VWは2021年もお祭りだ!【ゴルフ8にパサート、そしてあの車のシューティングブレーク日本上陸は…?】

こんにちは。B8型パサートオールトラック乗りの10maxです。

2020年のフォルクスワーゲンは、1月のT-Cross、7月のT-Rcoと新しいラインナップの日本発売が続き盛り上がりましたが、既に気になり始めた2021年の動向。

「デザインがやばいあの車種は日本に来るの?」「もしあれが来たらあの車種は存続するの?」などなど色々宿題事項が溜まってる事かと思います(笑)

で、先日用事(↓)があってディーラーにお邪魔した際に色々最新情報をうかがって来ました。2021年はそれらの宿題に一気に答えが出て結構なお祭り模様を呈する事になりそうです!

【試乗】VW T-RocとT-Cross一気乗り!で見えたキャラの違い、そしてT-Rocは本当にロックな車だった件
週末、ちょっと用事があってVWディーラーにお邪魔する機会があったので、個人的に得体の知れない存在であったT-RocとT-Crossに試乗させて頂きました。 得体が知れない存在だったのは何故かと言うと、 なんだか同じような名前...

なお、本記事ではまだ各種メディアでは公になっていない情報の中から問題のなさそうな範囲でお伝えしますが、当然ながら今後計画の変更等はあり得ますので、そんなラフな感じで参考にして頂ければ幸いです。また、筆者がヒアリング出来ていない情報もあるでしょうし、追加情報があればまた随時更新していきたいと思います。

※2020/11/23:文中アルテオンとパサートのパワートレイン比較についての記述に誤りがあったため修正しました。ご指摘下さった方ありがとうございましたm(_ _)m
スポンサーリンク

ゴルフ8シリーズ上陸!

まずはゴルフ。これはもう言うまでもありませんね。筆者も既に何度か都内でテスト車にお目にかかっているゴルフ8です。

2013年に日本に上陸、そしてビッグマイナーチェンジを経てゴルフ7.5と呼ばれるに至り約8年間活躍したゴルフ7もようやく代替わり。ハッチバックとステーションワゴンのヴァリアントが順当に日本上陸するようです。

大きなポイントはデジタル化と内装の進化。メーターからインパネをほぼ全てタッチパネル化すると共にステアリングスイッチ類もタッチパネル化、インフォテイメント系も御三家並みに刷新してきています。保守的なイメージのフォルクスワーゲンが、ここへ来て再び一気に最先端に躍り出た格好です。

新型ゴルフR(ゴルフ8)のインテリアデザインの進化に少々心がザワついている。
最近少し、ゴルフに興味がある。 車の話だ。 ゴルフ8の日本市場投入も近いと言われ、筆者も都内で何度かテスト車両を目撃している。 神谷町辺りでゴルフ8が走ってた。 そう言えば日本でも公道テストしてるって聞いたことが...

ゴルフオールトラックの日本上陸は未定

ただし中の方曰く、オールトラックについては日本上陸の情報はまだ届いていないようです。本国でもつい先日ゴルフオールトラックが販売開始されたばかりなので、これは仕方がありません。しかし、かなりバランスのよいモデルなのでぜひ継続導入して欲しいものです。

VW ゴルフ 新型のクロスオーバー、「オールトラック」…受注を欧州で開始 | レスポンス(Response.jp)
◆新型ゴルフ・ヴァリアントをベースに車高をアップ ◆最新の「Digital Cockpit Pro」 ◆最高210km/hまで可能な部分自動運転 ◆ゴルフ史上最強の最大出力200ps の2.0ターボディーゼル

大注目のアルテオン シューティングブレーク、日本上陸!

続いてアルテオンです。今年6月に本国で発表された新型アルテオンですが、そこで話題をかっさらったのがシューティングブレークモデルの追加でした。ドイツ御三家やプジョー508等でも最近取り入れて来ている「ファストバック&シューティングブレーク」というバリエーションセットを、アルテオンが満を持して導入してきた格好です。

で、当然ながら我々としてはこのシューティングブレークが日本にも導入されるのかが非常に気になって夜も眠れなかった訳ですが、どうやら2021年にファストバックとセットで日本上陸するようです!

元々ファストバックでも流麗でセクシーすぎるボディにクラクラしていましたが、このシューティングブレークの流れるようなルーフラインにはビックリして目を白黒させてしまいましたね(語彙力)。

アルテオン 新型 日本上陸 2021年

Source: CarWatch

アルテオンシューティングブレーク 新型 日本上陸 2021年

Source: CarWatch

アルテオンシューティングブレーク 新型 日本上陸 2021年

Source: CarWatch

いや〜美しい。

内装もパサートと少し差別化をしているようです。スポーティでカッコいい。

アルテオン シューティングブレーク 新型 日本上陸 2021年

Source: Response.jp

なお、現行アルテオンにメロメロになった記事はこちらです。

VWアルテオン試乗 | セクシーさ・実用性・「R」の刺激、3つの裏切りで恋に落ちるまで
ディーラーから試乗キャンペーンの案内が届いた時、筆者の心は揺れに揺れた。 旬を考えればT-Roc辺りを選ぶべきだろう。 しかし筆者は0.5秒ほど迷った末にアルテオンの欄にチェックを入れて送信ボタンを押していた。 結局のとこ...

新型パサートシリーズも継続投入!

さて、上記アルテオン、特にシューティングブレークが上陸となると、日本市場に継続投入されるか否かが気になってくるのがパサートシリーズ。本国では2019年6月に販売開始しているマイナーチェンジモデルですが、アルテオンと被るんじゃないの?って思ってしまいます。

しかしご安心を。パサートもセダン、ヴァリアント揃って2021年に日本上陸するようです。

元々日本においては、今年3月に筆者が愛車のパサートオールトラック購入を検討していた際に既に国内在庫が希少になっており、2020年冬にもマイナーチェンジモデルが日本上陸する可能性があると営業さんから聞いていたのですが(そのお陰で結構な値下げを頂けたのですが・・・)、コロナの影響などで少しずれ込み、2021年上半期に上陸する事になったようです。

既に発表されている通り全体的に基本的にキープコンセプト。デザイン面でもフロントマスクではグリルが最近のVWデザイン言語に則って少し縦方向に広がったくらいでパッと見で見分けるのはオーナーでも難しいかも(笑)

パサートヴァリアント 新型 日本上陸 2021年

Source: Response.jp

リア周りもあまり変わりません。一番わかり易いポイントとして、最近のVWのお作法で車名ロゴがセンターに寄っています。

パサートヴァリアント 新型 日本上陸 2021年

Source: Response.jp

内装もゴルフ8などに比べると変化は少なく、相変わらず上質にセンスよく仕上げています。シフトレバーやエアコンの物理操作部が残るのは良いですね。

パサートヴァリアント 新型 日本上陸 2021年

Source: Response.jp

気になるアルテオンとの関係は?

で、気になるアルテオンとの被りですが・・・

これまでは、元々フォルクスワーゲンのDセグメントをカバーするパサートが、どちらかというとトラディショナルなセダンとステーションワゴンボディを擁して居たところに、アルテオンが新たなファストバックという今風のスタイリングを持ち込んで登場した、ということで、一応ボディスタイルとしてはギリギリ棲み分けが出来ていたわけです。

そこでアルテオンがシューティングブレークボディを手に入れてしまうと、今風とは言え流石に棲み分け厳しいんじゃないの?という風に思ってしまう訳ですが、営業さんとこんな会話を交わしています。


筆者:「アルテオンシューティングブレークとパサヴァリ両方入れると被らないですか?」

営業さん:「実は価格帯が150万円以上違うので、被らない感じになってるんです」

筆者:「でも現行はアルテオンとパサートの特にRラインはほぼ同じ車ですよね」

営業さん:「そうなんです。なので逆に言うと実はパサートがすごいお買い得なんです」

筆者:「でも新型では結構差別化してきてる感じしますよね」

営業さん:「その様ですね。そうしてくれないとこちらも困るんですよ〜(笑)」


確かに現状でも(エントリーグレードのトリックというのもあったりするものの)価格帯がずれています(パサート:441万円〜、アルテオン:625万円〜)。またサイズも若干アルテオンの方が大きくなっています。

一番大きな違いはパワートレインで、比較のためにR-Lineで比べると、両者とも2リッターTSIエンジンですがパサートのそれはゴルフGTI系の220psのもの、一方のアルテオンは280psのゴルフR Line系のものです。また駆動方式もパサートはFFのみ、アルテオンは全て4MOTION。

ただ一方で、内装は多くの部分が共通ですし、荷室容量ではパサートの方が勝っているので、そこまでのハイパワーやAWDが必須でない場合はパサートでも十分と言えます。実は本国のアルテオンには1.4リッターモデルやFFモデルもあるので、あちらでは被り感は一層強いかも知れません。

新型では現行より差別化を図っている様なので、早く日本に上陸した両車をじっくり比べてみたいものです。

 

ちなみに下の1枚めが現行アルテオン、2枚目が我が家のパサートオールトラックのインパネです。間違い探し、してみて下さい(笑)

アルテオン 内装 インパネ

Apple iPhone XS, (4.25mm, f/1.8, 1/105 sec, ISO100)
現行アルテオンのインパネ

VW フォルクスワーゲン パサートオールトラック PassatAlltrack

OLYMPUS E-M1MarkII, LEICA DG VARIO-ELMARIT 12-60mm / F2.8-4.0 ASPH. / POWER O.I.S. (22mm, f/3.3, 1/60 sec, ISO200)
現行パサートオールトラックのインパネ

あ、個人的には予算的にアルテオンには(少なくとも新車では)手が届かないので微妙もへったくれも無いんですけどね(爆)

パサートオールトラックの上陸有無は不明

これもゴルフと同様お約束ですが、オールトラックはまだ不明です。本国では新型パサートオールトラックは発表されているものの、営業さん曰く日本上陸の情報はまだ届いていないそうです。

昨今のSUVブームで常に消滅の不安が伴うカテゴリーですが、個人的にはもちろん、様々なメディアでもパサートファミリーの隠れたベストバランスと言われるオールトラック、ぜひ存続して欲しいものです。

パサートオールトラック 新型 日本上陸 2021年

Source: Carview

既にフルモデルチェンジ(B9)の話も進んでいるらしい

さて、2021年に日本にやってくるのはあくまでも2014年に誕生し翌年日本に導入された現行モデル(B8)のマイナーチェンジ版です。一方で、フルモデルチェンジ、つまりB9の開発についても既に進んでいる模様です。

【ついに投入決定】フォルクスワーゲン次期パサート(B9) 9代目はヴァリアントも継続 2023年導入へ | AUTOCAR JAPAN
独フォルクスワーゲンが、次世代型「パサート」に、セダン/ワゴンの投入を決定。自動運転レベル3と5G接続機能など、充実した機能と優れた積載性で、使い勝手のいい新モデルになることが期待されます。

この記事によると、やはりアルテオン、そして電動SUVであるID.4とのカニバリの懸念が社内で存在することが示唆されています。よって登場するとすればよりスペース効率が高い実用的なモデルとして位置づけられるようです。そうであれば非常に合理的ですが、日本導入については引き続き危ぶまれる状況が続きそうですね。

ID.3、ID.4上陸の情報は未だ無し

さて、筆者が個人的に一番楽しみにしているのが、本国では2020年7月に注文開始となった電動車のID.3やID.4です。機能性とFun to driveを両立するのが上手なフォルクスワーゲンがEVを作るとどうなるのか、早く乗ってみたくて仕方がないんです。本当はゴルフGTEとかにも乗ってみたかったのですが既に日本市場には試乗車含め全然玉が無いんだとか・・・

しかし残念ながら営業さん曰く現時点では上陸の情報は入っていないそうです。う〜ん、楽しみ!

フォルクスワーゲン ID.3

ID.3 Source: Response.jp

フォルクスワーゲン ID.4

ID.4 Source: Carview

2021年は既存車種の進化を大いに楽しもう!

ということで、2021年はT-Rocなどのような完全新規車種の導入は今の所聞こえてきませんが、既存の名車たちが進化した姿を目の当たりにするるのを大いに楽しみにしたいですね。

内装にインフォテイメントにと大幅に進化してデジタル化の面でも改めてベンチマークの座に君臨しそうなゴルフ8。そして間違いなくエロエロボディを纏って海を渡ってくるアルテオンシューティングブレーク。パサートだって、地味な進化点を探し当てるのが現行オーナーとしては密かな楽しみです(笑)

あと、ティグアンやポロ、ゴルフトゥーラン、シャランなどについては話を聞けていませんので、もし追加情報があれば追記したいと思います。

車選びはやっぱり楽しい^^

 

あ、買いませんけどねw

アルテオン シューティングブレーク 日本上陸 2021年

Source: CARICOS

[PR]【頭金ゼロ!】お好きな新車に月々1万円から乗れる『MOTA定額マイカー』
[PR] 一括査定より簡単で安心オークション形式♪1回の査定で最大5,000社が愛車に最高金額提示!
にほんブログ村 車ブログへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました