夏の終わりに

2020年5月22日

080911Tamasky.jpg
『もうこれで本当に最後にしてください』
突然の通告に、後ろ髪を引かれながら、地下鉄の駅へ潜る
もう次に出遭うときには、頭上に広がる憂秋の空
P.S.
9.11 国境を越えて世界中の人々が共通に記憶する日付というのは
なかなかあるものではありません。
あの日の「ヒロシマ」「ナガサキ」のように、世界中の人々、そして子ども達が、
ずっと語り継いでいってくれれば、と思います。
手始めに、私は私の子供に、話をしていきたいと思います。
にほんブログ村 写真ブログへ