わが家にとら猫君が現れまして その3 茶毛くん、寝るんです、よく

2020年5月21日

080125Cat01.jpg

#1:大好きなソファーの上で、のびのびと
080125Cat02.jpg

#2:大好きなソファーの・・・orz
080125Cat03.jpg

#3:なんで、ここで?なんで?
猫、といえば、夜行性、という単語が思い浮かぶかもしれません。
たしかに、茶毛も、昼間はよく寝ています。
写真のように、いつでもどこでも寝ています。
では、夜になると起きだすのかと言うと・・・・・・、
ところがどっこい、夜もグースカ寝ています(笑)。
というわけで、猫といっても、昼となく夜となく寝ている生き物ということで、ご了承下さいまし。
しかし、こうした平和な時間も、やがて終わりを告げます。
筆者は、茶毛のいる実家から遠ざかり、東京で一人暮らしをはじめるのです。
筆者は、茶毛と別れて暮らすようになってから、より彼とのきずなを感じるようになりました。というのも、週に一回は私の夢の中に彼が出てきてくれるのです。
そして茶毛は、避ける事のできない運命として、年老いていきます。こうして私達と共に生きているにも関わらず、人間とは異なる独自の時間の中で、終わりのときに刻一刻と近づいていくのです。
そんな茶毛が、最後に筆者に残していってくたプレゼントがあります。
にほんブログ村 写真ブログへ