上小川キャンプ場で川遊びコテージキャンプ ③2日目朝/KingCampのバンブーテーブル導入

2020年5月25日

大人の秘密の遊びが過ぎて二日酔いの爽やかな朝です。

上小川キャンプ場 コテージ 川遊びOLYMPUS E-M1MarkII, LEICA DG VARIO-ELMARIT 12-60mm / F2.8-4.0 ASPH. / POWER O.I.S. (12mm, f/5.6, 1/80 sec, ISO200)

 

前記事↓

子供たちには昼間も夜も関係ない、と前回書きましたが、朝も関係ありませんw

上小川キャンプ場 コテージ 川遊びOLYMPUS E-M1MarkII, LEICA DG VARIO-ELMARIT 12-60mm / F2.8-4.0 ASPH. / POWER O.I.S. (12mm, f/5.6, 1/100 sec, ISO200)

子供たちは例によって、

「どうして大人は朝はあまり遊ばないんだろう?」

と疑問に思っているかも知れませんね。

その答えは君たちが大学生くらいになったら分かるよ・・・頭痛いとか気持ち悪いとかいろいろあるんよ・・・

 

むしろ遊び過ぎた代償なんだよ・・・

 

そうも言ってられないので朝飯です。クッキングリーダーが沢山いるとオシャンティな食卓になります(☆ω☆)

上小川キャンプ場 コテージ 川遊びOLYMPUS E-M1MarkII, LEICA DG VARIO-ELMARIT 12-60mm / F2.8-4.0 ASPH. / POWER O.I.S. (34mm, f/3.8, 1/3200 sec, ISO200)

 

我が家の子供たちは朝飯というものにあまり興味が無く、「あさめし」の「あs」くらいで遊びに行ってしまいます。

上小川キャンプ場 コテージ 川遊びOLYMPUS E-M1MarkII, LEICA DG VARIO-ELMARIT 12-60mm / F2.8-4.0 ASPH. / POWER O.I.S. (12mm, f/5.6, 1/1250 sec, ISO200)

もう九月ですが、真夏ですね。

上小川キャンプ場 コテージ 川遊びOLYMPUS E-M1MarkII, LEICA DG VARIO-ELMARIT 12-60mm / F2.8-4.0 ASPH. / POWER O.I.S. (46mm, f/3.9, 1/2000 sec, ISO200)

 

上小川キャンプ場 コテージ 川遊びOLYMPUS E-M1MarkII, LEICA DG VARIO-ELMARIT 12-60mm / F2.8-4.0 ASPH. / POWER O.I.S. (12mm, f/3.5, 1/1250 sec, ISO200)

 

どこか懐かしい風景。

上小川キャンプ場 コテージ 川遊びOLYMPUS E-M1MarkII, LEICA DG VARIO-ELMARIT 12-60mm / F2.8-4.0 ASPH. / POWER O.I.S. (32mm, f/5.6, 1/500 sec, ISO200)

 

KingCampのバンブーテーブルを導入

今回、メインテーブルを新調しました。

今までは、2014年のファミリーキャンプデビュー当時よりこちらを使っていたのですが、かなりガタが来ているのと、ウリであるはずの真ん中のBBQコンロ置き、ぶっちゃけ最初の一、二回以来全く使っておらずw、それに構造が複雑な分設営、片付け、清掃も面倒だったんですよね^^;

North Eagle(ノースイーグル) テーブル FDバーベキューテーブル
画像:Amazon.co.jpより拝借

 

それと、見た目も何だか事務的だったので、もっとナチュラルな素材の味わいがあるテーブルにしたいなと思い、色々探してみました。

最初に考えた条件としてはこちらです:

  • 木や竹の天板がいいなあ
  • ロールトップテーブルは隙間の掃除が面倒だから、二つ折り~四つ折りくらいがいいなあ
  • 高さをハイからローまで調整出来るものがいいなあ
  • 4人家族が余裕を持って使うならサイズは長辺で100cmは欲しいなあ

で、最初に挙がったのはこれでした。

created by Rinker
キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)
¥10,602 (2020/07/04 06:21:49時点 Amazon調べ-詳細)

ですが、問題が二つあって、まず、二つ折りは二つ折りでも「縦長」に折れるんですよね。つまり、収納した状態がめっちゃ長い(120cm)ので、そんじょそこらの車には中々乗らない訳です^^; 三人乗車なら後席一つ畳めば良いんですけど四人乗車だと厳しい。

もう一点は足の高さが調整できない事です。

で、次に見たのがこちら。

created by Rinker
コールマン(Coleman)
¥12,800 (2020/07/04 06:21:49時点 Amazon調べ-詳細)

こちらは高さは調整できるのですが、やはり縦折り・・・。横に二つ折りってなんで少ないんだろう。

 

その他にもかなり探したのですが条件に合致するものは中々無く、唯一全ての条件を満たしたのがこちらでした!!

※ただ、残念ながら本記事執筆時点ではかなり品薄なようです。

あまり聞いたことのない中華ブランドですが、口コミ評価も非常に高く、実際使ってみた感じも非常に満足でした^^

Kingcamp バンブーテーブル 折り畳み キャンプ アウトドアOLYMPUS E-M1MarkII, LEICA DG VARIO-ELMARIT 12-60mm / F2.8-4.0 ASPH. / POWER O.I.S. (12mm, f/3.5, 1/1250 sec, ISO200)

ちょっと変わった天板の形ですが、端の処理も滑らかで厚みも十分で、質感はとても高いです。

Kingcamp バンブーテーブル 折り畳み キャンプ アウトドアOLYMPUS E-M1MarkII, LEICA DG VARIO-ELMARIT 12-60mm / F2.8-4.0 ASPH. / POWER O.I.S. (24mm, f/3.5, 1/3200 sec, ISO200)

高さも3段階で調整出来ますが、脚の剛性も十分あってグラつきもありません。

むしろ、重量も11kgとかなり重厚で、片手で持ち運ぶのが少し億劫なくらいです。が、取っ手は付いているし、オートキャンプなら全く問題なし♪

あと、卓球台的な使い方が出来るような部品が付属されていますが、使わないなら放置しておけば良いだけです。価格的にも1万円ちょっとと、上の有名ブランド製品よりはお手軽です。

やはり天然素材の天板は目に優しく景色に馴染むのでいいですね♪

 

 

という事で、上小川キャンプ場の模様は以上です(•∀•)

(まだ去年のキャンプ在庫が2回分くらい残ってる・・・何とか今年度内に・・・)

[2019年9月8日の記録]

 

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ