桜の頃は思い出と未来を描きながら – 308SWに教わりパサートオールトラックが受け継いだ「旅グルマの愉悦」

前愛車T7型プジョー308SWとの最後の撮影会を満開の桜の下で行い、その翌日の4月5日、フォルクスワーゲンディーラーで308SWを引き渡し、後継ぎのB8型パサートオールトラックを我が家に迎えてからちょうど1年が経った。

プジョー308SW T7型 オーナーズレビュー

OLYMPUS E-M1MarkII, LEICA DG VARIO-ELMARIT 12-60mm / F2.8-4.0 ASPH. / POWER O.I.S. (60mm, f/4, 1/1000 sec, ISO200)
2020年4月4日撮影

プジョー308SW T7型 オーナーズレビュー

OLYMPUS E-M1MarkII, LEICA DG VARIO-ELMARIT 12-60mm / F2.8-4.0 ASPH. / POWER O.I.S. (46mm, f/3.9, 1/800 sec, ISO200)
2020年4月4日撮影

そして再び桜が咲き誇る季節を迎え、あの場所を再訪する。

やはりここはいい。愛車を桜色に染めてあげる事で日頃の感謝の気持ちを伝えながら静かにその姿を愛でる事が出来る。

VW パサートオールトラック 桜

SONY ILCE-7M2, TAMRON 28-75mm F/2.8 Di III RXD (Model A036) (75mm, f/2.8, 1/2000 sec, ISO100)
2021年3月29日撮影

VW パサートオールトラック 桜

SONY ILCE-7M2, TAMRON 28-75mm F/2.8 Di III RXD (Model A036) (51mm, f/2.8, 1/400 sec, ISO100)
2021年3月29日撮影

308SWからパサートオールトラックになり、車そのものの性能に関しては多くの事が変わり、進化した。

よりパワフルなディーゼルエンジンになり、四駆になった。荷室は以前にも増して広くなったし、パノラマガラスルーフは開閉まで出来るようになった。買う前には有っても無くても良いと思っていた電子制御ダンパーやデジタルメータークラスターは、使ってみるとやはり便利だ。

 

でも、大事なことは何も変わっていない。

 

休日を心待ちにしながら目的地を吟味し、広大な荷室に予め大まかに荷物を積み、ナビをセットする。

出発の朝、エンジンに火を入れながらシートポジションをセットし、お気に入りのインテリアを眺めながら家族を待つ。

一般道から高速道路への合流でアクセルを踏み込みつつ痛快なエキゾーストノートにニンマリし、それからしばしフラットな乗り心地に身を預ける。

目的地近くのI.Cを下り、サイドウインドウとパノラマガラスルーフのシェードを開放し、青空と緑の匂いを思い切り吸い込む。その時、自然豊かな景色の中にクルマと人が溶け込んだような錯覚を覚える。

パサートオールトラック 温泉旅行 ロングツーリングOLYMPUS E-M1MarkII, (60mm, f/4, 1/3200 sec, ISO200)

家族と共にステーションワゴンで旅をするというライフスタイル。多くの荷物と家族の期待を受け入れてどこまでも運んでくれる、頼れる相棒を駆る愉悦。そしてたまに意外なところで見せる弱音(トラブル)とのギャップ。

全て、プジョー308SWが教えてくれたものであり、そしてパサートオールトラックへと受け継がれた旅グルマとしての才能であり、愛しさだ。

SONY ILCE-7M2, (51mm, f/2.8, 1/1250 sec, ISO100)

車を選ぶ理由は人それぞれであり、車にはオーナーと紡ぐそれぞれの物語がある。同じものを見つける方が大変だ。

僕は、家族との旅を最高に楽しいものにしてくれるもう一人の家族、それでいて車と僕の二人きりの時にはやんちゃにドライブを楽しめる相棒、そんなものを車に求めている。家族でキャンプや雪山へ行くというのも、308SWと始めた物語だ。

それは、308SWと出会わなければもしかしたら見つけられなかったライフスタイルかも知れない。僕はその愉悦をより高次元で楽しみたくて(同時に嵩んでいく維持費用を鑑みて)パサートオールトラックに乗り換えたに過ぎない。求めていた物語自体は変わっていないのだ。

SONY ILCE-7M2, TAMRON 28-75mm F/2.8 Di III RXD (Model A036) (34mm, f/2.8, 1/250 sec, ISO100)

つまり、どちらが良い車、と言う評価にはあまり意味がない。僕は308SWが見せてくれた素晴らしい思い出を受け継いで、パサートオールトラックとも素晴らしい思い出を、家族と共に紡いでいきたいと思う。

思い出は過去を振り返るためだけにあるのではない。未来をより素晴らしいものにするための道標べなのだ。

SONY ILCE-7M2, TAMRON 28-75mm F/2.8 Di III RXD (Model A036) (50mm, f/2.8, 1/2000 sec, ISO100)

桜の咲き乱れるこの春、新型コロナウイルスの猛威は止まるところを知らないが、僕は負けたくはない。十分な対策を施した上で、この頼り甲斐のあるステーションワゴンと共に家族との思い出を紡いでいきたいと思う。

過去の輝きにすがるのではない。現在の問題を言い訳にするのでもない。かつて308SWが教えてくれた人生の楽しみ方を参考にしながら、今の相棒であるパサートオールトラックとの新しい未来を切り拓いていくのだ。そうして未来の思い出を増やしていく事が、僕がパサートオールトラックと共に実現していくべき宿命なのだ・・・。

SONY ILCE-7M2, (64mm, f/2.8, 1/2000 sec, ISO100)

宿命?なんだか硬っ苦しい話になってきたな。

言い直そう。宿命というのはちょっと違う。何しろ僕がそうしたいと願っているんだ。それは、僕たち家族のあり方そのものであり、愛車はそこに寄り添ってくれる家族の一員だ。

毎年この場所で、308SWとの思い出と共に、これからの旅の計画について思いを馳せることが出来れば良いと思う。

これからも家族の一員として、頼むぜ、パサオ君。

SONY ILCE-7M2, TAMRON 28-75mm F/2.8 Di III RXD (Model A036) (75mm, f/2.8, 1/1600 sec, ISO100)

SONY ILCE-7M2, (52mm, f/2.8, 1/2000 sec, ISO100)

SONY ILCE-7M2, TAMRON 28-75mm F/2.8 Di III RXD (Model A036) (44mm, f/5.6, 1/250 sec, ISO100)

関連記事

お別れの日にT7型プジョー308SWをオーナーズレビュー的に振り返るの巻【ありがとう猫バス君!】
今日、8年間我が家の思い出を運んでくれた猫バス君ことT7型308SWとお別れをして来た。寂しいけれど、今日のうちに猫バス君がどのように素晴らしい相棒であったのかをオーナーズレビューとして振り返ってみたいと思う。 ワーゲン君、今日は君の...
三月の雪 | プジョー308SWの次の愛車にVWパサートオールトラックを選んだ理由
プロローグ その年は全国的に暖冬で、3月に入ると時ならぬ陽気に東京の街は戸惑っていた。 しかしその日、東京の街には季節外れの雪が舞っていた。 僕は、妻と二人の子供たちと共に窓の外の珍しい雪景色を眺めながら、白っぽい灰色の空に複...
我が家に新しい家族がやって来た。 | フォルクスワーゲン パサート オールトラック納車式
桜の季節にも関わらず、新型コロナウイルスの影響で学校や職場などでの出会いや別れの場が制限されています。 筆者も、二年前の転職以来大変お世話になってきた方々がこの三月で異動されたのですが、対面で見送ることが出来ず断腸の思いでした(代わり...
[PR]【頭金ゼロ!】お好きな新車に月々1万円から乗れる『MOTA定額マイカー』
[PR] 一括査定より簡単で安心オークション形式♪1回の査定で最大5,000社が愛車に最高金額提示!
にほんブログ村 車ブログへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました