キャンプで生まれた家族のかたち、そして新たな旅路へ。| 節目のファミリーキャンプ@ネイチャーランドオム②

こんにちは、10max(@10max)です。

ベトナム赴任前最後のファミリーキャンプレポの後半、2日目の朝です。前半はこちら↓

キャンプで生まれた家族のかたち、そして新たな旅路へ。| 節目のファミリーキャンプ@ネイチャーランドオム①
こんにちは、ベトナム駐在生活が始まって1ヶ月あまりが経った10max(@10max)です。 そして、最近は専らベトナム赴任に関する旅ブログの方の更新が続いていたので、本ブログ「OUTMOBILの更新は久々です。 正直なところ、「...
Sponser’s Link

厳然たるタイムリミット

2泊3日のネイチャーランドオム古民家風コテージでのキャンプも残すところあと1日半。これまでであれば「まだまだたっぷり時間はある」と感じていたはずですが、この朝は「明日には帰ってしまうのだ。そしてそ再び家族でキャンプに来ることはあるのだろうか・・・」と、一抹の寂しさが胸を過ぎります。

そしてコテージのそばに佇む愛車パサオ君ことパサートオールトラックとのキャンプは、間違いなくこれで最後(後で触れますが、なんとパサオもそれを感じとっていたのか、夜中に不思議な現象が起こります)。

今までもキャンプに来るたびに「子供達はいつまでキャンプについて来てくれるのかな〜。パサオとあと何年キャンプに行くんだろうな〜」と言ったそこはかとない切なさはありましたが、それでもある日を以て確実に終わりが来るという事ではありませんでした。

しかし今回は大きく異なります。海外赴任という道を選んだことで、厳然たるタイムリミットが出現したのです。

そのタイムリミットに向けて、砂時計の砂は確実に落ちていきます。

パサートオールトラック キャンプ ネイチャーランドオムSONY ILCE-7C, (72mm, f/2.8, 1/200 sec, ISO100)

Sponser’s Link

それでも森の時間は緩やかに流れていく

しかしそれでも砂の落ちる勢いを遅らせるためのヒントはあります。

それは、森の中では時間が実に緩やかに流れてくれるということ。

ネイチャーランドオム 日本建築 山桜 土間SONY ILCE-7C, (28mm, f/8, 1/30 sec, ISO1250)

この2日目は一日中何もしないと決めていました。

道志の森とせせらぎに囲まれ、子供たちは気ままに遊び、コーヒーを淹れ、太陽が南に昇れば昼食を摂り、再び森の中で自由にダラダラと過ごし、写真を撮り、日が傾かないうちからビールを飲み・・・

そんな風に自然の中で家族だけの時間を過ごそう。GWの渋滞の中でやきもきするのは疲れるだけだし勿体ない。

思い出は頑張って作り出すものではなく、過ごした時間が心に積もって出来ていくものなんだ。

ネイチャーランドオム 日本建築 山桜SONY ILCE-7C, (50mm, f/2.8, 1/50 sec, ISO100)

ネイチャーランドオム 日本建築 山桜SONY ILCE-7C, (54mm, f/2.8, 1/60 sec, ISO200)

パサートオールトラック キャンプ ネイチャーランドオムSONY ILCE-7C, (28mm, f/2.8, 1/500 sec, ISO100)

筆者がローアングルで愛車のパサオを撮っていると、負けじとローアングルで愛車(GVBインプレッサのトミカ)をローアングルで激写する中学生。

SONY ILCE-7C, (75mm, f/2.8, 1/80 sec, ISO125)

ネイチャーランドオム パサートオールトラック キャンプSONY ILCE-7C, (75mm, f/2.8, 1/200 sec, ISO100)

筆者が土と草の地面を力強く踏みしめる愛車を撮っていると、負けじとワイルドな斜面で愛車を激写する中学生。

SONY ILCE-7C, (75mm, f/2.8, 1/100 sec, ISO100)

こうしたどうでもいい時間が、ただただ愛おしいのです。

朝食にクノールのスープを作ります。こうして皿に並べるとインドのスパイス屋の様な風情です。

クノール スープ キャンプ 朝食SONY ILCE-7C, (50mm, f/2.8, 1/1000 sec, ISO250)

キャンプ スープ 朝食SONY ILCE-7C, (42mm, f/2.8, 1/1000 sec, ISO2000)

コンビーフといなばのガパオ缶詰でホットサンドを作ります。

ズボラですが激ウマです。

キャンプ ホットサンド コンビーフ いなばのガパオSONY ILCE-7C, (55mm, f/2.8, 1/800 sec, ISO640)

キャンプ ホットサンド コンビーフ いなばのガパオSONY ILCE-7C, (57mm, f/2.8, 1/800 sec, ISO400)

キャンプ ホットサンド コンビーフ いなばのガパオSONY ILCE-7C, (45mm, f/2.8, 1/800 sec, ISO320)

キャンプ ドリップコーヒー マグカップSONY ILCE-7C, (59mm, f/2.8, 1/320 sec, ISO100)

まだまだ一日は始まったばかり。

何しろ今日は何もしないで過ごす平凡で特別な一日なんだから。

キャンプ ハンギングドライネット コールマンSONY ILCE-7C, (49mm, f/2.8, 1/60 sec, ISO100)

SONY ILCE-7C, (40mm, f/8, 1/500 sec, ISO100)

次男が焚き火の燃料代わりの松の葉を拾いたいと言い出したので細君がついていきます。

森の散策では子供達は大人が気付かない様々な発見をしていることでしょう。

ネイチャーランドオムSONY ILCE-7C, (75mm, f/2.8, 1/1000 sec, ISO8000)

これが本当によく燃え上がるんです。松脂が含まれていますからね。

次男、グッジョブ!

キャンプ 薪 松の葉SONY ILCE-7C, (46mm, f/2.8, 1/60 sec, ISO100)

森の中でプチダウンヒルにちょうどいい少しガレた斜面がありました。

セミファットのタイヤが大きな瓦礫も軽くいなします。長男のフォームも板に付いてる。

MTB キャンプ ネイチャーランドオムSONY ILCE-7C, (75mm, f/2.8, 1/1600 sec, ISO2500)

パサートオールトラック キャンプ ネイチャーランドオムSONY ILCE-7C, (75mm, f/2.8, 1/1000 sec, ISO400)

行きは良い良い帰りはこわい。

ネイチャーランドオム キャンプ MTBSONY ILCE-7C, (75mm, f/2.8, 1/500 sec, ISO100)

ネイチャーランドオム 小川SONY ILCE-7C, (75mm, f/2.8, 1/3200 sec, ISO10000)

水が綺麗だなと思ったら、わさびを作っていました。道理で。

ネイチャーランドオム わさび田SONY ILCE-7C, (28mm, f/5.6, 1/100 sec, ISO100)

5分で潰えた「森の中でドヤり顔ブロガー計画」

静かな森の中でブログを更新してみるというのも乙なもの・・・と思い密かに持ってきたMacBook Proを広げて一人ドヤ顔をします。

SONY ILCE-7C, (57mm, f/2.8, 1/60 sec, ISO200)

しかしその5分後、子供たちが「お腹すいたー!」と言って戻ってきたため、密かな「森の中でドヤり顔ブロガープロジェクト」は一瞬で終わってしまいました。

昼も出かける時間が惜しいのでカップラーメンで済ませます。しかしここは森の中、カップラーメンこそ圧倒的MVPであることは宇宙誕生以来のこの世の摂理です。

カップラーメン キャンプSONY ILCE-7C, (50mm, f/2.8, 1/3200 sec, ISO100)

ネイチャーランドオム 手作りブランコSONY ILCE-7C, (28mm, f/3.2, 1/640 sec, ISO100)

パサートオールトラック キャンプ ネイチャーランドオムSONY ILCE-7C, (75mm, f/2.8, 1/1600 sec, ISO160)

Sponser’s Link

暮れゆく森と節目の晩餐

道志の森に夕暮れが訪れます。

SONY ILCE-7C, (35mm, f/7.1, 1/100 sec, ISO100)

ネイチャーランドオム 夕暮れSONY ILCE-7C, (34mm, f/8, 1/60 sec, ISO100)

出来るだけどこへも出掛けないコンセプトでしたが、食材の買い出しだけは行かなくてはなりませんでした。せっかく出掛けたので、帰りに温泉にも立ち寄って2日間の汗と埃を落としてきました。

道志の湯|山梨県道志村にある日帰り温泉
道志の湯は山梨県道志村にある日帰り温泉施...

節目の晩餐・・・そう、海外赴任前の最後のキャンプの夜です。

そんな節目の晩餐でも、ズボラキャンプ飯路線に変更はありません。節目だからこそ、あえての定常飛行です(←後付け)。

まずはウインナーを焼きます。焼くだけですが、確実に優勝案件です。

キャンプ ウインナーSONY ILCE-7C, (52mm, f/2.8, 1/60 sec, ISO125)

焼き鳥を焼きます。スーパーでパックに入っていた焼き鳥セットを焼くだけです。

キャンプ 料理 焼き鳥SONY ILCE-7C, (45mm, f/2.8, 1/50 sec, ISO200)

しかも、パッケージに「うまい!!」と書いてあるのだから美味くないはずがありませんよね。

キャンプ 料理 焼き鳥SONY ILCE-7C, (45mm, f/2.8, 1/50 sec, ISO100)

次に山芋のお好み焼き的なお惣菜をフライパンでジュジュっとやります。

キャンプ 料理 山芋SONY ILCE-7C, (39mm, f/2.8, 1/125 sec, ISO3200)

こちらもパッケージに「ふわとろ~り」と書いてあるだけあり、中々のふわとろ~り具合です。

キャンプ 料理 山芋SONY ILCE-7C, (46mm, f/5.6, 1/50 sec, ISO2500)

簡単にできる「野菜チョッポギ」というものが売っていたので、買ってみました。

キャンプ 料理 チャッポギSONY ILCE-7C, (29mm, f/2.8, 1/160 sec, ISO3200)

本当に簡単で美味かったです。

キャンプ 料理 チャッポギSONY ILCE-7C, (49mm, f/2.8, 1/160 sec, ISO12800)

他にもいくつかズボラなものを食べた気がしますが、載せるに忍びないのでこのくらいにしておきましょう。ズボラキャンプ飯特集はこちらの記事を御覧下さい。

【本当に手抜き】カセットコンロで作る簡単キャンプ飯21選 -「料理しにキャンプに行ってるんじゃない」という人向け
2021年7月8日更新:同日発売のムック本「CAMPビギナー まずはコレ」(マガジンボックス社)に本記事の内容を掲載頂きました。詳細は本記事末尾を御覧下さい。 2021年12月23日更新:スパムズッキーニ炒めとスパム炒め追加 こんにちは...
Sponser’s Link

キャンプが家族にくれた、かたちの無い何か

焚き火タイムです。

この広い森の中に自分たち家族しか居ないかのような不思議な感覚に包まれます。

焚き火 ファミリーキャンプ ネイチャーランドオムSONY ILCE-7C, (54mm, f/2.8, 1/160 sec, ISO2500)

マシュマロを焼きます。

焚き火 マシュマロ ファミリーキャンプ ネイチャーランドオムOLYMPUS E-M1MarkII, OLYMPUS DIGITAL CAMERA (60mm, f/4, 1/100 sec, ISO200)

マシュマロを焼きながら、家族とのキャンプの日々を振り返ります。

初めてファミリーキャンプに挑戦したのは2014年、8年前のことでした。長男が年長、次男が年少になった年です。

ファミリーキャンプ事始め −かずさオートキャンプ場−
前回更新から一年間一ヶ月も空いてた・・・( ;´Д`) 気を取り直して・・・先週末、家族でキャンプに行ってきましたよ! 筆者も独身貴族時代にオートバイで何回かテントを張ったくらいなもので、ましてやファミリーキャンプは初め...

ファミリーキャンプを始めた理由は実にしょうもないもので、4人で旅行に行くと費用が嵩んでしまい年に1度か2度しか連れて行ってあげられないので、代わりにお金の掛からないキャンプに沢山行こう、という発想でした。

実際その後、旅行らしい旅行といえば沖縄含む国内旅行に何度か行ったくらいで、海外となると家族4人揃って行ったことはありません。

その代わりに、当初の考え通り、いやむしろすっかりハマってしまい、当初の想像以上に頻繁にキャンプに行きました。足掛け8年の間、毎年4月~11月くらいの間は毎月のようにキャンプに行きました。1ヶ月に複数回行ったこともあります。それらにかかった費用を全てかき集めたら1度くらい4人で海外旅行に行けたかも知れません(笑)

では、それで家族が得たものは何だったんだろう?

 

海外旅行であれば、より鮮烈な形を持った風景が記憶として残ったかも知れません。

国内であっても、その土地土地の名所の記憶はより分かりやすい形として残ったかも知れません。

 

一方キャンプには、珍しい建造物も名所も何もありません。

シンデレラ城もUSJのアトラクションもありません。

風景といえば、山や森、川や空、そして夜の闇と焚き火の灯りがあるばかりです。

そしてそれらはどのキャンプ場へ行っても驚くほど大きく変わるものではありません。

では、それで家族が得たものは何だったんだろう?

 

正解の無い問いですが、筆者の中には一つの答えのようなものが見えてきています。

それは、家族で過ごす数え切れないほどの時間の積み重ねのようなもの。

 

愛車に荷物を積み込み、都会を離れ、インターを降りると飛び込んでくる目の覚めるほどの青空と緑。

夜になると訪れるのは木々の葉擦れと小川のせせらぎ、焚き火の爆ぜる音以外の全てを遮断する分厚い闇。

そうした外界との接点を絶った中で、家族で火を囲み、バカ話をしたりなぞなぞをしたり火遊びをしたりマインクラフトをしたり・・・

つまりそれは自然と家族以外に向き合うもののない世界。

観光名所やアトラクションなど無くても、子供たちは自然の中で勝手に楽しみを見つけます。大人は子供たちと触れ合う時間を増やすことが出来ます。

観光名所やアトラクションは子供達が大人になり親元を巣立ってからでも幾らでも行くチャンスはありますが、自然の中で親子が触れ合う時間は今この時を逃すと二度と訪れることはありません。

 

一言でまとめると、キャンプを通して本当に多くの濃密な時間を家族で過ごすことが出来たな、と。

それは旅行の観光名所やアトラクションの記憶と違い、はっきりとした形のない、心に積み重なった絆のようなもの。

自分の勝手な思い込みかもしれないけれど、そんなところかな、と思いつつ、炎を眺めます。

焚き火 ファミリーキャンプ ネイチャーランドオムSONY ILCE-7C, (75mm, f/2.8, 1/160 sec, ISO12800)

突然ヘッドライトが点灯・・・!何かを訴えるもう1人の大切な家族

そんな事を考えながらみんなで焚き火を囲んでいると、突然闇を切り裂く閃光が・・・!

光源の方を振り向くと、それはなんと筆者たち家族を見下ろす位置に停まっていた愛車パサートオールトラックのヘッドライトでした。

パサートオールトラック キャンプOLYMPUS E-M1MarkII, OLYMPUS DIGITAL CAMERA (25mm, f/3.5, 1/13 sec, ISO6400)

ビックリして車を確認しに行きましたが、特に何も異常は無く、 ヘッドライトも勝手に消えました。キーはバッグの中に仕舞っていたので誤ってキーを操作したという事も考えられません。

その事をTwitterで投稿したら、ブログ仲間のtogariさんからこんなリプライが・・・

これはやられましたよ・・・

大事な家族の一員であるパサオ、この家族での最後のキャンプという事を察して、何かを訴えかけようと思ったんじゃないか・・・と。

だって本当に最後の夜の、最後の焚き火という絶好のタイミングで、闇を貫くLEDヘッドライトで家族を照らすなんて、もうこれ以上の鮮やかなメッセージってあるでしょうか!?

一度そう思い始めたらそうとしか思えなくなって、ちょっと泣きそうになっちゃったじゃないですか( ;∀;)

 

そんな事もあり、忘れられない夜が更けていきます。

焚き火 ファミリーキャンプ ネイチャーランドオムOLYMPUS E-M1MarkII, OLYMPUS DIGITAL CAMERA (18mm, f/3.2, 1/60 sec, ISO200)

Sponser’s Link

出発の朝

帰京の朝です。3日間に渡って青空に恵まれました。

SONY ILCE-7C, (37mm, f/5.6, 1/800 sec, ISO100)

パサートオールトラック キャンプ ネイチャーランドオムSONY ILCE-7C, (75mm, f/8, 1/500 sec, ISO100)

パサートオールトラック キャンプ ネイチャーランドオムSONY ILCE-7C, (75mm, f/2.8, 1/160 sec, ISO100)

朝食は簡単にパンで済ませます。

キャンプ 朝食 パンSONY ILCE-7C, (42mm, f/4.5, 1/200 sec, ISO100)

朝の光を浴びた新緑が眩しいほどです。

空気はまだ冷ややかさを残しており、怠惰な人間の背筋を伸ばしてくれようとしているかのよう。

ネイチャーランドオム 日本建築SONY ILCE-7C, (28mm, f/8, 1/250 sec, ISO100)

ネイチャーランドオム 小川SONY ILCE-7C, (28mm, f/8, 1/30 sec, ISO100)

一方子供たちは怠惰とは無縁、最後の瞬間まで遊びに出掛けます。

キャンプ MTB ネイチャーランドオムSONY ILCE-7C, (75mm, f/2.8, 1/500 sec, ISO250)

SONY ILCE-7C, (45mm, f/2.8, 1/200 sec, ISO250)

手作りブランコ ネイチャーランドオム キャンプSONY ILCE-7C, (58mm, f/2.8, 1/200 sec, ISO100)

ラストロングラン、頼むぜパサオ!

頼もしい相棒、パサートオールトラック、最後のロングドライブです。

キャンプの時も、雪山の時も、この車で遠出する時の合言葉はいつもこれでした。

「頼むぜパサオ!」

いつも大事な家族を守って走り続けてくれたパサオ、最高です。

もちろん最後も、快適なドライブでみんなを送り届けてくれました。

パサートオールトラック キャンプ ネイチャーランドオムSONY ILCE-7C, (34mm, f/2.8, 1/160 sec, ISO100)

帰宅後、パサオに敬意を込めて早速洗車します。

車好きの長男が手伝ってくれました。彼も将来、こうして自分の愛車を洗うんだろうなあ。

パサートオールトラック 洗車Apple iPhone 12 Pro, (6mm, f/2, 1/600 sec, ISO25)

パサートオールトラック 洗車Apple iPhone 12 Pro, (4.2mm, f/1.6, 1/2800 sec, ISO32)

筆者が頼んでいないのに、ホイールの隙間の汚れまで落としてくれる長男。車好きの鑑ですね。

パサートオールトラック 洗車Apple iPhone 12 Pro, (4.2mm, f/1.6, 1/800 sec, ISO32)

ついでに子供達の愛車であるMTBも洗います。

これらのMTBは、引き続きベトナムでも活躍して貰います!

Apple iPhone 12 Pro, (6mm, f/2, 1/470 sec, ISO25)

Sponser’s Link

そして新たな旅路へ

このキャンプレポの前半記事の冒頭で、このレポートの執筆に取りかかるまでに時間が掛かったのには、単に他のことに忙殺されていた事以外にも理由がある、と書きました。

その理由は、家族の、とりわけ子供達のベトナム生活が上手く回り出すかどうかについて自信が持てなかった事です。下の記事で触れた通り、筆者が一足先にベトナムで暮らし始めた後、日本に残してきた思春期真っ只中の子供達の心境がどう変化していくのか、日本の仲の良い友人達との別れが近づくにつれ、ベトナムへ渡ることが辛くなってしまうのではないか、という不安が常に心の片隅に有りました。

ベトナム駐在1ヶ月で思うこと – 理想と現実の手前で
ベトナム駐在開始からちょうど1ヶ月を迎えた10max(@10max)です。気付かないうちに疲れが溜まっているのか、先週は全身に謎の発疹が現れたりしましたが、駆け込んだ病院で「そのうち治るでしょう」(適当かよ!)と言われた通り実際にすぐに治り

しかし、これも上の記事で書いた通り、あるささいな出来事から家族の強い絆を改めて確かめることができ、家族揃ってのベトナム生活が上手く回りだしそうな予感を強く持つことが出来るようになりました。もちろん少なからず彼らにとって心理的負担が伴うことは間違い有りませんが、それでも上記記事で触れた通り子供達が「家族が離れ離れになるのはもっと嫌だ」と思ってくれているのであれば救いがあります。

それがキャンプレポを2ヶ月も温めていた事と何の関係があるのかって?

それは、もしも筆者たち家族の絆が、難しい年頃での転校を経て円滑に海外生活に踏み出せるほど強いものになっているとするなら、この足掛け8年のファミリーキャンプという営みも悪くはなかったのかもな、と思えるからです。

それによって、このキャンプレポへの向き合い方も変わってくるからです。

家族でのキャンプという営みは、ベトナムに赴任しようがしまいが、子供達の年齢を考えればどちらにしてもいつまで続いていたか分かりません。しかし、家族でのベトナム生活に踏み出すというチャレンジに、ファミリーキャンプで積み重ねた絆が少しでも役に立つのであれば、そんなに嬉しいことはありません。

そしてパサオもどこかで誇らしげに僕達家族を見送ってくれている事でしょう!

家族がベトナムへやって来るまであと4日、新しい世界線の始まりが楽しみで仕方有りません。

ネイチャーランドオム ファミリーキャンプSONY ILCE-7C, (75mm, f/2.8, 1/200 sec, ISO160)

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへにほんブログ村 車ブログへ

コメント