光行き交う夜

2019年3月23日

 

OLYMPUS E-M1MarkII, LEICA DG VARIO-ELMARIT 12-60mm / F2.8-4.0 ASPH. / POWER O.I.S. (12mm, f/2.8, 40 sec, ISO200)

真冬の湖畔の別荘地には、行き交う人もない。

突如反響する自らの足音に怯えながら歩く夜道、零下の大気が首筋を刺す。

痺れゆく指先に、自らがこの世に取り残された最後の人類であるかのようにすら錯覚する。

今この瞬間に友と呼べるようなものは掌の中のカメラくらいしかない。

そう思っていると、彼は意外な事実を教えてくれた。

見上げればそこには様々な光が行き交って、こんなにも賑やかんだよ、と。

 

(2019年1月2日、三ヶ日にて)

にほんブログ村 写真ブログへ