お嬢さんをラオスに連れて行ってもいいでしょうか。 | ラオス旅行記【果たして僕は結婚出来るのか?】

ラオス旅行記【果たして僕は結婚出来るのか?】(2005年)

2005年夏のある日、僕は彼女の自宅でご両親と初めて対面していた。

「お嬢さんを僕に下さい」

などというありきたりな話をしに来た訳ではない。

「地球の歩き方」のページをペラペラと繰りながら、ラオスという国がいかに素晴らしく、治安が良い国であるかという事を滔々とプレゼンテーションしていたのだ。

かつ、僕はこれまでこんな国やあんな国にバックパックで訪れていまして、旅に関する知見は非常に豊富でございまして、僕に任せてもらえれば何の不安もございませんので、つきましては、

 

「お嬢さんを・・・ラオスに連れて行ってもいいでしょうか」

 

という、一般的なご家庭のお嬢さんのご両親であれば比較的どう答えれば良いのかよく分からないであろうマニアックなお題を投げかけた訳だが、結果的には平穏に了解を頂く事が出来た。

大変ご理解のあるご両親と、プレゼンの成功を助けてくれた「地球の歩き方」に深謝である。

 

もちろん、わざわざご両親にここまで大見得を切ったからには、ただ彼女とラオスに旅行に行って帰ってくるだけで終わるつもりはない。

実は、ビエンチャンのメコン川のほとりでビアラオを飲みながら彼女に結婚を申し込もうという算段なのだ。「ビエンチャンのメコン川のほとり」というのは、これまでの旅の中で最も気に入っている場所の一つである。

つまりは、ご両親からラオス旅行の承諾を得る事が出来たものの、それは単なる序章に過ぎない。人生を賭した本当のプレゼンテーションは成田空港から始まるのである。

ラオス旅行記 地球の歩き方

SONY ILCE-7M2, TAMRON 28-75mm F/2.8 Di III RXD (Model A036) (43mm, f/2.8, 1/60 sec, ISO500)
2002年のラオス旅でもお世話になった一冊

ラオス旅行記【果たして僕は結婚出来るのか?】記事一覧

ラオス旅行記【果たして僕は結婚出来るのか?】(2005年)
「ラオス旅行記【果たして僕は結婚出来るのか?】(2005年)」の記事一覧です。

2002年のラオス旅行記

プロローグ | ラオス旅行記【メコンを渡れば、ラオス時間】
2002年に訪れたラオスという小さな国。 この国の名前を聞いて場所を思い起こせる日本人はどれほどいるだろう。 かく言う僕も、最初からラオスと言う国を目指していた訳では無いように思う。 タイの夜行列車に乗りた...

旅行記TOP

TRAVEL TOP
WHAT'S UP 更新履歴  TRAVEL NOTES 旅行記海外旅行 VIEW MORE ▶ 国内旅行VIEW MORE ▶ 旅コラム - 僕らが旅に出る理由...
[PR]【カメラの買取屋さん】最短30分査定、即日現金化。22時まで電話受付中
[PR]カメラお試し利用【シェアカメ】送料無料・最短翌日お届け
にほんブログ村 アジア旅行ブログへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました