カーサイドタープでファミキャンを超簡単&時短化してみた | FIELDOORカーサイドタープレビュー

カーサイドタープ キャンプ 設営 簡単 楽 時短 メリット デメリットSONY ILCE-7M2, TAMRON 28-75mm F/2.8 Di III RXD (Model A036) (28mm, f/2.8, 1/60 sec, ISO125)

本格派ズボラファミリーキャンパーの10maxです。この「本格派」は「キャンパー」ではなく「ズボラ」にかかります(←ココ重要)。

カーサイドタープというと簡易的な日よけのイメージがあったのでファミリーキャンプで利用する事はあまり考えていなかったのですが、今回ファミリーキャンプで実際に使ってみたら「全然イケるじゃん」と感じたのです。ということで本記事ではファミリーキャンプでカーサイドタープを使用してみたインプレッションを、メリット・デメリットと合わせてお伝えしたいと思います。

現地でも設営の楽さと荷物のコンパクトさに感動してツイートしました!感激しすぎて「優勝」を「優秀」と打ち間違えてますが・・・

スポンサーリンク

使ったのは河川敷デイキャンプ用に買ったFIELDOORカーサイドタープ

実はカーサイドタープ自体は昨年から使っていました。ただし、上で少し触れた通りファミリーキャンプ用ではなく、河原でのデイキャンプ&ワーケーション、つまり屋外で一人でリモートワークをするのための簡易的な日除けのために購入したものでした。

そのため、高価なものではなく、高コスパで有名なFIELDOORの7000円台のものを購入しました。

こんな感じで一人でのPC作業のための最低限のスペースをカバーするイメージです。

カーサイドタープ キャンプ 設営 簡単 楽 時短 メリット デメリット FIELDOORSONY ILCE-7M2, TAMRON 28-75mm F/2.8 Di III RXD (Model A036) (75mm, f/2.8, 1/640 sec, ISO100)

遠くから見るとこんな感じ・・・こんなところでキーボードカタカタ叩いたりZoom会議してたら、かなり怪しい人ですね。

カーサイドタープ キャンプ 設営 簡単 楽 時短 メリット デメリット FIELDOORSONY ILCE-7M2, TAMRON 28-75mm F/2.8 Di III RXD (Model A036) (28mm, f/11, 1/100 sec, ISO100)

怪しい人感満点ですが、河川敷でのワーケーション自体は非常に気分をリフレッシュできてオススメなので関心がある方はこちらを御覧下さい。

キャンプ×テレワークは最高に気持ちいいワーケーションだった【どうせなら思いっきり楽しい方に働き方を変えてみる】
コロナ禍に伴って始まった在宅勤務やテレワークの日々、皆様いかがお過ごしですしょうか。 最初のうちは満員電車に乗らなくて済むようになったりということで前向きだたものの、こう何ヶ月も続いたんじゃあ、やれ息詰まるだの運動不足になるだの気分転...

で、カーサイドタープと言っても実はいろいろなタイプのものがあるのですが、結論から言うとこの簡易的なFIELDOORのカーサイドタープで大正解でした。

他のタイプ、即ちよりシェルター的な本格的かつ高価なもの、ということになるのですが、それらだと結局設営にそれなりの手間と時間がかかってしまい、時短効果は若干小さくなります。まあそれでも通常のタープよりは簡単なので、求めるプライベート感などに応じて検討されてもよいでしょう。

スポンサーリンク

カーサイドタープをファミキャンで導入しようと思ったきっかけ

今回ファミリーキャンプで使ってこなかったカーサイドタープに注目する事になった理由は主に2つありました。

設営の時短化をしたかった

実は今年長男が中学校に上がり、原則毎週土曜登校という事になったため、土日でキャンプに行くためにはこれまでよりも一層キャンプのズボラ化設営撤収等に掛かる作業の時短化を推し進める必要が出てきました。

そこで今回導入したのが、Bears Rockの「ハヤブサテント」というテントと、FIELDOORのカーサイドタープです。「ハヤブサテント」の詳細とレビューについては下記記事を御覧下さい。

「ハヤブサテントTM-501 (Bears Rock)」購入レビュー | 超簡単設営&軽量コンパクト&高通気性の理想的ドームテント発見!
こんにちは。月イチズボラファミリーキャンパーの10maxです。 2014年にファミリーキャンプを始めてから足掛け8年、ついにテントを買い替えました。購入したのは、Bears Rockという国内アウトドアブランドの4~5人用ドームテント...

で、もうひとつのソリューションが、カーサイドタープの導入。後で詳しく触れますが、ヘキサタープはもちろん、比較的設営が簡単なコールマンのパーティシェード(今までメインで使っていた)に比べると想像以上に簡単で短時間での設営・撤収が可能になります。

コロナ禍につきグルキャンの食事を個別に

これは半ば個人的な事情なのですが、これまでファミリーキャンプは多くの場合他の友人家族とのグループキャンプになる事が多く、その場合タープ代わりに非常に重宝してきたのがコールマンのパーティシェードでした。ヘキサ/レクタタープよりも空間効率が良く、日除け面積も大きいために複数家族分のテーブルを設置する場合には最適でした。また、設営自体もヘキサタープより簡単で、原則張り綱不要なので設営面積もヘキサタープよりコンパクトなのが魅力。

コールマン「パーティシェード」の魅力と気になる点 | ファミリーキャンプ使い倒しレビュー
こんばんは。10maxです。 キャンプシーズン真っ盛りですね!一年で最も気持ちのいいキャンプが楽しめる季節の一つ、それがGW前後・・・!! でも、行けません。。。全くもってイケてません(涙)キャンプギアたちもさぞかし寂し...

カーサイドタープ キャンプ デイキャンプ ワーケーション 時短 簡単 設営OLYMPUS E-M1MarkII, LEICA DG VARIO-ELMARIT 12-60mm / F2.8-4.0 ASPH. / POWER O.I.S. (24mm, f/3.5, 1/2000 sec, ISO200)

ところが、コロナ禍を背景に食事を各家族ごと個別にしよう、となってきたため、必ずしもパーティシェードほどの空間は必要なくなり、1家族分のスペースだけカバーできればよいという事でカーサイドタープに白羽の矢が立ちました。

カーサイドタープをファミキャンで実際に使って感じた良い点

では実際にファミリーキャンプで使ってみた、良い方のインプレッションをお伝えします。

車載時等の収納サイズがコンパクト

自立式でフレームが極太重量級のパーティシェードと比べれば雲泥の差ですし、ヘキサタープと比べても小さいサイズです。スペック上の収納サイズは55cm×13cm×13cm。子供用のミニチェアと同じくらいのサイズ。

カーサイドタープ キャンプ 車載 コンパクト メリット デメリット FIELDOOR

Apple iPhone 12 Pro, (4.2mm, f/1.6, 1/400 sec, ISO32)
上から大人用のチェア、子供用のミニチェア、カーサイドタープ

車載時も、こんな感じでちょっとした隙間に潜り込ませることが出来まるので、常に車に積んでおいてデイキャンプ、的な用途にもぴったりです。

カーサイドタープ キャンプ 車載 コンパクト メリット デメリット FIELDOORApple iPhone 12 Pro, (4.2mm, f/1.6, 1/60 sec, ISO200)

設営が超絶速くて簡単:第一形態まで2分、最終形態まで5分

これが一番のメリットです。ヘキサタープなどと比べると本当にあっという間に設営が終わります。

まず、メインポールを2本組み立てて四隅のスリーブ(穴)に差し込み、タープの16個のフックをポールに引っ掛ければ本体が組み上がります。

そのタープ本体の一辺を車のサイドまたはリアに吸盤で固定。これだけで、簡易的な使い方=「第一形態」(勝手に命名)としては完成です。慣れればここまででたったの2分ほど。

カーサイドタープ キャンプ 設営 簡単 楽 時短 メリット デメリット FIELDOOR

SONY ILCE-7M2, TAMRON 28-75mm F/2.8 Di III RXD (Model A036) (44mm, f/8, 1/60 sec, ISO160)
吸盤のタープへの取り付け位置は変えることが出来、リアに取り付ける場合、車幅140cm〜180cmまで対応することが可能。

ワーケーション キャンプ カーサイドタープ パサートオールトラック

SONY ILCE-7M2, TAMRON 28-75mm F/2.8 Di III RXD (Model A036) (28mm, f/4, 1/125 sec, ISO100)
この時はリアハッチに付けたので一番狭い140cm幅の位置に吸盤を付けた。

さて、「第一形態」はこんな状態になります。写真撮ってないのでFIELDOOR公式HPから画像拝借。

カーサイドタープ キャンプ 設営 簡単 楽 時短 メリット デメリット FIELDOOR

車のサイドに取り付けた場合

カーサイドタープ キャンプ 設営 簡単 楽 時短 メリット デメリット FIELDOOR

リアに取り付けた場合

2人くらいまでならこれで不足は無いですし、とりあえず日除けとしては充分です。

さらに、3〜4人家族で余裕を持って使いたい場合や開放感を出したい場合はポールで外側を立ち上げて「最終形態」(これも勝手に命名)にします。張り綱とペグは2本ずつ。それを含めても、全部で5分かかるかどうかという感じです。

こちらが「最終形態」。

カーサイドタープ キャンプ 設営 簡単 楽 時短 メリット デメリット FIELDOORSONY ILCE-7M2, TAMRON 28-75mm F/2.8 Di III RXD (Model A036) (28mm, f/8, 1/250 sec, ISO100)

ヘキサタープの場合、一般的な立て方なら張り綱とペグが8セット必要な上に、張り綱の長さやペグダウンの位置には結構コツが必要で、不適切だとちょっとした風で倒壊したりしますが、カーサイドタープは適当で全く問題ありません。何なら仮に倒壊しても、上のポールを使わない簡易設営状態になるだけです(笑)

なお、FIELDOORのカーサイドタープには、ポールとロープがセットになった商品と含まれない商品があるので注意しましょう。

雨天時も速攻で雨除けが可能

また、上で触れた通り車の反対側をポールで立ち上げない状態でもとりあえず屋根として使うことが出来ます。その状態まで2分ほどしか掛からないため、雨天時にはまず速攻で雨よけの屋根を作ってその下にテーブルやチェア、荷物を置いて、後でゆっくりポールで立ち上げれば良いので非常に便利です。

撤収時も最後まで屋根を確保できる

またカーサイドタープには撤収時にもちょっとしたメリットがあります。ポールだけを先に撤収してとりあえず「第一形態」にすれば、ペグやポール、ロープ、ペグハンマーなどは先に不要になります。

そして他の片付けを全て終わらせるまでの間、カーサイドタープを第一形態のままで置いておいて日除け・雨除けの空間を確保しておき、最後の最後に撤収すればOK。上で触れた通りカーサイドタープの収納サイズは非常にコンパクトなので、最後に車の荷室の隅っこにねじ込めば大丈夫です。

例えばパーティシェードの場合は収納サイズが大きいので車に積み込むのは最初の方でないといけなかったんですよね。ヘキサタープの場合そこまで嵩張らないですが、ペグやペグハンマー、ポールは残す必要があります。

コールマン パーティシェード 車載 ラゲッジ 収納 パサート ヴァリアント オールトラック

Apple iPhone XS, (4.25mm, f/1.8, 1/30 sec, ISO800)
コールマンパーティシェードの車載模様。パーティシェードの欠点は、収納時にデカく重いこと

サイズ感は不足ない?:3~4人家族なら問題なし

さて、簡易なカーサイドタープだけに一番気になるのはサイズ感ではないでしょうか。きちんと日よけ・雨よけの面積は確保できるのか。

結論から言うと、全く問題ありませんでした。下の写真がポールで立ち上げまで設営完了したところです。置いてあるテーブルは70cm×70cm。今回は父子3人でのキャンプでしたが、よほど大皿を何枚も並べるような料理でなければ必要充分なサイズです。筆者は加えて調理用にサイドテーブルを併用していますが、これがあれば余裕ですね。

使ってみた実感としては、タープの面積としては有り余るほどの広さだと感じました。3〜4人が座って食事をする最低限のスペースの日除け・雨除けなら余裕です。

日が傾いてきて日差しが気になる場合などは、ポールの高さを変えることで対応することも可能です。

カーサイドタープ キャンプ 設営 簡単 楽 時短 メリット デメリット FIELDOORSONY ILCE-7M2, TAMRON 28-75mm F/2.8 Di III RXD (Model A036) (28mm, f/5.6, 1/60 sec, ISO250)

カーサイドタープ キャンプ 設営 簡単 楽 時短 メリット デメリット FIELDOORSONY ILCE-7M2, TAMRON 28-75mm F/2.8 Di III RXD (Model A036) (28mm, f/2.8, 1/80 sec, ISO100)

4人くらいの家族で余裕を持ちたい場合は長辺が100cmくらいはあるテーブルを使うかと思いますが、このFIELDOORのカーサイドタープのサイズは350×250cmなのでサイズ的には問題ありません。

カーサイドタープ キャンプ 設営 簡単 楽 時短 メリット デメリット FIELDOOR

カーサイドタープの注意点

「設営を簡単・スピーディにしたい」という目的が優先の場合ははっきり言うと最高で、欠点はあまりありませんが、以下の点には留意しましょう。

途中で車を動かす際は気をつけよう

タープの一辺が車に固定されているのでそのままでは車を移動することは出来ません。なるべく途中で車で出かけなくてもよい日程を組むのがベターです。

ただし途中で車を出す事が出来ない訳ではありません。このカーサイドタープは車無しでの単体での設営も可能です。下の写真のように車のルーフに固定していた部分を、代わりに地面にペグで固定することで車を移動する事も可能です。筆者は実際にはこの形は試していませんが、途中で車を動かしたい場合は試して見る価値はありそうです。

カーサイドタープ キャンプ 設営 簡単 楽 時短 メリット デメリット FIELDOOR

長期・リッチキャンプには不向き

一応3〜4人のキャンプでの最低限の日除け・雨除けには必要十分ですが、とはいえ日差しの強い時には日照方向によってテーブルなどの位置をずらす必要は出てきますし、それなりにリッチなリビングやキッチン設備を広げる場合は当然全てを覆えるほどのサイズではないので、そうした事が問題になる場合にはそれなりに大きなタープやシェードをお勧めします。

つまり、上の「車が移動できない」点も鑑みると、例えば1泊2日のキャンプやデイキャンプなど設営撤収を簡単スピーディにしたい場合はカーサイドタープ、2泊以上でゆったり過ごす場合は大きなタープやパーティシェード、という感じで使い分けるのが吉でしょう。

カーサイドタープ キャンプ 設営 簡単 楽 時短 メリット デメリット FIELDOORSONY ILCE-7M2, TAMRON 28-75mm F/2.8 Di III RXD (Model A036) (28mm, f/2.8, 1/200 sec, ISO100)

まとめ:カーサイドタープは時短キャンプの最高の味方

ということでカーサイドタープのメリットをおさらいするとこんなところです。

カーサイドタープのメリット
  • 設営・撤収が簡単で速い
  • 収納が軽量コンパクト
  • 雨天時等でも速攻で雨除け・日除けが出来る(第一形態)
  • 撤収時も最後まで日除け・雨除けを残せる(第一形態)

一方で要注意点はこんなところです。

カーサイドタープの弱点
  • 途中で車を動かせない
  • 長期・リッチキャンプには不向き

本記事に辿り着かれた方の多くはキャンプの設営を簡単・スピーディにしたい方でしょうから、そうした場合にはカーサイドタープは非常に強い味方になってくれるに違いないので、ぜひ活用してみましょう^^

カーサイドタープ キャンプ 設営 簡単 楽 時短 メリット デメリット FIELDOORSONY ILCE-7M2, (28mm, f/2.8, 1/500 sec, ISO100)

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました