義父上から託されたニコンFEを持って早速超人日報本社周辺での撮影取材を行ってみた。幸い本社のある世田谷区は緑道や公園、寺社などが豊富で、被写体には困らない。
道順等は特に決めず、
・助手兼妻の「ユ○クロへ行きたい」
・筆者の「TSU○AYAへ行きたい」
という都合に沿って適当に練り歩くこととした。
なお、以下掲載する写真は、L版でプリントしたものをスキャナで取り込んでいる。
070414FE-01flower.jpg
烏山川緑道にて。 Ai Nikkor 50mm F1.4
070414FE-05dolls.jpg
世田谷通り沿いのとある公園にて。 Ai Nikkor 35mm F2
070414FE-04bamboo.jpg
勝光院という寺の竹林。 Ai Nikkor 50mm F1.4
070414FE-02flower.jpg
烏山川緑道にて。 Ai Nikkor 50mm F1.4
070414FE-06bottles.jpg
世田谷通り沿いのとあるイタリア料理店にて。ローアングルを実現するために歩道で這いつくばっていたためひどく注目を浴び、助手兼妻に他人のフリをされる。 Ai Nikkor 35mm F2
070414FE-08cherry.jpg
桜丘小学校にて。実は若干ピンボケ。 Ai Nikkor 50mm F1.4
070414FE-07boys.jpg
桜丘小学校にて。 Ai Nikkor 50mm F1.4
まじめに写真を撮るのが久しぶりだったこともあるが、何よりマニュアルフォーカスで且つ失敗すればフィルムを浪費してしまうため、1枚1枚に尋常ならぬ集中力を要した。
しかし、ファインダーを覗きながら慎重に露出と構図を決め、精密にピントを合わせた後に満を持して
「パシャン」
とシャッターを切る時の快感はたまらないものである。最近のデジカメではなかなか味わえるものではない。
そして改めて感心するのは、フィルムカメラと明るいレンズの組合せが生み出すボケの美しさである。論理的には理解しているつもりでも、こうして実際に撮影してみるとやはり驚かされる。
非常に充実した休日、いやいや、撮影取材であった。

Comments are closed.

Post Navigation