ベトナムモーターショー2022潜入レポ | シビックタイプR、三菱XFCコンセプト初披露など盛り沢山!

こんにちは。ベトナムの車事情に浸り過ぎて帰国したら右車線を逆走しそうで怖い10max(@10max)です。

さて、先日たまたま細君が

「うちの近所でベトナムモーターショーっていうのをやってるらしいよ」

などとスーパーの特売情報の如く軽いノリで言うので半信半疑で調べてみると、確かにうちのレジデンスからチャリで10分もかからないところで開催されているではありませんか(笑)

と言うことで、車好きの長男を誘い、最終日に当日券を当てにしてベトナムモーターショーに潜入してきたのでレポートをお届けしたいと思います。(チケット買ってんだから「潜入」でも何でもないだろ!と突っ込まれそうですが言ってみたかっただけなので気にしないで下さい)

Sponser’s Link

ベトナムモーターショー2022出展ブランドは14社

ベトナムモーターショーの会場は、ホーチミン市7区の「サイゴン・エキシビジョン・コンベンションセンター」と言うイベント会場です。ミス・ベトナムなどの大規模イベントも行われるベトナム屈指の大展示場です。

今年の出展ブランドは以下の14社でした。

  • アウディ
  • ブラバス
  • ホンダ
  • ジープ
  • レクサス
  • メルセデス・ベンツ
  • 三菱
  • MINI
  • MG
  • RAM
  • スバル
  • トヨタ
  • フォルクスワーゲン
  • ボルボ

EV推し、SUV推し、走り重視など各社各様

各社の推し展示は結構分かれていた印象です。

まず、ドイツ勢のメルセデスとアウディはEV推し。EQSやe-Tronなどの新鋭EVをベトナムに持ち込み、アジアのEV市場に斬り込みをかけてきました。

ところで今回話題になったのは地場のVinFastが出展しなかったこと。VinFastはEV特化に舵を切っていますが、充電設備の整った先進国での販売に力を入れるために出展しなかったと言われ、ドイツ勢の戦略とは対照的です。

一方日本メーカーでEVを出展したのはトヨタとレクサスのみ。こちらも各社充電設備を考慮してのことですかね。トヨタもbZ4X以外は内燃機関とHVのみ。スバルと三菱はアジアでも人気のSUVメインでした。

ホンダは7月に日本で発表したばかりの「あの車」(記事タイトルでバレバレですが)をASEANで初めてお披露目、走り重視の出展でした。

なお、ベトナム市場ではマツダや韓国キア、仏プジョーもかなりの存在感がありますが、今回は不参加でした。これら3ブランドは実はベトナムではTHACO(タコ)という合弁企業が製造しており、THACOとしての共通の事情かもしれません。

Sponser’s Link

当日チケットでベトナムモーターショー潜入

ではいよいよ潜入しますよ〜。

会場はホーチミン市7区の「サイゴンエキシビジョン&コンベンションセンター」という、ミス・ユニバースベトナムなども行われるベトナムを代表する展示場。近所にあるのは知ってましたがこんなに立派な施設だとは・・・

サイゴン・エキシビション&コンベンション・センター(SECC) ベトナムモーターショーSONY ILCE-7C, (28mm, f/2.8, 1/2500 sec, ISO100)

しかしそこはやはりベトナム。来場者の多くがバイクで訪れています。

Apple iPhone 12 Pro, (4.2mm, f/1.6, 1/1600 sec, ISO32)

えっ?と二度見してしまった「藤原とうふ店」バイクも(笑)

もちろん車も多数!車好きが選びそうな車種が多数見られます。

駐車場見物もモーターショーの楽しみの一つですよね♪

サイゴン・エキシビション&コンベンション・センター(SECC) ベトナムモーターショーSONY ILCE-7C, (30mm, f/2.8, 1/1000 sec, ISO100)

会場時間である9時ちょうどに到着したところ、入口は全く混雑しておらずすぐに入ることが出来ました。

ベトナムモーターショー2022 入口SONY ILCE-7C, (28mm, f/2.8, 1/250 sec, ISO100)

入口のすぐ横に当日券売り場がありました。潜入じゃなくて普通に入れてよかった(笑)

そしてお値段は・・・なんと3万VND・・・約150円!!(円安無視)

ここまで安いとは・・・

ベトナムモーターショー2022 入場チケット 料金SONY ILCE-7C, (28mm, f/2.8, 1/2000 sec, ISO100)

入口でチケットを見せると、手や腕に日付入りのスタンプを捺されます。ちなみに2日間くらい消えず、会社で「タトゥー入れたの!?」と訊かれました。

ベトナムモーターショー2022 入口SONY ILCE-7C, (28mm, f/3.2, 1/60 sec, ISO100)

会場内ドーーーン!!

ベトナムモーターショー2022 会場内Apple iPhone 12 Pro, (1.54mm, f/2.4, 1/50 sec, ISO250)

こちらは9時の入場直後ではなく10時頃の様子です。最初は空いていましたが、気づけば凄い混雑ぶり。ベトナムの車好きも熱いな〜。

Sponser’s Link

日本国産ブランド

では各社メーカー・ブランドの展示ブースを見ていきましょう。まずは日本ブランドから。

ホンダはあの車のお披露目が・・・!

最初に目に入ったのはホンダブース。

近づいてみると、ロープで仕切られて中に入れない様になっています。そして「9:30」という表示が・・・(ベトナム語なので9時半に何が起こるのかは読めない)

ベトナムモーターショー2022 ホンダブース シビックタイプR 実車お披露目SONY ILCE-7C, (28mm, f/3.2, 1/80 sec, ISO100)

しかし奥の方を覗いてみると・・・

ベトナムモーターショー2022 ホンダブース シビックタイプR 実車お披露目SONY ILCE-7C, (111mm, f/5, 1/125 sec, ISO500)

おおっ!!これは!!

ということで筆者としてはここで初めて、日本でも7月に発表されたばかりの「あの車」(いやだからバレバレ)がここでお披露目されることを知ったのでした。

9時半までまだ時間があるので、少し他のブースを見て回ります。

スバルはフォレスター推し

スバルブースのひな壇を飾っていたのはやはりフォレスターでした。

やはりというのは何故かというと、正直ベトナムではフォレスター以外のスバル車をほぼ見ないんですよね。あとはたまにアウトバック。まあベトナムの道路事情を考えるとSUVが一番人気なのは頷けます。

ベトナムモーターショー2022 スバルブース フォレスターSONY ILCE-7C, (28mm, f/2.8, 1/40 sec, ISO100)

レヴォーグも展示されていました。そもそもベトナムではスバル車自体かなりレアですが、レヴォーグは本当に一度も見たことがないかも。

ベトナムモーターショー2022 スバルブース WRXワゴン レヴォーグSONY ILCE-7C, (28mm, f/2.8, 1/40 sec, ISO100)

と、お気づきかも知れませんが、車名のプレートに「WRX WAGON」とあります。アジアではこの名称で販売されている様ですね。オーストラリアでは「WRXスポーツワゴン」だったりしますが、お国ごとにウケる名称が違うんでしょうね。

ベトナムモーターショー2022 スバルブース WRXワゴン レヴォーグSONY ILCE-7C, (28mm, f/2.8, 1/30 sec, ISO200)

セダンタイプのWRXもあります。

ベトナムモーターショー2022 スバルブース WRXSONY ILCE-7C, (28mm, f/2.8, 1/50 sec, ISO100)

やはり「WRX」という名前には特別なイメージがあるので、それを薄れさせないためにも日本では「WRXワゴン」よりも「レヴォーグ」の方がいいという人が多いのかも?

そして意外にもBRZが居ました!先進国よりは道路事情が悪いとはいえ、最近はベトナム辺りでもだいぶ舗装が進んできたのでスポーツカー人気も盛り上がりつつあるのかも知れません。

ベトナムモーターショー2022 スバルブース BRZSONY ILCE-7C, (28mm, f/2.8, 1/100 sec, ISO100)

三菱はXFCコンセプト初出展

三菱ブースの目玉展示は10月19日に発表されたばかりのコンパクトSUV「XFCコンセプト」。これまでのアジアでの三菱のラインナップにはなかったセグメントです。

ベトナムモーターショー2022 三菱ブース XFCコンセプトSONY ILCE-7C, (28mm, f/2.8, 1/125 sec, ISO100)

そして、アジアの三菱といえば「パジェロスポーツ」。

これかっこいいな〜。日本で発売したら絶対売れると思うんだけど・・・三菱さん、ぜひご検討を!

ベトナムモーターショー2022 三菱ブース パジェロスポーツSONY ILCE-7C, (28mm, f/2.8, 1/100 sec, ISO100)

トヨタは

トヨタブースでは密かに新型クラウンとか展示されてないか期待していたのですが、ありませんでした・・・クラウンはアジア市場には展開されないんですかね。

更にもっと密かに、GRカローラ辺りが間違えて置かれてないかと期待しましたが、流石にありませんでした(笑)

ということで、目玉展示はEVのbZ4X。あとはベトナムで比較的よく見かけるカムリや、タクシーとして大量に走っているVIOS、アジア専用SUVのヴェロズなどなど。正直、あまりちゃんと見ませんでした。

ベトナムモーターショー2022 トヨタブース bZ4XSONY ILCE-7C, (57mm, f/4, 1/60 sec, ISO250)

ベトナムモーターショー2022 トヨタブース カムリSONY ILCE-7C, (28mm, f/4, 1/100 sec, ISO100)

ベトナムモーターショー2022 トヨタブースSONY ILCE-7C, (28mm, f/2.8, 1/125 sec, ISO100)

レクサスブース

レクサスも軽く流した程度ですが、ひな壇で人目を引いていたのは「LEXUX ELECTRIFIED」コンセプト。トヨタブースのbZ4Xやプリウスと合わせて、多様なパワーソースのアピールを狙ったのかも知れません。

ベトナムモーターショー2022 レクサスブース LEXUS ElectrifiedSONY ILCE-7C, (28mm, f/2.8, 1/80 sec, ISO100)

Sponser’s Link

ホンダはシビックタイプRをASEANで初披露!

さて、いよいよASEANで初めて新型シビック タイプRがベールを脱ぎます!

お披露目が始まる9時半が近づく頃にはホンダブースの周りには大量の人だかりが。何と言ってもアジア地域で初めですからね。

ベトナムモーターショー2022 ホンダブース シビックタイプR 実車お披露目SONY ILCE-7C, (28mm, f/5, 1/30 sec, ISO250)

お披露目は映像、ダンス、モデルのランウェイウォーク的なものを交えつつ、ここがベトナムだということを忘れてしまうほどのクオリティでした。正直な所、ベトナムの地でこんないいものが観られるとは全然思ってなかったので、ちょっと感動しちゃいましたよ。

その模様を地味に動画で全収録したので、ベトナムの車好きと共に盛り上がった様子を是非感じてみて下さい^^

さて、記事の方では一旦最後まで飛びます。お披露目の最後はこんな感じでモデル(これはアオザイじゃなくて普通のドレスなのかな)が勢揃いしてシビックタイプRを取り囲んで華やかに締めくくります。

ベトナムモーターショー2022 ホンダ シビックタイプR 実車お披露目

さっきまでの美しいモデル達から打って変わってベトナムの熱い車好きたちに取り囲まれるシビックタイプR(笑)

ベトナムモーターショー2022 ホンダ シビックタイプR 実車展示SONY ILCE-7C, (28mm, f/5, 1/80 sec, ISO100)

ボンネットも開けられて丸裸にされます。

ベトナムモーターショー2022 ホンダ シビックタイプR 実車展示SONY ILCE-7C, (28mm, f/4, 1/40 sec, ISO100)

子供がボディをポンポン叩いて回ってました・・・もう何でもあり状態(笑)

シビックタイプR 実車 フロント ベトナムモーターショー2022 ホンダSONY ILCE-7C, (28mm, f/5, 1/50 sec, ISO100)

早速エンスー達がコックピットに乗り込んでステアリングホイールやシフトレバーの感触を試します。

ベトナムモーターショー2022 ホンダ シビックタイプR 内装SONY ILCE-7C, (28mm, f/5, 1/30 sec, ISO250)

ベトナムモーターショー2022 ホンダ シビックタイプR 内装SONY ILCE-7C, (28mm, f/4, 1/60 sec, ISO100)

などと言いながら筆者もしっかり乗り込んで感触を味わってきたので、後日別記事でインプレッションをご紹介したいと思います!

ホンダブースにはアジア仕様の通常のシビックも。

シビックRSセダン ベトナムモーターショー2022 ホンダSONY ILCE-7C, (35mm, f/3.2, 1/40 sec, ISO100)

日本のシビックと何となく雰囲気が違うと思いません?

特にリア。

シビックRSセダン ベトナムモーターショー2022 ホンダSONY ILCE-7C, (28mm, f/4.5, 1/40 sec, ISO100)

そう、ベトナムなどのアジア仕様は5ドアハッチバックではなくセダンなのです。最初町中で見かけた時は「あれっ?」となりました^^;

こちらはHRーV。日本ではZR-Vヴェゼル(後日訂正)として販売されているモデルですね。

SUV人気の高いベトナムでも今後多く見かけることになりそうです。

HR-V(ZR-V) ベトナムモーターショー2022 ホンダSONY ILCE-7C, (28mm, f/3.2, 1/125 sec, ISO100)

Sponser’s Link

海外(日本以外)ブランド

続いて日本以外の海外ブランドブースの模様を簡単にご紹介します。最近のベトナムでは、フォルクスワーゲンやプジョーなどのノンプレミアムブランドは勿論のこと、ドイツ御三家やジープ、ボルボなど、欧米の輸入車も普通に見かけます。

メルセデスベンツブース

メルセデスの推しはEV。最新のEQSなどがひな壇に置かれていました。

ベトナムで充電出来るんだろか・・・。

ベトナムモーターショー2022 メルセデスブース EQSSONY ILCE-7C, (51mm, f/3.5, 1/60 sec, ISO125)

一方こちらはAMG GT53。羊の皮を被った4人ドアクーペ。やっぱりこっちでしょう(笑)

でもベトナムの道路環境では実力の5%くらいしか発揮できなさそう^^;

ベトナムモーターショー2022 メルセデスブース GT53SONY ILCE-7C, (28mm, f/3.2, 1/80 sec, ISO100)

アウディブース

アウディもEV推し。e-TronのSUVをひっさげて乗り込んで来ました。メルセデスにしてもアウディにしても、ベトナムの充電設備環境で売れるって考えてるのかなあ。

確かに7区や2区、ビンズンなどの一部の新興開発エリアの高所得者層に特化すればあり得ないこともないとは思いますが、パイは限られているような。

ベトナムモーターショー2022 アウディブース E-TronSONY ILCE-7C, (28mm, f/2.8, 1/80 sec, ISO100)

フォルクスワーゲンブース

一方のフォルクスワーゲンは内燃機関のSUV系をメインに押し出していました。EVを始めとするプレミアム層はアウディブランドに任せる戦略なのでしょう。

ベトナムモーターショー2022 フォルクスワーゲンブース ティグアンSONY ILCE-7C, (28mm, f/2.8, 1/50 sec, ISO100)

とはいいつつ、トゥアレグもありました。アジアではトゥアレグクラスの大型SUVはMQBプラットフォーム最大のテラモンテ(廉価版トゥアレグという位置づけ)が担っていたので、トゥアレグとはカニバリが起こりそうな。

しかしトゥアレグ格好いい!これが日本にあったらパサートオールトラックと迷っただろうなあ。

ベトナムモーターショー2022 フォルクスワーゲンブース トゥアレグSONY ILCE-7C, (28mm, f/4, 1/100 sec, ISO100)

えっと、君は誰w

ベトナムモーターショー2022 フォルクスワーゲンブースSONY ILCE-7C, (28mm, f/2.8, 1/30 sec, ISO400)

ボルボブース

ボルボもプラグインハイブリッドで電動化をアピールしていました。

このフロントの男性はモデルさんでしょうか・・・自然すぎてそのへんのお兄さんかと思いましたよw

ベトナムモーターショー2022 ボルボブース XC60SONY ILCE-7C, (28mm, f/3.2, 1/30 sec, ISO100)

こちらはV60クロスカントリー。V60ベースで最低地上高を210mmに上げた、48Vマイルドハイブリッドモデルですね。

ベトナムモーターショー2022 ボルボブース V60クロスカントリーSONY ILCE-7C, (30mm, f/3.2, 1/30 sec, ISO100)

長男が、

「やっぱりステーションワゴンベースのクロスオーバーは一番かっこいいなあ」

と呟いていたのを、元パサートオールトラック乗りの親父は聞き逃しませんでしたよ!教育が行き届いてますからねw

Jeepブース

ワイルドなイメージのジープはベトナムでも最近人気が高まっているようです。屋外会場でもイベントを開催していました。実際、7区などの高級住宅街を中心にちらほら見かけるようになりましたね。

ベトナムモーターショー2022 ジープブースSONY ILCE-7C, (28mm, f/2.8, 1/50 sec, ISO100)

MGブース

MGというとイギリスのスポーツカーブランドというイメージがありましたが、今では中国資本傘下でアジア向けのSUVをメインで作っているのですね。そしてこちらも電動車をメインでアピール。時代は移ろいますね・・・

しゃきっとカメラ目線頂きましたよ^^

ベトナムモーターショー2022 MGブース MG4SONY ILCE-7C, (80mm, f/4.5, 1/80 sec, ISO250)

いつの間にやら会場内はものすごい人と熱気。

完成車メーカーエリアを後にして、カスタム・パーツメーカーエリアも少しだけ覗きに行ってみましょう。

ベトナムモーターショー2022 会場内Apple iPhone 12 Pro, (1.54mm, f/2.4, 1/50 sec, ISO500)

Sponser’s Link

カスタム・パーツメーカーブース

ベトナムモーターショー2022 カスタム・パーツメーカーブースApple iPhone 12 Pro, (1.54mm, f/2.4, 1/100 sec, ISO200)

おお、古き良き日本のスポーツカー達がずらりと。しかもどれも左ハンドル。

ベトナムモーターショー2022 カスタム・パーツメーカーブースSONY ILCE-7C, (33mm, f/3.2, 1/40 sec, ISO200)

ベトナムでもアウトドア熱は高まっています。週末に郊外のキャンプ場へ出かける人が増えてきましたね。

筆者もキャンプ好きなのですが、ベトナムは年中虫が多そうなのでまだこっちでキャンプに行く決心はついていません・・・

ベトナムモーターショー2022 カスタム・パーツメーカーブースSONY ILCE-7C, (28mm, f/2.8, 1/30 sec, ISO200)

えっと・・・

ここモーターショーですよ・・・間違えちゃいました?

ベトナムモーターショー2022 カスタム・パーツメーカーブースSONY ILCE-7C, (28mm, f/2.8, 1/40 sec, ISO100)

これ想像ですが、ベトナムのタクシーとかに乗ると、必ずと言っていいほどダッシュボードの上に仏像とかが飾ってあるんですよね。たぶんそうした飾り物の展示なんじゃないかと。

しかし国際的なモーターショーに出展するほどのものかね・・・(笑)

ベトナムのタクシーのダッシュボード上の仏像SONY ILCE-7C, (47mm, f/3.5, 1/50 sec, ISO125)

こちらはゲーミングデバイスのブース。

ベトナムモーターショー2022 カスタム・パーツメーカーブースApple iPhone 12 Pro, (4.2mm, f/1.6, 1/60 sec, ISO400)

昼くらいに見に行ったらものすごい上手い人がプレイしていて感心して見入っていたのですが、いつまで経っても交代してくれません。流石に声をかけてみると驚きの回答が・・・

「今はランチタイムで休憩だからお客さん対応はしてないんだ」

ええーーーっ!!

もちろんモーターショーには「昼休憩」なんてありません。

こういうとこはベトナムだな〜〜〜w

Sponser’s Link

スバル×RUSS SWIFT スタント&ドリフトショー

最後に屋外イベント会場でのパフォーマンスショー。

長男はスバルファンなので、スバル主催のイベントというだけで内容が何なのか分からずとりあえず会場に行ってみたら、大当たり!ラス・スウィフトという、驚異的な精密さで有名なイギリスのプロスタントドライバーによるドリフトパフォーマンスショーでした!

ベトナムモーターショー2022 RUSS SWIFTドリフトショー スバルSONY ILCE-7C, (54mm, f/4, 1/400 sec, ISO100)

会場が結構狭いので、これでは大したパフォーマンスが観られないのでは・・・と思いきや、逆に狭いからこそラスの精密な車両コントロールが光るショーとなっていました。

WRXやBRZを自由自在にスライドさせるセンチ単位のコントロールはヒヤヒヤものですが、ミッションを見事にクリアする度に会場は大歓声に包まれます。

ベトナムモーターショー2022 RUSS SWIFTショー ドリフト スタント スバルSONY ILCE-7C, (76mm, f/4, 1/640 sec, ISO100)

片輪走行も彼にとっては簡単なもの。しかもこれ、助手席と後部座席に観客が乗ってます!

ベトナムモーターショー2022 RUSS SWIFTショー ドリフト スタント スバル

大歓声の中、長男も拍手で喝采を送ります。いやー、会場の一体感、すごかった!

ベトナムモーターショー2022 RUSS SWIFTショー ドリフト スタント スバルApple iPhone 12 Pro, (4.2mm, f/1.6, 1/430 sec, ISO32)

このSUBARU Russ Swiftパフォーマンスショーの模様も動画に収めましたので、ぜひ御覧下さい。

ショーの後、パフォーマンスで使われた車両を観察する長男。

ベトナムモーターショー2022 RUSS SWIFTショー WRX スバルSONY ILCE-7C, (47mm, f/4, 1/320 sec, ISO100)

ベトナムモーターショー2022 RUSS SWIFTショー WRX スバルSONY ILCE-7C, (86mm, f/4.5, 1/100 sec, ISO400)

すると長男がこんなことを・・・

「あれ?このホイール小さくない?」

と、見てみると、17インチとあります。WRXは通常は18インチなので、インチダウンしてあるようです。ドリフトにはこの方が良いのかな。

というか長男よ、目の付け所がエンスー過ぎだぞ!そんな教育した覚えは(以下自粛

ベトナムモーターショー2022 RUSS SWIFTショー WRX スバルSONY ILCE-7C, (28mm, f/4, 1/50 sec, ISO100)

Sponser’s Link

まとめ:ベトナムモーターショーで感じた世界共通の車好きの熱!

ということで、前日に思いついて飛び入りで行ってみたものの正直そこまで期待していなかったのですが、なんのなんの、かなり盛り沢山かつハイクオリティなモーターショーでした!

そしてベトナムも日本も車好きは同じ様に熱いな〜、というのを実感することが出来たのはとても良かったです^^

ベトナムモーターショー2022 出口SONY ILCE-7C, (28mm, f/8, 1/60 sec, ISO100)

会場は本当に自宅レジデンスからすぐなので、チャリンコで爽快に風を切りながら帰りました。ホーチミン市内でも特に7区は安全にサイクリング出来ます。長男も久々のサイクリングは気持ちよかった模様。

次回はシビックタイプRの実車インプレッションをお届けしたいと思います!

Apple iPhone 12 Pro, (1.54mm, f/2.4, 1/620 sec, ISO25)

にほんブログ村 車ブログへ

コメント