PASSAGE

2020年5月22日

080802Toumei.jpg
出発駅、通過駅、そして帰着駅。
一つの駅は、それぞれの人にとって、それぞれの意味合いを持つのだろう。
ある時まで、名前さえ知らなかった小さな駅が
ある日突然、自分の毎日通う駅になり、
ある時まで、毎日のように改札をくぐっていた駅のことを
今ではもう、窓の外を通り過ぎるのも気づかないようになっている、
繰り返し。
この駅は、彼にとって、どんな駅だろうか。
彼女にとって、どんな駅だろうか。
・・・
さて、なぞなそです。
その日の朝まで自分の「出発駅」だった駅が、引越しもしていないのに
何故かその日の夜には「通過駅」になってしまうという、とても悲しいことがたまにあります。
それはどういう時でしょう?
ヒント:特に筆者のようにのみくぁwせdrftgyふじこlp・・・(爆)
にほんブログ村 写真ブログへ