撮影機材/写真関連トピック

撮影機材/写真関連トピック

「小型軽量」という名の高性能/最強旅カメラ「PEN」「OM-D」の灯は消えてしまうのか? | 日本産業パートナーズへのオリンパス映像事業譲渡の未来を考える

オリンパスが映像事業の譲渡の意向を固め、84年にわたる同事業の歴史に幕を閉じる方針を発表した。 元々コンパクトなカメラが好きだった筆者は2007年に登場した同社のE-410と宮崎あおいが出演するTVCMにいたく惹き付けられ、以来現在に...
オールドレンズ

【動画あり】TECHART「LM-EA7」レビュー – ソニーEマウントボディ+MFレンズAF化マウントアダプター

さて、カメラ好きの先輩から面白いものをお借りしたので、鬼のような辛口レビューで全米を泣かせた事もある筆者がレビューさせて頂きたいと思います。 TECHART LM-EA7とは お借りした面白いものはこちらです↓ 結...
撮影機材/写真関連トピック

【購入詳細レビュー&作例】激しくお買い得なソニーα7IIでフルサイズを嗜む | メイン機E-M1 Mark IIとの比較・作例

ソニーα7II購入後7か月ほど経ってのレビュー・作例です。詳細なデザイン、機能性、操作性に加えて作例をご紹介しています。メイン機であるE-M1MarkIIとの比較も行っています。
オールドレンズ

本当にフルサイズにしか出せない絵とは | マイクロフォーサーズとの画角、ボケの違い | α7IIとE-M1 Mark IIを比較しながら

先日より小出しにお伝えしている通り、年末に突然SONY α7IIが筆者宅に届きました。 (「突然」じゃないだろ!とw まあそれはさておき・・・) 実は昨年の2月頃のとある事をきっかけに35mm判(いわゆるフルサイズ)への関心が頭...
オールドレンズ

オールドシネレンズを味わってみる(Wollensak Cine Raptar 1inch F1.9)

ブログ繋がりのnaoggioさんから先日お借りしたレンズを試してみました。 Wollensakというかつてアメリカに存在した映像機器メーカーのCine Raptar 1inch F1.9というレンズです。 「存在した」というのが...
撮影機材/写真関連トピック

【レビュー&作例】LEICA DG SUMMILUX 25mm / F1.4 ASPH. | 広めの画角と豊かなボケを繊細なライカ画質で両立させる貴重なM4/3レンズ

LEICA DG SUMMILUX 25mm / F1.4、所謂パナライカのM4/3用標準大口径単焦点レンズの詳細レビューと作例です。背景を広めにとれる標準域で十分なボケが得られる数少ない選択肢で、かつ繊細な画質と柔らかなボケを低価格で堪能できるレンズ。ただし外見の質感や機能性は必要最低限。
撮影機材/写真関連トピック

E-M1 Mark II+ZUIKO DIGITAL ED 70-300mm f4-5.6試写 眠いのは正月ボケのせい?・・・そしてAF性能の意外な落とし穴

先日買い戻したフォーサーズマウントのスタンダードクラスの望遠ズームをE-M1 Mark IIに付けて試写してきました。600mm相当(フルサイズ換算)の超望遠を扱うのは久々なので楽しみです。 久々の超望遠の世界はや...
撮影機材/写真関連トピック

往年の個人的名玉、ZUIKO DIGITAL ED 70-300mm F4.0-5.6を再び購入の巻

突然ですが、思い立ってレンズを購入しました。 オリンパスのフォーサーズ規格(マイクロじゃないですぜ、奥さん!)のスタンダードクラスレンズ、 ZUIKO DIGITAL ED 70-300mm F4.0-5.6 です...
タイトルとURLをコピーしました