10年選手のMacbook Pro (15-inch, Mid 2010) 、2TB SSD換装で延命・・・もとい爆速化!(前編)

筆者の母艦であるMacbook Pro 15-incn Mid 2010、購入したのは2010年のGW前です。一瞬この事実に直面し、

「MBPを購入して10年目に入ったということは、もしかするとMBPを購入してから筆者も10年近く歳をとったというとんでもない仮説が成り立つのでは・・・!」

という突飛な考えに思い至りましたが、まさかそんなハズはありませんね!はははは・・・!

号外:超人日報社に MacBook Pro 現わる

いずれにしてもこれ以来大きなトラブルもなく使用してきましたがやはり使用上のストレスは否めず、10年目を迎えるに当たり、そして令和の時代の幕開け・・・(もうそのネタはいいかw)、まあとにかく、そろそろ一度状況の改善を試みるタイミングかなと考えた次第です。

という事で前編ではまずいくつかの選択肢の中からSSDへの換装という結論へ至った経緯を(まあこれは自分向けの備忘でもありますが^^;)、後編で実際の換装の手順と効果をお伝えしたいと思います。

 

我が家のMacbook Proの主な用途と使用感の劣化具合

その改善すべき状況とはどんなものか、という話ですが、まず筆者のMBPの主な用途はこんなところです。趣味のデジタル一眼カメラによる写真関連がメインです。

  1. Lightroom 6でのデジイチ写真の現像、加工・管理
  2. デジイチから取り込んだ写真のバックアップ(Amazon Prime PhotoおよびGoogle Photoへのアップロード)
  3. ブラウザでのWordpressブログ更新やネットサーフィン
  4. Amazon Primeビデオ鑑賞
  5. Google Document(スプレッドシートやプレゼン)での家庭用の書類作成

なんか大したことやってないですね(笑)ただ、2番目の写真バックアップなんかMacの用途って言うほどのことじゃない気もしますが、実はこれがメモリも一番食うし、地味に重要なんです。iOSデバイスでは代用出来ませんし、失われると決して取り戻せないデータですから。

(参考)今は微妙に変わってますが写真のバックアップ体制についてはこちら↓この頃はまだMac写真Appを使ってましたね。

写真バックアップにまつわるエトセトラ − Amazonプライムフォト/Googleフォト/MacOS写真App −

 

で、使用感としては当然ながらこんな感じです。

  • 遅い。アプリケーションが一度立ち上がればそこそこ快適なのだけど、立ち上がるまでのローディングが実に遅い。
  • ストレージ容量が限界。1TBのHDDに換装済みだが、デジイチ高画素化による写真ファイルサイズの爆増により慢性的に不要ファイルの整理に追われている状況。
  • Mac OSのアップデートが不安定。一晩経っても終わっておらず、やむなく強制終了を経て何とか完了させるという事がたまに発生。

ストレージについては、写真はRAWも含めて前述の通りクラウド上にバックアップしていますが、Lightroomで扱う以上ローカルにも必要です。むしろローカルの容量削減のためにRAWはAmazonドライブに任せてMacには古いものはJPGしか残してないくらいです。

 

しかしまあ、従来Windows PCを使っていて3〜5年で買い替えていた事を思うととても安定して保つ事ができていると思います。

 

対処前のスペック

これまでに以下の換装を行っています。

  • ストレージ換装(320GB→750GB→1TB(全てHDD))
  • メモリ増設(4GB→8GB)

で、今回の換装前の状態は下記の通り。メモリー8GBは既に本Macの仕様上の上限です。

 

 

メモリスワップ発生はメモリリソース不足のサインとは限らない?

さて、単に使用感を改善すると言う事であれば改善策はいくつか考えられます。

  1. 大容量SSDへの換装
  2. 新しいMacへの買い替え
  3. いっそWindows PCへの買い替え

※メモリ増設は上記の通り既に上限のため不可能

そこで、ソリューションを決定するためにボトルネックを探ります。アクティビティモニタを見てみます。Lightroom、Googleバックアップと同期、Amazon Photoアップローダ、Chromeと、常用アプリをフルコースで立ち上げた状態です。

CPU使用率は全く問題無さそうです。

次にメモリ。

こちらはメモリスワップが発生しています。筆者のWindows XP時代の古めかしい知識では即メモリ不足と判断される状況です。

でも使用済みメモリは5GBくらいしかないしメモリプレッシャーも緑色・・・これはどういうこと?

そこで調べてみました。

メモリプレッシャー:「メモリプレッシャー」のグラフは、メモリリソースの利用可能状況をわかりやすく表示します。(中略)メモリリソースの現在の状況は、グラフの右端に色別で表示されます。

緑:メモリリソースは利用可能です。

スワップ使用領域:起動ドライブ上で macOS のメモリ管理が使用している容量。ここにいくつかのアクティビティが表示されるのは、正常な状態です。メモリプレッシャーが赤の状態でない限り、macOS で利用できるメモリリソースがあります。

つまり、Macの場合スワップが発生していても必ずしもメモリが枯渇しているという訳ではなく、むしろ重要なのは「メモリプレッシャー」の表示であると解釈できます。

 

結論として大容量SSDへの換装を選択

上記の通り、現状はCPUパワーとメモリリソースはボトルネックではないと判断しました。まあ冷静に考えてみれば、サイズが大きくなったとは言え扱っているのは所詮画像ファイル、デュアルコアのCore i5とメモリ8GBで不足するとは考えづらいですね。逆に画像ファイルの肥大化で直接影響を被るのはストレージの読み書きスピードであると考えられます。

また、コンピュータで最も故障の確率が高く、また故障すると最も損害が大きいのもストレージなので、延命策として合理的とも言えます。

よって今回は1TB HDD→2TB SSDへの増設を選択しました。

 

もっとも、この選択にもリスクは存在します。例えば明日、マザーボードが逝ってしまうかも知れません(笑)即ちせっかくストレージを換装したとしてもある日突然この10年選手が起動しなくなるリスクは引き続き残るわけです。

が、実はそれは大したリスクではありません。現状、写真ファイル、ブログデータ、メール(Gmail)、動画(Amazonプライム・ビデオ)、ドキュメント(Googleドキュメント)、その他一部のファイル(DropboxまたはGoogleドライブ上)・・・ほぼ全てのデータがクラウド上に存在するため、母艦が起動しなくなったところで3万円弱のSSDが多少無駄になるだけです(それでもTimeMachine用等の外付けストレージとして十分に価値あり)。

一方、8GBメモリ、1TBストレージを上回るスペックのMacを購入しようとすればちょっとした中古車くらいの出費になりますし、Win PCでもそれなりになります。

 

ということで前置きが長くなりましたが、次の記事で実際の換装の手順と効果の程をお伝えしたいと思います。結果から申し上げると、単なる延命措置どころか笑っちゃうほどの爆速化が実現できました^^

 

後編はこちら↓

10年選手のMacbook Pro (15-inch, Mid 2010) 、2TB SSD換装で延命・・・もとい爆速化!(後編)

 

(参考)今回導入したSSDとツール類

 

“10年選手のMacbook Pro (15-inch, Mid 2010) 、2TB SSD換装で延命・・・もとい爆速化!(前編)” への2件のコメント

  1. まず、これだけの記事が書けることに尊敬(*´∇`*)
    私なんて、解決不可能→レスキューに電話です(恥)
    それで、数年前にさすがに古くなった本体を、
    SSDを薦められて、全てセットアップもやってもらっちゃいました。
    以来、本当にトラブル激減でした。
    仰る通り、何もかもスピードUP。
    あ、ちなみに私はWindowsです。
    SSDの認知度ってどのくらいなのでしょうね?

  2. Sippo☆さん、おはようございます。
    いえいえ、たまたまこういう分野にも興味があるだけですから・・・
    Sippo☆さんの昆虫分野に比べれば何でもないです^^;
    そうですか、SSDに換装されたんですね!
    それをやってくれるお知り合いがいる事が素晴らしいと思います。
    そしてとても快適になりますよね。
    お金をかけずに快適になるなら、それが一番いいですよね(^^)
    今は販売されてるPCの多くでSSDが選べるので最近は一般的なんでしょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください