passion.

2020年5月22日

080616Soysource01.jpg
#1:横
080616Soysource02.jpg
#2:斜め上
醤油は本当に万能の調味料だと思います。筆者にとってこの世で最も美味なる調味料かもしれません。
そもそも醤油や魚醤をはじめとする「醤」と呼ばれる東アジア特有の発酵調味料が、また同時に東アジア圏特有の食文化を育んできたように思われます。
何をもって「東アジア圏特有の食文化」とするかは実はよく定義しきれずに書いていますが、端的に言えば、日本人は概ね、中華料理やベトナム料理をはじめとする東アジア料理については、ほぼ外れなく口に合いますよね。もちろんパクチーなど細かな食材には人それぞれ好悪がありますが、全体的な味付けとしては、アジアの料理にハズレは無いと感じる日本人が多いでしょう。
そういったある共通の味覚というものの、ベースとなるのがまさに「醤」由来の調理法なのではないかと考えるのです。
・・・と、焼酎を飲みながらそんなことを考えているうちに、醤油への愛情が沸々と湧き起こってきました。そして衝動を抑えきれず、夜中に一人で醤油のビンを接写するというエキゾチックな情景を演じておりました。
P.S.
こんな「食へのこだわり」チックなことを偉そうに言いながら、筆者は料理はあまりしません(爆)
作れるのは目玉焼きとスクランブルエッグくらいです。卵大好き。そして味付けはいずれも醤油がイチオシです。
にほんブログ村 写真ブログへ