スリランカ

スリランカ

僕らが旅に出る理由 – 2004年スリランカ旅の手記より

あの日あの場所で彼や彼女に出会えたことを、本当に幸運だと思うのだ。 一人一人が毎日を過ごすに連れて、そこに一本ずつの「線」が引かれて、それが時折、偶然交差するイメージを、僕は持っている。 線は、時と場所が...
スリランカ

旅の最後はいつも(目が乾きつつ) | スリランカ旅行記【”We are Asian!!”と言ってくれた島国】

旅の終わりにはいつもこの騒々しい町に辿り着く。 しかし今回は少し様相が異なる。それは、眼鏡をスリランカに献上して来てしまったためだ。バンコクのドンムアン空港に到着すると、筆者はすぐにコンタクトレンズを外し、ベンチに横になった。少しでも...
スリランカ

別れ際にスリランカとの絆を確かめつつ「角膜」のお礼に「眼鏡」を置き土産とする | スリランカ旅行記【”We are Asian!!”と言ってくれた島国】

ニゴンボ市街地のネットカフェでは日本語が使えない(読めるけど書けない:2004年当時)ということを学んだ後、再び砂浜に出てホテルへの道を引き返すこととする。 往路は民家での雨宿りやオハジキビリヤードなどに興じたため3時間ほどかかったが...
スリランカ

最終日のニゴンボで再び光り輝く笑顔に包まれる | スリランカ旅行記【”We are Asian!!”と言ってくれた島国】

引き続きニゴンボのビーチを歩く。フライトは深夜3時だ。まだ時間に余裕がある。 ローカル色満点の漁村に胸踊らせる 1kmくらいのリゾートエリアを外れると、そこはいきなり田舎の漁村である。ヤシの葉ぶきの家屋と漁に使う木船が並ぶ風景。そこに住...
スリランカ

ニゴンボの魚市場と「リトル・ローマ」 | スリランカ旅行記【”We are Asian!!”と言ってくれた島国】

スリランカ最後の一日は、ビーチと漁師の町、ニゴンボをひたすら気ままに歩いて過ごす。ニゴンボは空港から最も近い町でもあるため、最後に過ごす場所として最適だ。 ニゴンボが誇る美しいビーチを歩く ニゴン...
スリランカ

漁師とビーチリゾートの町、ニゴンボで最後の夜に浸る | スリランカ旅行記【”We are Asian!!”と言ってくれた島国】

ニゴンボ行きのローカルバスも例に漏れず寿司詰め状態。 出発直前に、昼にビアーを飲んだため小用を足したくなる。雨の中バスから飛び出して手洗い場を探すが、聞く人聞く人みんなが、「あっちだ」と言う。あっちってどっちなんだ。 雨と汗でず...
スリランカ

キャンディ・モデル学校でWorld Children’s Day祭を過ごす | スリランカ旅行記【”We are Asian!!”と言ってくれた島国】

昨日ピーター中岡先生が言っていた「とあるセレモニー」なるものが行われるというキャンディ市内の小学校へやってきた。 キャンディ・モデル学校 先日日本語授業の開講式があった山奥の小さな小学校は所謂「分校」というやつで、今日はその本校に当たる...
スリランカ

ガンポラの山からスリランカの高原の聖地「ヌワラ・エリヤ」を望む | スリランカ旅行記【”We are Asian!!”と言ってくれた島国】

昨日山奥の小学校の開講式に連れて行ってくれた自称135歳のピーター中岡先生のオススメスポットがあるというので、お言葉に甘えることにした。キャンディから車で1時間ほどのガンポラという小さな町にある山で、山頂からはスリランカ最高峰の「スリー・パ...
タイトルとURLをコピーしました