燦々たる日々に

2020年5月22日

081231Sunset01.jpg
箱根・丹沢の峰々に沈む夕日。東京・世田谷区より
すぐ横で寝息を立てる小さな彼と
出会うことができたこの一年に 別れを告げようとしている
そして間もなく 新しい一年を迎えるにあたり
この小さな彼にとって これから何十年も続くであろう試練の日々を
思わずにはいられない
なんということだ
私は
未だに自らの人生すら幾十年も残している私は
二人分の試練を背負いこんでしまったのか
その試練は
二重の苦しみであり 二倍の悲しみであり 二人分耐え忍ぶことであり
しかし同時に それらを乗り越える
はかり知れない 喜びであるに違いない
だから
彼と出会うことが出来た 燦々たる日々にしがみついたまま
昇り来るものから 目を背けてはならない
2009年 よいお年を

今、三ヶ日の実家にいます。コメントへの返信が遅れ、また皆様のところへのご訪問が遅れがちになってしまっていることをお詫び申し上げます。来年もよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 写真ブログへ