今日はペダルとシューズをご紹介します。
 いわゆるビンディングペダルというやつで、スキーやスノーボードのようにシューズとペダルを固定するタイプです。
 筆者はLOOKという、スキーのビンディングを作っているメーカーのペダルを使っています。というより、ビアンキの車体に元々付いていたので選択の余地も無く・・・。でも結果的にはとても使いやすく、走り心地も快適でした。
070909LOOK01.jpg
 シューズはSIDIのエントリークラスのモデルです。なるしまフレンド神宮店で13,000円くらいでした。
070909LOOK02.jpg
 シューズのソールにLOOKのビンディング専用の部品(赤い部分)を取り付けて使います。この部品を「クリート」と言います。ちなみにLOOKと似たタイプのビンディングで、シマノの「SPD-SL」という規格がありますが、クリートだけ換えればSPD-SLペダルでも使えます。
070909LOOK03.jpg
 つま先をはめ込んだ後、かかとをグッと踏み込むと、カチャッと固定されます。まさにスキーと同じですね。
070909LOOK04.jpg
 実はこのビンディングのポイントは、外そうと思えば外すのも非常に簡単という点。横にクイッとずらすと、シュポッと外れます。これがスキーと違うところ。
070909LOOK05.jpg
 さて、早速走ってみた感想ですが・・・。
 いわゆる「立ちゴケ」を立て続けに2度も食らいました。自宅の前の路地でUターンしようとして、スピードが緩んだので咄嗟に地面に足を突こうと思ったら、足がペダルから外れないのですから・・・。
 先に書いたように、外そうと思えばすぐに外れるのですが、咄嗟の時にはやはりドキっとしてしまいます。
 本格的なロードバイクにまたがってメットやグローブまで装着していながら、ノロノロ、ノロノロ、そして突然ゴロリと立ちゴケする若干メタボリックな男・・・。目撃した人はさぞかし驚いたことでしょう。
 しかし慣れてしまえばこっちのもの。というより、ビンディングペダルがこれ程までに快適なものだとは思いませんでした。
 足とペダルを固定することのメリットは一般的に、ペダルを「踏む」力だけでなく、「引く」力も使えることだ、と言われています。
 でもこれ、走ってみて初めてどういうことか分かりました。要は、踏むと同時に引けるので、2分の1の力で同じだけ進めるのです。「踏むと同時に引く」と書きましたが、感覚的には、足元でペダルをクルクル回している感じです。クルクル回していると、スイースイーと進んでいく、不思議な感覚です。これなら長距離でも苦にならないでしょうね。
 もちろん楽なだけでなく、力を込めればその分、踏むだけのペダルよりも遥かに力強く加速することができるという嬉しさもあります。
 さて、そんなご機嫌なLOOKペダルですが、同じくLOOKペダル使いのzuco氏が最も気をつけるべき点を指摘してくれました。それは・・・
 「信号待ちのベンツの横でだけは絶対に立ちゴケしないこと」
 確かに、これほど悲しい交通事故はありゃしません。まあ、ケガしないことが何より大事ではありますが・・・。

2 Thoughts on “LOOKペダル

  1. つんのめって転ばないようにねー(笑)

  2. おうよ!こけません。痩せるまでは。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

Post Navigation