#02 キャンプ・アウトドア

3年ぶりのかずさオートキャンプ場でカセットコンロOnly飯の夜 Part 2/2

投稿日:

かずさオートキャンプ場 プジョー308SW BMW X1

紫煙立ち昇る朝です。

前半はこちら↓

3年ぶりのかずさオートキャンプ場でカセットコンロOnly飯の夜 Part 1/2

車を見ると、恒例の落書きが・・・しかしなんと!

今回はいつもお馴染みの「う◯ち」と言った類が登場していないではないか!!

プジョー308SW キャンプ

うーむ、さすがに奴らも飽きたのかな・・・と思いきや、冒頭の写真を拡大してよく見ると・・・

かずさオートキャンプ場 プジョー308SW BMW X1

何か描いてあるような・・・

 

 

 

 

 

チ───(´-ω-`)───ン(笑)

プジョー308SW キャンプ

さて、朝から怪獣たちは坂道でペットボトルを転がす遊び(これが遊びなのかw)に夢中です。

かずさオートキャンプ場

中に水を入れたりいろいろ工夫しながら一番下まで如何に早く到達するかの試行錯誤を延々と繰り返しています。

こうして人類の科学技術は発展してきたのだと思わずには居られません。

 

一方筆者は朝食の準備です。残っている食材はこれだけ。

かずさオートキャンプ場 朝食

筆者、宵っ張りのためなかなかエンジンが掛からず、まずは適当にウインナーをジュジュっとやります。

イワタニカセットフーマーベラス

お次にベーコン。

イワタニカセットフーマーベラス

スクランブルエッグと一緒にバターロールに挟みます。

イワタニカセットフーマーベラス

余った卵は目玉焼きに。

イワタニカセットフーマーベラス

こんな適当な感じで全ての食材を余さずクリアしました(笑)

味付けも面倒なのでこれだけ。

イワタニカセットフーマーベラス

全部和風です^^;

 

ダラダラダラダラ片付けてはサボり、片付けてはサボり、11時頃積載完了です。

かずさオートキャンプ場 プジョー308SW BMW X1

 

帰りに大江戸温泉物語君津の森で塵芥を洗い流して帰ります。

ここは「大江戸温泉物語」と銘打つものの、人工温泉。この近くには天然温泉が無いのが残念です。

 

手抜き料理で同期と馬鹿話して、気候も暑くもなく寒くもなく、素晴らしいキャンプでした(^^)

 

備考:かずさオートキャンプ場利用に際しての注意点(2018年10月28日時点)

  • チェックインは13時から、というルールが割と厳格です。30分以上前に入ろうとすると追加料金を取られます。そのため、12時半頃から入り口には長ーい車の列(・д・`。)
  • 薪が少なくて高くなりました。下の写真の籠一杯で700円(`‐ω‐´) 700円もすれば他なら少なくとも倍量はあるでしょう。

かずさオートキャンプ場 焚き火

以前は全般的におおらかでしたが、管理人さんが変わったのか(水難事故がきっかけかも・・・)、ちょいちょい世知辛い部分が出てきたように思いました(;_;)

まあそれでも総合的に見れば、寒い時期には魅力的なキャンプ場だと思います。特に子連れだと、キャンセル料がかからないところって貴重なんですよね。

 

にほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください