20130122_01

 

こんばんは。

さむいですねー!降雪後一週間経った日曜でも未だにこんな感じ、雪かきしても、溶けては凍り、凍っては滑って、とてもオッタ君に乗れるどころの騒ぎではありません・・・!いや・・・滑るからですよ・・・まーさか、寒さなんか筆者には関係ないんですけどね、いつでも乗る気まんまんなんですけどね、滑るからね・・・いやあしようがないなあ、ハッハッハ。

まあ、何だかんだ言って今年の走り初めは未だ実施されておりません(爆)こんな軟弱な筆者を許してねオッタ君m(_ _)m

 

さて、昨今いろいろなトラブルも含めて話題のボーイング787、日本の技術の粋、中でもボーイングが東レのカーボンファイバーの独占供給を16年間にも渡って受けることが以前話題になりましたよね。

これを聞いて自転車好きなら思い起こすであろうことが、同じく東レによるピナレロへの50HM1Kのカーボンの独占供給の話でしょう(なぜか正式な報道発表やニュースが見つからないのが不思議ですが・・・)。これはピナレロが東レの50HM1Kという「ある仕様の」高性能カーボンの独占供給を受けてきただけであって、実は東レのカーボンは他メーカーの多くのカーボンバイクにも使われています。うちのオッタ君ことBOTTECCHIA 8AVIOには東レの12kカーボンが使われています。

 

で、これほどまでに世界中から引っ張りだこになっている東レのカーボンファイバー(炭素繊維)ってどんなものなんだろう?と思って調べていたら、(筆者が知らなかっただけかも知れませんが)いろいろ面白い事が分かりました。

まずシェアです。まあこういう状況なのでそれなりに大きいのだろうとは思っていましたが、想像以上でした。なんと東レだけで世界の約4割、さらに三菱レイヨン、帝人グループを加えた日本企業3社だけで約7割を占めているんですね。

これは意外でした。何しろカーボンファイバーと言えば、鉄の10倍の強度を持ちながら比重は約1/4という比類なき特性のために、上記の飛行機や自転車だけでなく、テニスラケットやゴルフクラブなどの身近なスポーツ用品から、自動車や船舶、建築分野、発電用の風車、原発の格納容器、さらには最先端の宇宙開発事業にまで活用される、今最も注目される素材です。なので世界中の様々な企業がこの分野に入り乱れて競争を行っているものだと思っていたんですよね。

ではどういう経緯を経て東レなどが市場を席巻するに至ったのか。一つには歴代トップの長期的・戦略的な経営判断という事があったようです。東レが炭素繊維事業に参入したのは1971年。そして驚くべきことに、それから約40年近くに渡り赤字事業だったというのです。当初は欧米を中心に多くの競合他社がいたのですが、その間に他社もやはり収益化に苦心し、次々と脱落していったのですが、東レなどはこの素材の未来を信じ、研究開発を続けてきたというわけです。見方を変えればそれだけ品質向上や量産化が難しい素材だったということでしょう。

一見こうした、収益化しない事業をトップ判断で切り捨てることができず投資し続ける経営判断は、昨今では悪い意味での日本的経営と言われますよね。しかし一つ違うとすれば、たいていこうした悪いケースでは、過去に栄光の時代が存在し、過去のコア事業が未来においても競争力を保つという合理性の無い情緒的な経営判断をしていることが多いのに対し、炭素繊維事業は一度も日の目を見ていないにも関わらず、研究開発投資を続けたということでしょうか。つまり、過去の栄光にしがみついたのではなく、将来に花開くという明確な予測に基づく極めて戦略的な意図があったのでしょうね。

しかし、欧米企業にはそのような戦略を採った企業は無かったかというと、そうではないようです。にも関わらずなぜ市場を占めたのが東レなどの日本企業3社だったのでしょうか。これら3社、即ち東レ、三菱レイヨン、帝人グループには共通する特徴があります。いずれも出自が繊維メーカーだということです。一方欧米の競合他社はケミカル系が殆どでした。実は炭素「繊維」というように、カーボンファイバーの量産化には繊維関連の技術が非常に有用だというのです。なるほど、将来の可能性に加え、自社の得意とする技術がそれにマッチするということを的確に見抜いていたというわけですね。

さて、今後このカーボンファイバーが活躍する分野として最も注目される分野の一つが、宇宙開発事業でしょう(というか、個人的に興味が)。ロケットや宇宙ステーションなどへの活用はすでに始まっていますし、果ては軌道エレベータ(いわゆる地球の静止軌道まで行くことができるエレベータ)なる夢のようなものまで、視野に入ってきているようです!そうなってくると俄然気になるのが、

「モビルスーツもカーボンファイバーで作られることになるのかな?」

という点です(爆)

これまでのところ、モビルスーツは「ガンダリウム合金」が主な材料ということになっていますね。確かに無重力空間では比重はあまり影響しませんから、宇宙空間での戦闘能力を考慮すれば強度だけを追求できるような金属であれば良いのかも知れません。しかしRX-78ガンダムが陸戦型のバリエーションを持つ点や、リック・ドムが地上用のドムの派生機体だという点などからすると、コストなどの面からもカーボンファイバーを主要な素材とするのは十分ありえるストーリーです。少なくとも地上での汎用人型決戦兵器であるエヴァンゲリオンについてはカーボンファイバー製と見て間違いないでしょう。あ、でもあれは自己再生したりするから違うのかな?(笑)

 

というわけで、最後はどうでもいい話になってしまいましたが、今後は自分のバイクがこれほどまでに素晴らしい素材で出来ているという事実を噛み締めながら(サボらずに)乗ってあげたいと思います(笑)

 

では〜。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

#1:久々にE-P3にTAMRON SP90mm/F2.5を挿し込んでみた。開放。

 

いや〜なんで日本人は年末に大掃除なんていうだいそれたことをするんでしょうね〜。やれ窓だの網戸だの土間だの・・・もう全世界でも屈指のO型たる筆者には信じられません。まあブツクサ言いながら、今年もやりましたよ、大掃除。ええまあ、そりゃあ、O型なりに・・・。

 

ちなみに筆者は、ゴミやホコリを掃除するのは大嫌いですが、モノを整理して並べたりするのは好きです。こんな風に、今年からお世話になり始めたプジョーのライオンくんをいい感じに並べたりする仕事なら、もう喜んで引き受けるんですけどね^^;

 

さて、大掃除も一段落して、チャリンコで気になっていた、シフトが上手く決まらない時があるという現象に対処してみました。真っ先に思いついたのはシフトワイヤーの「初期伸び」。というわけで、リアディレイラーのワイヤー調整ツマミをクルクル回して具合を見てみました。ここですね↓

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

#2

 

だいぶ良くなりましたが、それでも100%とはいきません。これはもうちょっと時間をかけて調整ですね。

 

・・・なんてことをやっているうちに、チャリンコも大掃除をしたくなって、チェーン、スプロケ周りをガッツリ大掃除し始めちゃいました^^; 普段はチェーンクリーナーでガシャガシャやって終わりなのですが、今日は先日買った100円ショップのキッチンペーパーももちろん総動員でスプロケから細かいプーリーまで汚れを落として(そこはやはりO型なのでスプロケ分解したりはしてませんが^^;)、新品っぽい輝きを取り戻してみました。いや〜気持ちいいっすね(爆)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

#3

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

#4

 

ところで一つ気になっていたことを。タイヤの空気圧。何もしてないのにどんどん上がってるんですよ、奥さん。

いえね、このさむ〜い季節、下がるなら理解できます。冬に下がるならセオリー通りですよね。でもね、1〜2週間毎に空気圧チェックすると、上がってるんですよ。これって、タイヤの材質とか何か、関係あるんですかね。う〜ん。まあ、定期的に空気圧チェックしてるので破裂することも無いでしょうから、別に大きな問題ではないのですが、好奇心的に興味あります。なんで〜???

 

ではでは〜。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
#1

こんばんは。
おなじみのビルの上からの夕景です。冬の気持ち良く澄んだ空気は寒さと引き換えの自然からのプレゼントですね。

それにしてもこうして富士山を、そしてその間にある家々を眺める度に、今日東京と呼ばれるこの土地は富士山の懐に抱かれて何百年も何千年も暮らしを紡いできたんだ、という事を思い起こします。

さて、先日崩壊したシートクランプ問題、ようやく新たなクランプをゲットし、ポストの滑り問題も解決、一件落着と相成りました(^^)v

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
#2

買ったのは台湾のINNOVITYというブランドの、LEDテールランプと一体型のシートクランプです。後ろ姿をスッキリさせられます。2つ突き出ているランプ部のそれぞれにLEDが2個ずつ(計4個)付いており、交互点滅、点灯の2パターンを切り替えられます。また、ランプ部は工具なしで簡単に取り外せます。

それから、シートポスト滑り防止に対しては・・・

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
#3

結局フィニッシュラインのFIBER GRIPを購入しました。本当はFSAとかの少量で安い製品が良かったのですが、店頭で売っているところが見つからず、ネットで買うと送料込みで結局フィニッシュラインの製品とあまり変わらない値段になってしまうため、これにしました。

おかげで、皆さんから頂いたコメントの通り、これまでは7Nmとかでも滑ってたのに、今では4Nm程度で十分になりました^^b

ついでに、グリスや油汚れ落とし用に100円ショップでキッチンペーパーも買いました。

なお、シートクランプですが、電池の装着に戸惑いましたので念のため補足させて頂きます。説明書では下記の通りLED基盤部の奥にボタン電池(付属)を入れるように描いてありますが・・・

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
#4

実際には下の写真のように基盤部の部品に電池をはめ込む形になります。ご参考まで・・・

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
#5

 

ちなみにシートクランプの色は赤にして、オッタ君の赤と統一感を狙ってみました。小さ過ぎてどうせ見えないだろ・・・ってのは禁句です(笑)

ではでは〜。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

#6

 


#1:ベトナム出張のホテルの朝食でいつも食べるフォーです( ^ω^ )(Photo with iPhone4S)

こんばんは。いきなり食欲を刺激しそうな写真ですみません。特に夜中にご覧になった方、罪な写真をごめんなさい。今からラーメン屋へ走るあなたを、私は止めるつもりはありませんΨ(`∀´)Ψヶヶヶ

というわけで先週も仕事でベトナムに行っており、更新訪問等遅れておりました。

仕事はそれなりに大変なもので、特にベトナムの様な国ではいろいろ商習慣も異なり、うまくいかないことも多いのですが、このフォーが活力を与えてくれるのでなんとか頑張ることができます(笑)

ところでチャリンコの方ですが、少し厄介ごとが出てきました。シートポストならびにクランプの話です。


#2

このシートポスト、かなりの強さで締め付けてもなぜかすぐに下がってしまうのです。で、どのくらい思いっきり締めてもよいのか不安になったので、こいつを買いました。カーボンフレーム乗りには避けて通れない工具です。


#3

BIKE HANDのトルクレンチです。バイクハンドはグランジやシマノプロなどのOEM生産をしている台湾メーカーで、同じものが格安で買えます。自転車大国に、よい工具あり、と言ったところですね。

で、クランプに書いてあるとおり10Nmで締めたら・・・カリッ!

え?なに?

急にスカスカになったよ。なに?

ネジもねじ切れてないし・・・なんで締めても締めてもスルスル回るの??

で、受け側を見てみたら・・・


#4

逝っちゃってました・・・山が完全に・・・(´Д` )

仕方がないので、ネジ受けをひっくり返して、生き残っていた反対側の山を使って、控えめに6Nmくらいで締めていたのですが、やはり乗っていると徐々にサドルが下がってきてしまうので、7Nmで締めたら・・・

カリッ!

・・・・・・(´Д` )

というわけで現在オッタ君に乗れない状況です(涙)

うーん、何だか実に納得のいかない状況ですが、これしきのことでWiggleとあれこれやってもいつまでも乗れないので、新しいクランプを物色中です。シートポストの滑り対策も考えないと・・・。この辺り(FSA Installation Compund (カーボン用コンパウンド))を試してみようかな〜。

あれ、なんだかこういう厄介ごとを楽しんでる自分が・・・Mでしょうか?うーん!ロードバイクはMの趣味なのか・・・!?

#1

 

#2

 

#3:ファインダーありませんが・・・(爆)

 

#4

 

こんばんは、10maxです。

なんて今更名乗ってみたりw

 

深大寺紅葉シリーズの最後は番外編、我が家の4歳児、竜maxのスナップです^^;

最近竜maxに、昔使っていて今はすっかりホコリをかぶっていたRICHO R8というコンパクトカメラをあげまして、そうしたらもう、すぐに512MBのSDカードが満杯になるくらい撮りまくるようなハマり具合。この日も、お気に入りのアングルを探して数十枚ほど激写して、そのうち何とか見られるかな〜と思ったのが上の2枚です。あ、もっとも、筆者的にそう思っただけで、彼的にはもっとお気に入りの一枚があるかもしれませんけどね。もしあったら、公平性を保つために竜本人の自己推薦ってことでまたご紹介しようかな・・・(笑)

 

 

あ、そうそう、全然関係ないですが、今月のFunrideに8avioのインプレが載ってました。感激〜!

詳しくは述べませんが、「素性はレース向けだけど乗りやすいのでロングライドやヒルクライムなど、オールラウンドでイける」的な内容でした。どうりで加速が気持いい訳だ(・ω・)。


funride 2012年 12月号

(字が読めるか読めないかくらいのサイズで掲載・・・(((;゚Д゚)))ガクブル)

では〜^^/

 


#1


#2


#3

先日ご紹介した、富士山がよく見えることでも、都内の坂好きな自転車乗りにとっても有名な(らしい)東京富士見坂、昼間に訪れてみました。それはもう、さすがは関東富士見百景に選ばれているだけあって、くっきりと富士山が見えましたよ。

最近でこそ、いつも通勤に使っている小田急線の高架の駅のホーム、もしくはちょっと高い建物などに登れば案外普通に富士山が見えるので、改まって取り上げるほどの有り難味は感じませんが、駅が高架になったり、高層マンションが建つ前にはこういった富士見スポットは貴重だったのかな。あ、でもそもそも高い建物が無かった頃は何処からでも見えてたのかな・・・?まあいいや(笑)

そんな中、やっとのことでオッタ君ことBottecchia 8avioにちゃんと乗ることができたので、インプレというか、少しだけ感じたことをお伝えしたいと思います。自分で「インプレ」とか言うとちょっと恥ずかしいですね^^;


#4

まず、これまでのフルアルミのVia Nironeと比べて、一言でいえば、とにかく軽快かつスムーズ!

一般的にアルミの方が力の伝達のダイレクトさに勝ると言われますが、そこはやはり重量が2kg近く違いますし、8avioはコンフォート系の中でもどちらかと言えばレーシーな味付けと言われているだけあって、踏み出した瞬間に「クイックイックイーッ」と(ミスター登場?)ストレスなく加速していきます。Nironeももちろんロードなので基本的には俊敏ですが、その中でもクラスが一つ違うといった感じです。

サイコンの数字で言うと、一つ驚いたのが最高速度。いつも走る駒沢公園サイクリングロードの短い直線で、今までは結構頑張っても37km/hを超えた辺りでカーブに差し掛かってしまうのですが、今回はそんなに頑張らなくても気づいたら40km/hを超えていて、目を疑いました。あっという間に加速してるんでしょうね。

ちなみに平均速度については、今回はポジションがなかなか合わず止まっては調整し、の繰り返しだったので参考になりませんでした。

そしてさすがはカーボン、シルキーな乗り味です。Nironeも確かにコンフォート系を売りにしているので衝撃は柔らかめでしたが、8avioは振動の減衰がもっと素早い感じです。ここで再びミスターを登場させると(笑)Nironeが「ストストストストッ」と衝撃を吸収するのに対し、8avioは「トトトトトッ」という感じで、殆ど振動の余韻を残さない感じ。長く乗っても掌やお尻が痺れなさそうな感じです。う〜ん、伝わるかな(笑)

さらに感動したのが、カンパAthenaのコンポ。今まではMirageというエントリーグレードでしたが、余りの違いに無駄にシフトチェンジとブレーキングを繰り返してしまいました(笑)

ブレーキは、もうシンプルに、よく止まる!それでいて、調整幅が十分で、スピード調整がしやすいのが素晴らしいですね。シマノ(私が乗ったのは105)は確かによく止まるのですが、カックンという感じで調整が難しい印象でした。一方Athenaは、軽く握れば軽く減速し、ぎゅっと握ればタイヤがロックするほどよく止まります。この懐の深さが、「シマノのブレーキは停止機能で、カンパは速度調整機能」と言われる所以なのでしょうか。ちなみにMirageはぎゅっと握ってもなかなか止まりませんでした(笑)

シフトは、良い意味で遊びがほとんどなく、動作の精度が非常に高く、とても気持ちよいです。Mirageではフロントをインナーからアウターに変える際には、(再びミスターw)「ギュイージャリジャリジャリ」という感じでしたが、Athenaは「カッチャン」と、驚くほど素早くシフトします。リアも、軽いギアに下げる際に、Mirageでは「ジャリジャリジャリ」と変わった後、結構な頻度で中途半端な位置で止まり、レバーを軽く押して微調整、といった感じなのですが、Athenaでは「シャキシャキン」と決まります。ということでこちらももう無駄にカチャカチャと・・・(笑)

で、やっちまいました。初乗りでいきなりの立ちゴケです^^;
うかつにも先日新調したSPDのビンディングの強さを、いつも慣れている最弱に調整するのを忘れており、咄嗟に外せなくて左にドテンと。
うちの近所の路地でそれ程人通りも多くないのですが、それでも大の大人が(しかもこれまた新調したばかりのGARMINのハデな上下セットジャージを着て)、殆ど止まりそうなスピードにも関わらずいきなりドテ〜ンなんて倒れたら、まあみんなビックリしますわ。自転車の上で急に死んだんじゃないかとか思われそうな(笑)
というわけで久々に妙な注目を浴びてしまいました^^;

他にもいろいろ書きたい事はありますが、長くなりそうなのでまた改めま〜す(^-^)/

20121116-115041.jpg
#1:ベトナム、ハノイのホテルより朝霧のThu Le湖を望む。iPhone4Sで撮影

月曜から出張でベトナムに行っており、ご訪問等滞っており申し訳ありません。

ベトナムはこの時期基本的に乾季と言われているのですが、青空が広がっているかというとそうでもないようです。が、ベトナムの人々に言わせるとこういう曇りがちな気候が「very fine weather!」なんだそうです。「なんで?」ってきいてみたら、ベトナムはとにかく日射しが熱いので、本能的に少しでも日光から逃げたい願望があるのだとか。なるほど〜って感じですね(^ω^)

ちなみに、現地法人のオフィスに日本の風景画が四枚掛かっていましたが、なぜか春の桜、秋の紅葉、冬の雪・・・そしてもう一枚冬の雪景色・・・あれ、夏は??って思いましたが、上の話を聞くと納得感があります(笑)

さて、帰国したら家族へお土産を・・・と思ったら自分へのお土産が届いておりましたw


#2:PD-A520取り付け完了の図


#3:一緒にグリス(PARKTOOL ポリリューブ1000 113g)も買いました。

SPDペダルのSHIMANO PD-A520です。

実はビアンキ君にも同じものが付いていたのですが、もともとジャンク品で買ったものなのであまりにもボロボロだったので買い替えることにしました。で、せっかく買い替えるならということで他の候補も検討したのですが、結局同じものに落ち着きました。

まずSPD以外(SPD-SLやLOOKなど)は最初から候補にありませんでした。靴底がツルツルしていることで何度も危ない思いをしたことがあったためです。
例えばツーリングでちょっとした渓流への坂を降りようとした時は殆ど四つん這い状態でしたし(笑)、舗装路でも、バランスを崩して咄嗟に何とかビンディングを外したものの、慌てて足を着いたらツルっと滑って危うく車道側に倒れそうになったこともありました。
ということで靴底がツルっとした競技系クリートはごめんなさい、という感じです。まあ一秒を争うわけでもないので十分です^^;

次にSPDの中では、片面フラットのPD-A530や両面クリートのモデルなどを考えましたが、PD-A530については、520でもチョイ乗りならスニーカーでも全然問題ないのと、530のフラット面は実は結構滑りやすくて実用的でないというレビューが多かったので候補から外れました。両面との比較では、実はこのPD-A520、足を外すと重量バランスの関係で常に同じ向き(上の写真のとおり、クリート面が後ろを向く)になるので、どちらがクリート面なのか迷うことはまず無いですし、装着する際はつま先で上端をチョンと蹴るとクリート面が上を向いて、そのままクリートに足を乗せて嵌めるだけ、と非常に楽なので、重くて接地面の小さい両面モデルにする理由は無くなりました。

あ、もう一つのお土産、ガーミンのEdge800については、あまりにも深すぎてすぐにレビューというわけにいかないので、後日改めてということで。

ということで、とりあえず最低限走る装備はそろったので、ついに走ってみましたよ!まあ家の周りだけですけど・・・

そちらのインプレも、長くなるのでまた後日^^;


#1

8avio君のトップチューブに記された”Reparto Corse”、これは「レーシング部門」といった意味合いだそうです。

が・・・レースどころか未だに一度も乗れていません^^;

正確には、乗れないというよりは、あえて乗っていないというか・・・ちょっと家の周りを乗り回そうと思えばできないこともないのですが、どうも楽しみは後に取っておきたい性格で、諸々環境を整えてから乗りたいという気持ちがあります。それに、今Wiggleで注文して届くのを待っているGarmin Edge 800でオッタ君の初めての走行からODDメーターを回したいとか、妙なこだわりがあったりとか^^; そういえば子供の頃から、食事で言えば美味しい物を最後に食べる習性がありましたが、結局そういった性格がこんなところにも現れているのかも知れません。ちなみにみにうちの長男坊の竜maxも一番好きな食べ物をしっかり最後まで温存しています(笑)

まあそんな感じなので、とりあえずWiggleで注文したオッタ君の付属品やスペックを備忘のため記しておきたいと思います。チャリンコ好きな方以外にはかなりマニアックですがご容赦下さいm(_ _)m

まずサドルです。San MarcoのPonzaというサドル。図らずも前のビアンキにも付いていたのと全く同じもの。ビアンキの時は硬くてSelle SMPに換えたのですが、もったいないのでしばらくはこのまま使おうと思います(笑)


#2

タイヤは、ZAFFIROという、聞いたことのないブランド。まあこれもよく分かりませんが、おそらくしばらく使ってみるのではないかとw


#3

次はクランク・・・と思ったら謎の事態勃発!!

クランクのカンパAthenaのロゴが緑色!?ビアンキ用・・・!?


#4

と思ったら、保護用のフィルムが貼ってあっただけでした^^;


#5


#6:綺麗だな〜。さすが新品(笑)

あ、そういえばこの記事の主旨が「スペック備忘」だったこと自体を忘れるところでした(爆)備忘すること自体を忘れたら何を備忘すればよいのやらw

Wiggleからこのラインナップが無くならないうちに画面をキャプチャしておきました。

コンポーネントはCampagnolo Athena (カンパニョーロ アテナと読みます) フル装備。Athenaの完成車で12万円(日本の定価は40万、Wiggleでの定価は24万円)とあまりにも安かったので、コスト削減のために微妙にFSAのクランクとかを散りばめたりしてるんじゃないかと思いましたが、これは嬉しいです。ちなみに前のVia Nironeはコスト削減のパターンでした^^;

ちなみに元々カンパ、それもAthena狙いだったのでドンピシャでした。シマノはどうしても手に馴染まず、またカンパの親指シフトが大好きなんですよね。しかもAthenaはカンパの上級グレードの中の最廉価モデルで、材質や軽さを除けば使われている技術や設計は憧れのスーパーレコードと同じで、インプレでもスーパーレコードなどとほぼ遜色ないとの事だったので、かなりお買い得感が高い訳です。

歯数も、フロントはコンパクトだし、リアも12-27と、丁度自分が11速にしたらやりたいと思っていたレンジ。ヒルクライムが好きというより、止むを得ず登らにゃならん時に楽をしたいので(^ω^)

ホイールがFulclum Racing 5というのはちょっと中途半端ですね。ZONDAとか付いてたら良かったのになあ・・・

重量は、フレームサイズ480、ペダル未装着で約8.1kgでした。前のVia Nironeはちゃんと測っていませんがネットで調べた感じだと10kg弱だったようなので、2kg近い軽量化です(^^v

ちなみに上のスペック表の”Frame details”のところにある”Internal cable routing”というのは何の事かよく分かりません。ケーブル類はしっかりフレームの外側を通っております(笑) 個人的にはブラックボックスが無い方が好きなので外側ケーブリングで良かったです。

あとのパーツ類はよく分かりませんが、まあゴチャゴチャ言ってないで早く乗れと、いうことですね(笑)